スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ラーメンの思い出と入院中の晩ご飯計画。
2006 / 06 / 04 ( Sun )
私が2才から10歳まで住んでいた家は、母の生家で
商店街のはずれのちいさな一軒家だった。
祖父がもともと商売をしていた家なので、周りには商店が立ち並ぶ
間口が狭く奥行きの長い、いわゆる“うなぎの寝床”のような家だった。

玄関を正面から見て左隣は中華料理店、その隣はすし屋、その隣はお菓子屋、
右隣は衣料品店、その隣は喫茶店、
お向かいは文房具店、その隣は花屋。。。
狭い一方通行の道をはさみ、小さな家々がひしめきあうような町だった。

食事時になると隣の中華料理店からは、
“いらっしゃいませ~”  “まいどあり~”  “はいタンメン一丁~”
。。。と、元気なおばちゃんの声や、シャーッシャーッと何かを炒めているおじちゃんの
中華なべの音がおいしそうなにおいと共に漂ってきた。

私の母はとても忙しい人だったので、何か用事があって夕飯を作れないとき、
いつも隣のおばちゃんに出前を頼んでいた。
約束の時間になると、出前はおばちゃんの店と細い路地を挟んで隣り合っていた窓から届くのだ。

「むぅちゃ~ん、お待ちどう! お留守番、えらいね。熱いから気をつけてね。」

兄と二人のお留守番。
おばちゃんの笑顔と共に届けられたあったかいラーメンは、
私たちの淋しい気持ちもあっためてくれた。


だからかな。。。
私は今流行りの個性的なラーメンではなく、中華料理屋さんの昔ながらのラーメンが好き。
素朴な醤油ラーメンや、タンメン、五目ラーメン、広東麺。。。
中でも夏季限定の冷やし中華は大好きだ。
少し黄味がかった玉子の味のする麺には、練りからしを添えてね。

***

私の家の2階のパソコンコーナーから見えるマンションの1階には
夜遅くまで営業している赤い看板の中華料理店がある。
昨日の夜はkikiと二人きりだったので、歩いてそこへ食べに行ってきた。

私より若そうなご夫婦が営むその店の奥さんには、
どうやら顔を覚えてもらえているようだ。
私が子どもの頃ほどの近所ではないけど、再びできた馴染みの中華料理店。
ここのラーメンを食べると、なんだかあの隣のおばちゃんのことを思い出す。

そう、そこで思いついたの。。。

私の入院中、ここにおかずを頼めないかな。。。と
ご飯ぐらいなら難なく子どもたちにも焚けるから、おかずを頼んでおいて、
子どもに取りに行かせれば。。。
出前はしていない店だけど、子どもたちだけの夕食の日に週に1~2度、
一品、メインになるおかずを頼めば、あとはサラダを作ったりお漬物を買ったりすればいい。
部活で忙しいkikiの負担と、一人ぼっちでお留守番のmimiの不安も少しは減るかもな。。。

うん、相談してみよう。
娘たちとも“ご飯会議”をしなくっちゃ。

あの奥さんが子どもたちにとっても、懐かしい近所のおばちゃんになって
良い思い出にもなるかもしれないしなぁ。
スポンサーサイト
23 : 37 : 14 | 入院準備 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<本日、診察日【平成18年 6月】入院前最終診察。 | ホーム | 本日、診察日【平成18年 5月】入院前検診>>
コメント
----

★おぱーるさんへ
今のままだと、高校生のkikiに負担がかかることは火を見るより明らかです。
そうでなくても、高校では“部活動と勉強の両立は困難”と先生からも言われている特進クラスに在籍しているので、7時間授業のあとに他のクラスの人よりも遅れて部活に参加しなくてはならない状況
時間に追われ近頃疲れが見えはじめています。
性格的にもいろいろ抱え込むタイプなので
少しでも負担を軽減した状態で美味しいものが食べられるようにしてやりたいです。

それに、やっぱり人に作ってもらった料理は
心にも暖かさが伝わる気がするのです。
by: to おぱーるさん * 2006/06/13 01:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ぴあのんさんへ
ぴあのんさんは子育てが上手でいらっしゃる!!
こう言うとき、案外男の子のほうがしっかりしてたりするのかもしれませんね。
男の子はお母さんを“女”として見て“守るべき存在”という意識があるのではないでしょうか?
うちはダメですねぇ。私が“守ってあげたくなる”タイプではないからかも知れません(笑)。
こどもの自立心を養う良いチャンスと思って、
叱咤激励してまいりたいと思います。
by: to ぴあのんさん * 2006/06/13 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

★SORAさんへ
兄とケンカをしたことも、親に叱られたことも
み~んな近所のおばちゃんには筒抜けになるような狭い街で育ちました(笑)。
私の人なつこさはここで培われたのだと思います。
うちは放っておけば、お菓子で満腹にしてしまいそうなのも気になります。(笑)
先に頼んでしまっておけば、否が応でもご飯を炊くでしょう、という母の策略は果たしてうまくいくでしょうかね(笑)。
by: to SORAさん * 2006/06/13 00:54 * URL [ 編集] | page top↑
--こんにちは--

 母は大変だぁ・・・
思わず がんばって!と言いたくて
かきこに来ました。

 そうだね・・・相談してみるといいかも。
中華なら野菜もいっぱいだしね。
あとは 冷食やレトルトもあるし。

 むぅん家みんなでがんばれ!
by: おぱーる * 2006/06/07 14:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

お母さん~頑張って~!っと思わず言いたくなりました。家はどうしていたんだろう?
みんなちゃんと(夫以外)食事の支度の出来る男の子だったので安心でした。
私が忙しくしていると、冷蔵庫からいろんなものを出して作ってくれます。
こういうところは男の子は、いいなぁ~と思います。ちゃんと、しつけが出来たと内心、思っていますが・・夫は?義姉に頼っていたみたい。本当は嫌だったんだな~
最近になって、自立できるよう再教育されている夫です。
今までの半分しか世話をしないぴあのんです。お茶くらい自分で入れるのよ~って!
自分の服のアイロンくらい自分でかけるのよ~って!
by: ぴあのん * 2006/06/07 10:12 * URL [ 編集] | page top↑
--ごはんは気になりますね--

前半の、ほんわかした話をよんで、良いところで育ったんだなー・・と思い・・・・、
後半の入院中のごはんの心配のことを読んで、私も入院前食事のことはすごく気になったことを思い出しました。
うちの近所は出前とかの店もなく、レトルト食品とか、レンジで「チン」するごはんを大量買いしたなあ・・・(^^;)。
食事のことはすごく気になりますよね。
by: SORA * 2006/06/05 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/152-f25044aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。