スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
美しい友
2005 / 07 / 28 ( Thu )
「むぅ~ん!」
外出先で私を呼び捨てにするのは、誰?

今も同じ市内に住む高校時代のクラスメイトが
こちらに向かって小走りで近寄ってきた。
モデルさんのような顔立ちとスタイルの
私のあこがれの容姿を持つ彼女。

自分が美人であることを
少しもハナにかけていない
素直で明るい気さくな人だ。

彼女と一緒に居る時の私は、
実はいつも引け目を感じてしまってるんだ…。

でもオドオドした自分を想像すると
それはかなりカッコ悪い

彼女の友達として
釣り合いがとれるように
彼女に少しでも近づけるように
キレイになる努力を惜しんではいけないなと
彼女に会うたびに
普段のだらけた生活を
見直そうと
その日ばかりは思うんだ…。

彼女が私の杖を見て
「どうしたの?」と心配してくれた。
前にばったり会った時は
(そう、彼女に会うのはいつもバッタリ。)
持ってなかったものだから…

事情を説明したけど
杖のことをカッコ悪いと思う自分がそこにいたなら
もっと惨めな気持ちだったんだと思う。

でも杖は今や私の体の一部。
だから
杖ごとの私が
もっとスッキリと
スマートに

杖を持つ姿が
カッコ良く見えるように
背筋は伸ばして
気持ちも伸ばして
歩いていたい、と思うんだ。
スポンサーサイト
21 : 19 : 55 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ボランティア精神を考える | ホーム | 三泊四日>>
コメント
----

★SORAさんへ
行動に気持ちが付いていくってこともありますよ。
そりゃ好奇の目でジロジロ見られることもたまにはあります。その視線に笑顔を向けると大抵そういう人は目をそむけます。その時はなんだかこちらが勝ったような気になるんですね、人として。
一部の人の偏見を恐れるのではなく、障害を持つ私たちの方がその偏見を正して行ってもいいのではないかと考えます。
by: to SORAさん fromむぅん * 2005/07/31 13:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

★おぱーるさんへ
私の友達にいわゆる“オバサン”はいません。
皆、比較的実年齢より若く見える人が多いですね。とても刺激をうけます。
卑屈にはなっていないけど、偏屈かも(笑)。
隣の芝生が青く見えたら、自分は芝を植えませんね。別の方法でその隣の人に羨ましがられることを考えます。
私と彼女の間にあるのは“差”だと思うと卑屈になりますが“違い”なんだと考えると自分を活かせるような気もします。
by: to おぱーるさん fromむぅん * 2005/07/31 13:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

ちゃんと、杖を持つ自分をしっかり受け入れててえらいなぁ。
わたしは、頭ではわかっててもなかなか気持ちがついて行かなかったり・・・。(^^;)
私も自信を持っていかなくっちゃ!!
by: SORA * 2005/07/29 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

へ~ステキな方がそばにいらっしゃるんですね。そうかあ~そうやって卑屈にならずに
自分を高めるように思えばいいんだよね。
でも、難しいな~私には。
なかなかそうは思えないよ。じゃなくても隣の芝生は青く見えるし・・・むぅんちゃんの所に来るといつも自分のダメな部分を 思い出させられます。反省
by: おぱーる * 2005/07/29 06:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/61-34e57e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。