スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「安心」評。
2006 / 12 / 05 ( Tue )
なんだか股関節ブロガーの皆さんが買って読んでいらっしゃるようなので、
私もついつい気になって買ってしまった。
   「安心」 。。。(笑)

さて、皆さんはこれをどんなふうに読まれただろうか。。。

私は、あえて皆さんからのご批判を覚悟して、
この特集についての私なりの感想を書かせていただこうと思う。

        ***

私は、この手の健康雑誌があまり好きではない。
 (ダイエットの特集などにつられてたまには買ってしまうこともあるが(^^ゞ)
健康に関するブームを巻き起こし、
迷える人々を一つの方向に向けさせている出版社の策略のようなものを感じる。

あれだけ流行った“カスピ海ヨーグルト”や“寒天ダイエット”を
いまだに続けている人はいったいどれくらいいるのだろうか?
そう考えると、果たしてどこまで記事を信用していいのか疑問が残る。

一つのきっかけとして、自分にあった健康法が見つかれば良いのだが
ただ流行に流されるだけで終わってしまっている人も多いのではなかろうか?

こういう雑誌を眺めていると、どうしても私にはその昔、
紅茶キノコを大事に育てていた祖母の丸い背中がまぶたに浮かぶように思い起こされる。
あれは、いったいなんだったんだろうか。。。


しかし、今回の特集は“股関節”。
さすがの私も、これにはどんなことが書かれているのか興味がわき、
ページをめくらずにはいられなかった。

         ***

一通り目を通してみた。
はっきり言おう。

残念。やっぱり。。。というのが率直な感想。

それぞれの先生方の記事に対してではない。
参考になることは沢山書かれていた。
これを見ながら私も体操しなくちゃ、とは思うし
手術を避けたい方は、どうぞよくお読みになって欲しいとも思う。

しかし。。。。。

あまりにも書き方が一方的ではないか?
「手術は恐い」、「手術で治る保証はない」、
「手術する必要はない」、「手術をしなくて済んだ」。。。。

ここに書かれていることが果たしてすべての股関節症の人に
有効な治療法かと言ったらそれは違うと思うし
股関節症についての情報を知りたい人にとっては実に不十分な特集だと思った。

第一、どこにも人工股関節にすることのメリットもデメリットも詳しくは書かれていないし
人工股関節の手術を勧める整形外科医の意見も書かれていない。
あたかも人工股関節にすることが悪であるかのようにも受け取れる記述ばかりで
いたずらに手術への恐怖心をあおっているようにも感じられた。

敷居の高い医学書でもなく、書店の棚にならべられた専門書でもなく、
スーパーのレジ横にも並べられているくらい気軽な、たやすく手に入る雑誌だからこそ、
編集者は多方面からの意見を正しくわかりやすく誌面に盛り込む必要があったのではないだろうか。

例えば私の症状一つを例にあげてみても、
手術を受けることが必ずしも悪いことではないことはおわかりいただけるかと思う。。。

私は先天性股関節脱臼でもなければ、臼蓋形成不全でもない。
それどころか臼蓋の前面に軟骨が出来てしまっていて、普通の人よりも“かぶり”が深かった。
そして、その軟骨が邪魔をしていたために膝を胸に抱えられなくなっていた。

人工にした時にその軟骨を取り除いてもらったので、手術によって可動域が広がり
むしろ私の場合、術前よりも靴下が履きやすくなったのだ。

体操やマッサージで、果たして私のような“物理的に無理のある骨格”の可動域が
広がるなんてことがあるだろうか?

整形外科に行ったら「手術しましょう」と言われてしまうのがイヤだという理由で
自分の状態をきちんと把握しないまま、整体や鍼灸に頼り続けることは
症状を悪化させることにつながり兼ねない危険性をはらんでいると私は思うのだ。

股関節症の症状は人それぞれだ。

レントゲンやMRIで自分の骨の状態を認識することは
どんな治療に頼るにせよ、まず必要なことだと思う。

この誌面に書かれていることが間違いだとは言ってはいない。
手術を受けるにも、手術を受けずに強くしなやかな股関節にしようとするにも
いずれにしても、股関節症を克服するには相当な覚悟と努力が必要なのだ。

どうか、股関節症のみなさんが、ご自分の症状をしっかりと自覚し
それぞれに適した治療法を見つけていっていただきたいと思う。

少なくとも「安心」を読んだだけで手術を避けられるような気になって
安心していてはいけないと私は思う。



        ※ 5日16:40、文章の表現を一部修正しました。。m(__)m。
スポンサーサイト
03 : 18 : 50 | 思い | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<偏見。 | ホーム | 本日、診察日(術後142日)。>>
コメント
----

★ぴあのんさんへ

信ずべき相手を探すための雑誌なのかもしれませんね。
人工にした私たちはその信じた相手が整形外科医だった、ってわけで
医者に失望し整体に救われる人も大勢いるのかも知れません。
何を信じるか、何によって救われるかは、その人次第ってことかもしれませんね。
by: toぴあのんさんfromむぅん * 2006/12/12 01:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

★わんちゃんへ

股関節症の治療法についてを特集するのなら、
やはり人工股関節のことも扱って欲しかったと思います。
“安心”サイドの方が、人工股関節を否定する理由など、
ほんのちょっと、漠然とした書き方しかされていなかったですからね。
この雑誌の性格上、いかに医者にかからずに自分で治すか、といった感じですから
整形外科医の話は載せられないのかもしれませんね。
by: toわんちゃんfromむぅん * 2006/12/12 01:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

★とーそんさんへ

> 良いことは何でもやってみよう

そうそう、そこなんでしょうね。ひとつの提案をしてくれてるのでしょう。

> 危険性については、一切語られなかった。

これが恐いところですよね。
読者も賢くならなければいけないと思いますね。
私のようなヒネクレ者は、まず疑ってかかり、
使えそうなところだけ利用しますが、
世の中にはとっても素直に人の言うことだけを聞く方もいらっしゃいます。。。
そう思うと、だれかがこの特集についても、
警鐘を鳴らす必要があるのではないかと思うのです。
微力ながら私がその役になれたら、と思い記事にしてみました。
by: toとーそんさんfromむぅん * 2006/12/12 01:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ゆうふうさんへ

はじめまして。ようこそおいで下さいましたm(__)m
ゆうふうさんのおなまえは、どなたかのブログでお見かけしたことがありますヨ。
レス、遅くてスミマセン。。。
私、どうもレスをつけるのに時間がかかりまして。。。
(時間をかけた割には大したお返事ではありませんが…(^_^;))
他の股関節ブロガーさんたちのようにマメでないことは
申し訳ないとは思いつつも、いつもお待たせしてしまっています。
こんな私ですが、なるべくすべてのコメントにお返事をしたいとは思っていますので
どうぞ、気長に見守っていただけたら嬉しいです(∩_∩)。

医者にしても整体師にしても、自分を過信している人は信用できませんね。
ゆうふうさんが体験したように、レントゲンをいやがる整骨院も
セカンドオピニオンを受けようと希望すると嫌な顔をする医者も。
本当に自分に自信があるのなら、絶対にセカンドオピニオンを勧めるはずだと思います。

ゆうふうさんも人工なのでしょうか?
良い治療法が見つかって快適な生活ができていらっしゃれば良いのですが。

最近すっかり股関節の調子が良くなってきてしまったので、
このサイトは開店休業状態が長かったりしますが(笑)、
またよろしかったらいつでも見に来てくださいね。(∩_∩)♪
(レスコメント、遅いですけど…(笑))
by: toゆうふうさんfromむぅん * 2006/12/12 01:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

★yukiさんへ

不安な人がまさしく“安心”感をもとめて読むのでしょうね。
人によって安心感を得られる条件は違うのかもしれません。
私などは、考えられるすべての疑問に答えがないと不安になりますが、
逆に余計なことを知ったために不安になる人もいるのでしょから。
そう、自分が信じられる道を選べばいいんでしょうね。
by: to yukiさんfromむぅん * 2006/12/12 00:59 * URL [ 編集] | page top↑
--思いは~--

健康雑誌を信じて実践する人や、やってもだめかもと否定する人や・・夫々です。
自分が良いと思ったらやればよいし、だめだわ~と思ったらやらなければ良い。
要は自分次第ですね。
by: ぴあのん * 2006/12/08 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

むぅんさん
この「安心」を読んで思ったこと。ほぼ同じです。もう少し人工の事、ケアのこと触れて欲しかったね。筋肉・・は手術経験した人はいかに大事かはPTから聞いています。用はそのトレーニング法ですよね。M先生が載っているので買ってみましたが、M先生からは直接人工を長持ちさせる事を目標に施術してもらってます。もっと広く股関節を扱って欲しかった気がします。残念
by: わんちゃん * 2006/12/06 00:24 * URL [ 編集] | page top↑
--安心はね--

あの本は、いつも良いと思われることを掲載してます。たぶん、良いことは何でもやってみよう、それをやったとこで今よりは悪くなることはないだろうと言うことだと思う。確かに、筋肉のこりを取り除き、股関節の運動をすることは必要だと思うが、個人差があるので、人それぞれにあったメニューが必要になってくる。

以前「安心」でにがり特集があった時、危険性については、一切語られなかった。この時は、ダイエットに効果があると掲載されて、半年ぐらい連載された。しかし、多量に服用した人が意識不明になったり、どこかの教授が効果が無いと新聞発表したとたんに、ブームは終了した。
by: とーそん * 2006/12/05 22:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。むぅんさんの視点に何時も共感を覚えて読ませてもらっています。
そうですよね。以前通っていた整骨院でレントゲンを撮りに行くといったら凄く機嫌が悪くなられた経験があります。
整骨院を否定される整形外科の先生もいます。一番大切なのは自分の状態と知った上でメリットデメリットも考え、自分に合う治療方法を探すことが大切だと思います。
by: ゆうふう * 2006/12/05 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
--うん うん--

私が表現できない、自分でも気がつかなかった心の中の一部を書いてあるような気がしてむぅんさんの文を読みました
どこか遠くに「洗脳」という2文字を感じながらこの手の雑誌を読みます
自分に合っている部分だけ取り入れようっと
by: yuki * 2006/12/05 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/164-12682cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。