スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
偏見。
2007 / 01 / 30 ( Tue )
なんだかなぁ。。。
これが“世間”なんだろなぁ。。。

さっきお昼を少しまわった頃、
昔住んでた家に出入りしていた植木屋さんのおばさんが訪ねてきたんだ。
「お母さん、元気にしてる?」って。
あの。。。一昨年のお正月に亡くなったんですが。。。

そのおばさん(87才ですと!)、それは驚かれてひとしきり母との思い出話をしたあとに
今度は自分の話をし始めた。
そりゃ、昔はうちも世話になったかもしれない方だけど、
それはもう16年も前に住んでいた家のことで
娘だった私としては話に聞くだけの知らない人なわけだし、
でも無碍に追い返すのも悪いと思って話を聞いてたんだけど
突然訪ねてきたかと思ったら自分の不幸話はじめたわけでしょ。。。
私、不幸自慢大会好きじゃないんだよね。。。

「あなたは丈夫そうねぇ。」とか言いながら自分の具合の悪さばかり話すから
寒いし、お腹すいたし、いい加減に話終わりにしたいから、
それじゃあトドメ刺したろか!とばかりに。。。

「そうでしたか。。。大変でしたねぇ。。。
 私、丈夫そうに見えますけどココに人工関節が入ってるんですよぉ。」

なんて話したら目を丸くして
「へぇ、見た目じゃわからないわねぇ。でもちょっと金具が入ってるぐらいでしょ?」
なんて何にも知らないおばさんの“大したことないじゃない?”みたいな口ぶりにカチンときたから
「(手で関節の大きさを示して)これくらいの金属がガッツリ入ってますよ~!
 子どもの頃からアグラかけないし、今は膝も悪くて椅子にしか座れないし 。。。(以下省略(笑))」
って、軽く、あくまでも明るく不幸自慢返ししてやったら。。。

終わった。  ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!
お年寄り相手に不幸自慢するのもなんだけどね。。。
だけどさ、おばさん、帰り際に言ったことばがまたカチンときたんだよね。。。

「脚の悪いこと、近所の人とかに知られてないんでしょ?
 見た目じゃわかんないんだから、あんまり人には言わないほうがいいわよぉ。」

  (ー_ー#)ムカ! 何それ? 思わずマジ切れ寸前!

「は? 何でですか? そりゃわざわざ“私は脚が悪いですよ”なんて言いながら歩きませんけどね。
 ちょっと前までは杖も突いてたし、杖ついてるのを見てりゃわかるでしょうねぇ。」

そしたらおばさん何て言ったと思う?

「そうねぇ、杖ついてたことを人に何か言われたら“スキーか何かやってて怪我した”って言えばいいのよぉ。」

だって。。。。。。呆れた。何それ?
スキーで怪我するのは恥ずかしくなくて、生まれつき脚が悪いのは隠すべきことなんですかぃ? え゛?
。。。なんて突っ込んでやろうと思ったけど、

「え? 何でスキーだんて言わなきゃいけないんですか?」

って言ったら、おばさん、返す言葉が見つからなかったようだったよ。
まぁ、んなことムキになって話しても、この人にはわからんだろうと思ったから
それくらいでやめといたけどね。
そうそう、いくらアタマにきてもこういうことはムキになって怒っちゃダメ。
もちろん笑顔で言ったほうが相手に刺さるみたいなんだな、これが。(笑)

おばさんに
「今日はたまたま近くに用があって寄ってみたけど、今度はお線香上げさせてくださいね。」
なんて言われたけど、悪いけど、この人とはもう話したくない。

そうなんだろうなぁ。。。
まだまだいるんだろうなぁ、こういう身障者を“カタワ”扱いする人。
障害を恥ずかしいものだと思っている人。。。

いっそのこと、こういう人には「私は身体障害者です」なんて言ったら
気味悪がって近づいて来ないかも知れないから、言ってやろうか!って思ったぐらいだわよ。


まだまだだねぇ。。。。日本人の意識改革。。。ヽ(ー_ー )ノ
スポンサーサイト
14 : 09 : 53 | 思い | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<私だったかも知れないんだ。。。 | ホーム | 「安心」評。>>
コメント
----

★ヤッコさんへ
 
うちは実母との同居でしたが、「娘さんと暮らせてシアワセですねぇ」と
言われるのがイヤだったみたいです(苦笑)
障害を恥と思うのは年代的なものもあるのでしょうかね?
お義母様はヤッコさんのことをご存知ない。。。
う~ん、ヤッコさん、切ないですね(;_;)
身近な人にこそ理解してもらっていたいですよね。。。
まだお元気なご様子ですが、もし将来お義母様がヤッコさんの手を焼かさずに
最期を迎えた時は是非、すべて許して差し上げてくださいね。
そうなるように、お義母様の健康をお祈りしてます! (^_^;)
by: to ヤッコさんfromむぅん * 2007/02/04 02:08 * URL [ 編集] | page top↑
--遅くになってごめんなさい!--

87歳のおばあさんね~。

年齢が高くなると、どうしても自分が
一番辛いんだ、とか苦しいんだとか思うように
なるみたいです。
同居の姑は若い時、それほどでもなかったのに、今は、自分中心で自分が辛いという事ばっかり言います。
「貴女は、まだ、若いから、(若くないけど)この辛さがわからないでしょう?」が口癖になっています。
そして、私の脚が悪い事で、自分をいたわって貰えない事に不満を持っています。
89歳で、何処も悪くないのですが、「お元気そうですね」と言われるのが一番キライな言葉なのです。
私も、段々、そんなおばあさんになって行くのかと思うとね~・・・・。
障害者手帳を持っている事も義母には
言ってないのです。やっぱり、障害者の嫁をもらったという感じですから。
年と共に、人間、丸くなると思っていましたが
ウチの場合、ちょっと、違ってきています。
ごめんなさい!こんな所で愚痴ってしまいました。
by: ヤッコ * 2007/02/03 14:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

★おまちゃさんへ

こうやってブログに書き込むこと自体、私も愚痴っているわけですけどね。
年を取ったらそれなりに人間的にも成長していたいもんですね。
そうそう、カワイイおばあちゃんになりましょうねぇ!
by: to おまちゃさんfromむぅん * 2007/02/01 22:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

★わんちゃんへ

なにせ87才でしょ。。。
お友だちや知り合いが少しずつ減って淋しいのは確かなことだと思います。
母も愚痴の多い人でしたから、そのおばさんとは似たところがあったのかと思います。
悲しいかな母も、身障者に対して偏見をもっているような人でしたから、
私の脚を恥と思い、誰にも言っていなかったと思います。

でもそういうタイプの人って、もの凄く恐がりなんだと思うんです。
「もし自分だったらイヤだなぁ。。。ああはなりたくない。」
なんて思っているから避けようとしたり、自分とは違うという扱いをする。。。
相手を理解しようなんて気持ちが低いんでしょうね。

わんちゃんも、あんまり介護に無理しないでくださいね。
今や、お年寄りを施設に預けることは普通のことになってきていますよね。
人のうちのことなど、その家で暮らしでもしない限りわかりませんよ。
by: to わんちゃんfromむぅん * 2007/02/01 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

★とーそんさんへ

そうそう、話し上手な人は聞き上手と言いますけど、まったく逆で
話下手な人は聞くのも下手なのは確かだと思います。
聞くのが下手だから、人の気持ちを察することもうまくない。。。

それに87歳になっても現役で植木屋さんをやっていられるくらいなんだから
さぞかし足腰が丈夫なのでしょうね。
脚の悪い人の気持ちなんてわかるはずもないでしょうねヽ(ー_ー )ノ
by: to とーそんさんへ fromむぅん * 2007/02/01 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

★SORAさんへ

まったくです(^^ゞ。。。
まぁ87才だってことを大目に見ても、やっぱり嘆かわしいです。

百歩譲って、彼女の身になって考えてみると、
“ホントは話したくない重大なヒミツ”を彼女に心を許して話した、
とでも思ったのでしょう。
だから“そんなことは人に言うことない”になったんでしょうし、
私が脚が悪いことを人に知られたくないと思ってるに違いないと
彼女は思ったから、“スキーで怪我したとでも言いなさい”になったのでしょうね。

まったくお門違い、ってもんですが
そう考えると、彼女の親切心から出た言葉だったのかも知れません。
根本からこちらの気持ちが想像できていないから
私がどうしてムッとしたのかなんてきっと彼女にはわからなかったと思いますよ。うん。
by: to SORAさん fromむぅん * 2007/02/01 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

いやぁ~すごい、おばさんだったね~。
しかし、腹立ちますね。
でも最後までよくお相手してあげましたね。
世の中には、悲しい考え方しかできない
人も一杯いるのかなぁ。
なんかかわいそうになるね。
おまちゃは
かわいいおばあちゃんになりたいなv-238一緒になろうね。
by: おまちゃ * 2007/02/01 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

きっとそのお婆さんは家族にも相手されてないんじゃないかな?誰か話相手が欲しかったんだね。でも、昔からの知り合いでむぅんさんの家の事情もわかってないなんて。ちょっとデリカシーが足りないかな?お年寄りでし、こういう人は沢山いるよ、わんちゃん家の隣のおばさんもそう!この所ジィジの姿が見えないからってすぐに聞きにきたし、そんな所にいれて可哀相って泣くんだよ。じゃあ、あんた介護してよ!って言いたくなるもんね。足のことも心配してくれるけど、良くなってよかった。あのままじゃ年寄りが逆に面倒見るようになってしまって嫁の役目しないよね、なんて心無い事もいわれた。いつも笑顔でそうですね!って返すけど、心の中は煮え繰り返ってるよ。
そういう人は心の狭い人!きっともうお参りにも来ないと思うよ。人事ながら頭にくる!
by: わんちゃん * 2007/02/01 09:25 * URL [ 編集] | page top↑
--もともと--

このお婆さんは自分のことをしゃべりたくて来たのだろうね!そしたら、むぅんさんの逆襲に遭って・・・。思いがけなかったんでしょうけど、そこは、転んでもタダでは起きなかったお婆さん。でも、もう時既に遅し。
やっぱり、僕だったら手帳とレントゲン写真を見せちゃうだろうなぁv-217
by: とーそん * 2007/01/30 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
--げげげ・・・(--+)--

すごいお方と、話さなくちゃならなくて大変だったねーー!!
なんていうか、心の貧しいひとだね。嘆かわしいよ・・・。
でもそんなお方とちんとはなしをしたむぅんちゃんはえらいよ!!
しかし不愉快だったね・・・。
by: SORA * 2007/01/30 18:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/165-290467bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。