スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
回想録。。。あれから今日で一年です。
2007 / 07 / 11 ( Wed )
去年の今頃はもう手術が終わっていた頃だろうか。。。

あの日は朝一番の手術で、8時半に手術室に入室することになっており、
朝食後同室の方々とおしゃべりをしていたら看護師さんに呼ばれ
あれよあれよという間に事は進み、気付いたら手術が終わっていた、そんな一日だった。

手術前、肩にうった予備麻酔がすぐに効いてその後主人と交わしたはずの会話もよく覚えていない。
覚えているのは手術室の入り口で冷たい風に当たったことと、
頭の上から私を覗き込む美人麻酔医の大きくてきれいな目と
壁に私のレントゲン写真と人工骨をはめる角度などが書いてあるらしい設計図が貼ってあったこと。
その次の記憶はもうストレッチャーに乗せられて手術室を出る場面だ。

術後、まだ麻酔が覚めきらない時に、執刀医の先生が様子を見に来られたとき
私が先生に話したことはよく覚えている。

「先生、お休みの日にどこか海でも行かれたんですか?」

手術直後の患者がそんな突拍子もないことを言うのが可笑しかったのか、
先生は笑いながら答えてくれた。

「え? あ~、海じゃなくて山だよ。ゴルフに行ったんだ。」

いつもは色白な印象のある先生が日焼けをしていたのが、入院してからずっと気になっていたけど
大きな手術を控えて忙しそうな先生に、そんなプライベートなことを尋ねるなんて
手術を受ける患者として、あまりにも緊張感がなさすぎでふざけてると思われたくもなく
聞いてみたかったけどずっと聞けないでいたんだ。

今思い出してみても、手術直後に自分の足のことより先生の日焼けの原因の方が気になるなんて
いかに私がリラックスして手術を受けられたかということが自分でもよくわかる。

最初の三日は確かに辛かった。
だけどカラダの中にあんな異物をいれるんだもの、しばらく痛いのは当然、熱が出るのも当然、
そう思っていたし、
ブログを読み返してみても、翌日には膝を立てられて、翌々日には寝返りが出来て車椅子にも乗り、3日目にはリハビリが始まり、4日目には自分で売店にアイスクリームを買いに行っていた。。。
今となっては痛かったことなんかより、毎日どんどん回復することがただただ嬉しかったことしか覚えていない。
手術の痛みだけしか覚えていなかったら、膝の手術なんて受けようとも思っていなかっただろう。(笑)

あれから一年。本当にあっと言う間の一年だった。

***

今更だけど、一年前を思い出しつつ、これから手術を受ける方へ参考になればと思い、
入院生活を楽しく過ごすためのアドバイスをいくつか書いてみた。
よろしければ、ご覧下さい。

  ↓↓↓
・手術が恐いという方へ

  退院後の痛みの無い自分、杖無しで歩く自分を強くイメージしましょう。
  手術後の痛みは治るための痛みで、術前の壊れていく痛みとは違います。
  確かに手術直後は辛い日がありますが、術前の痛みに絶えてきたあなたなら乗り越えられます。

  また、先生、看護師さん、リハビリの先生(理学療法士さん(PT))、には
  正直に痛みや症状を話しましょう。
  熱があって痛みも強いのに痛み止めの使用を我慢をしたり
  調子が悪いのにリハビリで無理をしたりしないこと。
  無理をすることと頑張ることは違います。
  病院スタッフを信頼して素直になることが回復への早道になると思います。
  また、手術を決めたら(まだ決めてなくても)筋力が強いにこしたことはありません。
  手術前から、特に大腿部とでん部の筋力を鍛える体操をしておきましょう。
   
・入院中は、ベッド周りを自分色にしよう。
   
  病室は約一ヶ月を過ごす自分の部屋になるわけですから、治療の邪魔にならない程度の
  “余計なもの”を持ち込んで少しでも居心地がよくなる工夫をしてみましょう。

  人工股関節の手術はほとんどの場合計画入院でしょう。
  パジャマ、スリッパ、タオル、コップなどはお気に入りのものを準備できる期間があるはずです。
  入院に付き添ってくれる人がいるなら少しぐらい荷物が増えてもいいじゃないですか?
   

   私がもちこんだ“余計なもの”
    あみもの用具、ミュージックプレイヤー、本・雑誌、従姉にもらった犬のぬいぐるみ
    ティッシュboxのカバー、携帯ゲーム機。

   あると良いもの。
    夜中でも時刻がわかるライト付き目覚まし時計。
    売店へ行く時用斜めがけバッグ
    洗濯用ネット
    油性マジック(患者用共同冷蔵庫を利用する時、名前を記入する)
    リハビリ用の靴
    ボール・ゴムバンドなどリハビリ用具
    爪切り、耳かき
     
   病院によっては。。。。
    ポット(私の入院した病院ではお湯がもらえたので、粉茶やコーヒーも)
     
   それと。。。
    ・シャンプー&リンス、歯磨き粉は、旅行用のミニサイズでは足りません。
    ・動けるようになったら自分で洗濯をするのもひまつぶしになります。
     私は柔軟剤入りの液体洗剤をペットボトルに入れて持っていきました。
    ・感染予防の観点から、お見舞いの花など、植物の病室への持込を
     禁止している病院もあります。
     (人工股関節の手術をした大学病院はNG、膝の手術をした総合病院はOKでした。)
     予め確認をして、お見舞いに来てくださる方にその旨を伝えておきましょう。


・個室か大部屋か?

  どちらがいいかは個人の性格によると思います。
  私は大部屋でよかったと思っています。

   ・個室のメリット
     プライバシーが守れる。同室の人に気を遣わない。見舞い客に気を遣わせない。
     (病院によって違うが…)自分だけのバス&トイレ

   ・個室のデメリット
     個室料金が高い。約一ヶ月間ひとりぼっち。
     万が一急な異変があったとき、自分でナースコールを押すか、
     ナースが来るまで気付かれない。

   ・少人数部屋のメリット
     大部屋に比べ一人分のスペースが広い。
     少人数でトイレ&洗面所または冷蔵庫を共用。一緒に使う人の顔が見える。
     (病院の設備によって違う)
     
   ・少人数部屋のデメリット
     個室料金がかかる
     同室の人と気が合わなかったら最悪!
       
   ・大部屋のメリット
     にぎやか。何でも“おおっぴら”なので気取りがない=合宿所のノリ。
     一人ぐらい性格の合わない人がいても、他に逃げ場がある(笑)。
     個室料金がかからない。
     お互いの回復ぶりを大勢で喜べる。

   ・大部屋のデメリット
     一人分のスペースが狭い。プライバシーを守りにくい。
     部屋に出入りする人の数が多い。      
     洗面所、トイレ、お風呂、冷蔵庫などがなんでも共用
      (でも、別の部屋の人と知り合うきっかけにもなるので、メリットでもある)

  大部屋に、カーテンを締めっきりにしてプライバシーを守ろうなんて人が入ると
  部屋全体の雰囲気が悪くなります。プライバシーが欲しい方はどうぞ個室へ。
  ただし、男性の大部屋と女性の大部屋はずいぶん雰囲気も違うようです。
  夫が大部屋に入院していた時(6人部屋)は、ずっとカーテンは閉めっぱなしで
  余計なおしゃべりをすることはあまりなかったようです。
  まぁ、どちらも入る人の組み合わせ次第ですね。   

  
 持ち物に関しても病院によって、季節によっても違うと思います。
 その他細かいことは他のブロガーさんもいろいろ書いてくださっていますので
 あちこちご覧になって参考にされると良いかと思います。
スポンサーサイト
16 : 02 : 28 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<依存症。。。 | ホーム | 一年検診。>>
コメント
----

わんちゃんへ

こちらこそすっかりパソコンから離れてしまい、ご無沙汰しておりますm(__)m
一年、ホントに早かったです。
私は術後10ヶ月で膝の手術をしてしまったおかげで
ますます股関節のことなど忘れてしまうくらい快調です。
『やるんじゃなかった』ですか。。。(笑)
私は『最初の三日だけ!』と言い聞かせていました。
今のところ、いつかは入れ替えをしなくてはならないかも知れないことなど
忘れそうですが、ホントにしっかり筋力を鍛えれば入れ替えなくて済むんじゃないかと
思ってます(笑)。
でも油断は禁物!ですね!頑張りましょう(∩_∩)♪
by: toわんちゃんfromむぅん * 2007/08/05 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

ご無沙汰してました
むぅんさんも一年たったね。私事で忙しくPC開くこともできずに、今になって
おめでとう!
私も入院中の楽しかった事はよく覚えてるよ。確かに最初の数日は「やるんじゃなかった!」って泣いたことも。。いい思い出だね。
まだ先は長いよね。がんばろう!
by: わんちゃん * 2007/08/01 10:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

とーそんさんへ

こちらこそすっかりご無沙汰しておりますm(__)m。
パソコンの前にめっきり座らなくなり、レスが遅いのも
私が元気なった証拠と、どうぞ喜んでやってくださいまし。。。(身勝手?(^^ゞ)
そうなんですよね、痛みというのは過ぎてしまうと忘れてしまうもので
入院中の楽しかったことしか思い出せないんです。
。。。なもんだから、無理がたたって膝を壊して
1年のうちに二度も入院することになっちゃうんですよね。。。(笑)

そうそう、普通に歩いている自分が不思議で、ついついショーウィンドウに
自分を映して歩き方を確かめちゃったりしてニヤけてたりします。
ただ、自分の姿を見て喜ぶなんて“自意識過剰”な人物だと思われないように
ホドホドにしていますけど(笑)。
とーそんさんはお仕事もはじめられお忙しいことと思いますが、
お互い入れ替えの時期を延ばせるように、頑張りましょうね。

(ここでブログを拝見。。。)
お~、大変でしたね。糖尿病疑惑でしたか。。。
うちは母が糖尿でしたから、糖尿病は遺伝はしないけど体質は遺伝するので
注意が必要といわれますね。私も20代の時にすい臓を患ったことがあるので
気をつけます。
どうぞお大事になさってくださいね。
by: toとーそんさんfromむぅん * 2007/07/31 11:10 * URL [ 編集] | page top↑
--お久しぶりです--

むぅんさんも手術から1年経ちましたか。
僕は手術後、月日が経つのが速く感じました。
それと、股関節が痛かった頃が嘘のようです。
むぅんさんが書かれているように、術後
日に日に良くなっていくのが嬉しかったことを
思い出しました。
今は、普通に歩いている自分に驚いています。


by: とーそん * 2007/07/13 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/168-b8d7d354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。