スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
病院選び
2005 / 05 / 01 ( Sun )
みんなどんな基準で病院を、医師を選んでいるんだろう。
地理的な問題で、選べるほど病院が無い地方の方なら選択の余地はないにしても、
私にはその気ならいくつもの選択肢がある。

例えば病院Aでは人工股関節しかないと言われた…
病院Bではまだまだ適応外だと言われ、温存しようと言われた…
病院Cでは他の方法で手術しましょうと言われた…

行くところ行くところで、すべて医師の見解が違ったら
いったい何を基準に選ぶんだろう?

病院への交通アクセス、病院の設備・環境、世間の評判…?

やっぱり自分に対する医師の姿勢だとか、自分自身で感じる症状に照らし合わせ、
納得できる説明をしてくれたとか、そういう部分で皆さんは選んでいるのではないだろうか?

さんざん病院巡りをした挙句、納得できずに
遠隔地の病院のその道の権威と言われる医師に会ってみたら、
話し方や見た目が生理的に受け付けないタイプだったりしても
手術してもらいます?(笑) (…なんて冗談にならない人もいたりして…(爆))

セカンドオピニオン…今のところ受ける気がおきない。
ある意味、今の先生に一目惚れ…ってところかな(笑)。
人工股関節にしようという程の症状なのに、それは軽率だと思う方もおられるかも知れない…。

自分の人生において大事な手術を任せる人を、第一印象で選んで良いのかはわからないが
初診の時から受ける先生の真摯な姿勢には、とても安心感が得られたのだ。

初診から1年が経った。
私はこの先生に賭けてみようと思う。いや、委ねてみようと思う。
何人に診てもらおうとも、私は結局今の先生のところに戻ってくると思えるから。

それに…
今まで、何につけても私の第一印象ははずれたことがないし、
迷った時ほど後悔をしたりするもんじゃないかな? (笑)
スポンサーサイト
12 : 53 : 50 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<貸し車椅子 | ホーム | 寝返り>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2005/05/14 03:51 * [ 編集] | page top↑
--むぅんさん 鋭いですね--

その通りです。病院に勤めていると収集しようとおもえば
もっともっと色々な情報が入手できたと思います
・・・・でも私は・・・・
あえて収集しないでT先生に全てお任せしました
70才代の患者になったような気持ちで・・・
情報が入って安心できる部分と、不安になる部分があります
私は不安を打ち消すつもりで、いや怖かったのだと思う
だから情報収集しませんでした
信頼できる先生と感じたからこそだと思います
by: yuki * 2005/05/04 08:19 * URL [ 編集] | page top↑
--・yukiさん--

病院にお勤めだと、いろんな情報が耳にはいり、それが返ってジャマになったりすることはありませんか?
聞きたくもない裏事情を知ってしまったり…?(笑)
でも最初に会った先生を“任せられる”と思えた私たちはラッキーだったのかもしれませんね。
私の先生もとても時間をかけてしっかり説明してくださるし、しっかりこちらを向いて目も逸らさずに納得の行くまで質問にも答えてくださるので、病院に行くととても安心感が得られます。
そしてもう一つの安心感は先生の若さ…かな。
若い、と言っても30代後半。ある程度の経験もあり、体力もありそう(笑)。
長時間の手術に医師の体力ってのも重要ですよねぇ?(爆)
それにもし再置換を長く見積もって20年後にしなくてはならなくてもまだ先生は現役なんですよ!(爆) 
by: むぅん * 2005/05/04 00:05 * URL [ 編集] | page top↑
--・appleciderさん--

ようこそいらっしゃいました(∩_∩)
appleciderさんもあちこち行かれてるんですね。
先ほど少しブログを拝見しましたが、ずいぶん痛い経験もなさってるようで…。
注射器を刺したままレントゲン? …(>_<) イタタタタッ。。。
でも良い先生にお会いできたようでよかったです!!

よかったらまたこちらを見に来てくださいね。
私も覗かせていただきます!!
by: むぅん * 2005/05/03 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
--・おぱーるさん--

引越しを機に病院をかわられて、たまたまそこに…とはラッキーなお引越しでしたね(笑)。
おぱーるさんの病院のHP見たことありますよ。
必ずしもHPがしっかりしている病院が良い病院とはかぎりませんが
藁をも掴みたい心境の者にとっては、手軽に情報を得られる病院のHPは
とても心強い資料になりますよね。
私もだんだんと出来ることが減ってきているのを感じます。
あと一年。長いですが頑張りますよぉ~!!
by: むぅん * 2005/05/03 23:49 * URL [ 編集] | page top↑
--私も同じです--

私も今の主治医に1回会って、手術を決意しました
とても自信をもっているのに
患者に対しては低姿勢なんです
3年前にはあまり普及していなかった
インフォームドコンセント(患者に対する説明と同意)
がきちんと実践されている先生でした

そしてその先生の存在を教えてくれた人の言葉
総合病院で臨床検査技師をしている友人なのですが
同じ病院で働く看護師さんが手術をしたらしく
その人に思い切って聞いたそうです

そうしたら「県内ならT先生だよ」と言っていたそうです
医療従事者でも納得できる医師らしいという点も大きな要因でした

でもそういう医師は医療スタッフに厳しいらしいです
たまたま私の勤める病院の看護師で
T先生の元で働いた人がいました
「なかなか難しい先生だったよ」と言ってました

でも患者が納得出来る治療が出来ればもう
何もいう事はないですね

最後には「たとえ何があってもT先生に手術してもらえるなら
納得できる」と確信して手術に臨みました
もちろん何もトラブルはなかったですけどね


by: yuki * 2005/05/02 17:07 * URL [ 編集] | page top↑
--先生探し--

こんにちは、appleciderです。
私もいろいろな先生に診てもらいました。本当にそれぞれの先生の考え方や患者に対する接し方が違うのでとても戸惑いました。「もう人工しかありません。」と言っておきながらそれ以上の説明もしてくれない医師もいれば、まだ若いからと両松葉で生活するようにと言う医師、痛くて仕方がないのに運動でどうにかしましょうと言う医師。そんな中で今の主治医に出会いました。いやな顔せずにきちんと話を聞いてくれて、納得するまで説明してくれる、そんな患者に対する姿勢がとても安心感を与えてくれます。この先生に任せたい、お願いしたいと思える先生です。時間はかかりましたが、信頼できる先生に出会えたことは本当に良かったと思っています。一人でも多くの股関節症の人に、信頼できる先生に出会えることを願ってます。
by: applecider * 2005/05/02 13:24 * URL [ 編集] | page top↑
--おはよう!--

 わたしもね~色々悩みました。
HPにも書きましたが 運命のようなもので
決まってしまったとしか言いようがありません。

 今まで見ていただいていた医者は人工関節は
生きていないもの・・・・我慢できるだけ出来るなら我慢して
自分のひねが一番だよと。その時手術の怖かった
逃げたかった自分はそうだよね!と言い訳にして
痛み止めの毎日でした。

 でも、痛み止めも効かず ドンドン出来ることが
減っていった・・・寝てても痛い!辛い!
息子の野球のお手伝いもグランドを横切ることも出来ない・・・
買い物もいけない・・・
そうなった時に どんな怖いものでもいい
この痛みから逃れられるなら!と思うようになりました。

 そんな時に偶然引越ししたそばに新聞に出るような
先生がいらして 思い切ってあってみたら
すっごく有名なのに気取らない 暖かな先生で
一目ぼれ!すぐに決めちゃいました。

 運命を感じました。その前までは佐賀の国立病院に
すごくいい先生がおられてメールでレントゲンまで見ていただいて
信頼していたんですけど・・・決心が付かなくて。
その先生も素晴らしい方のようでしたが何故か決心し切れなかった。

 時が熟していなかったんですきっと。

その日とその人にきっと適した時期があるんですよ。
お子さんたちは大丈夫! 自分の心に素直になって
がんばって~
by: おぱーる * 2005/05/02 07:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/15-dc1b229b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。