スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
余計なお世話。
2006 / 04 / 21 ( Fri )
私のことは私が決める。
余計なお世話は大嫌いだ。
世話を焼いてくれるなら、私を納得させる根拠をもってしっかり説明しておくれ!

***

昨日のプールでのできごと。
人工股関節の手術を受けて間もない人が
私が人工にすることに対して批判をしてきた。

彼女の主治医は私の主治医の同僚。
言ってしまえば担当が違うだけで、同じ病院で手術をした人なんだけど。。。

彼女は他の病院でセカンドオピニオンを受けたことで
主治医への信頼度が上がり、手術に踏み切ったと。

私に向かって、セカンドオピニオンは受けなきゃいけない、だとか
その若さで人工にするなんておかしいだとか
先に骨切りをやるべきだとか。。。。

まぁ心配して言ってくれてるんでしょうし、
今後プールに来づらくなるのもイヤだから、愛想笑いでかわしてたけど。
ホントはちょっとキレそうになった私。
「アンタは医者か?」って心の中で叫んでた。

私のレントゲンを見たわけでも、
ここに至るまでの経緯を知っているわけでもないのに
何故そんなことを言えるんだか。
あんまり耳障りになったので言ってやった。

「私は臼蓋形成不全でもないし股関節脱臼をしたこともなし
 変形性股関節症の患者の中では少ない症例らしいですから、
 他の方と同じようにはいかないようですよ」ってね。


人工股関節置換の手術自体が他の人と同じにはいかないってことではなく、
人工に至るまでの経緯は人それぞれだろうから、
その辺のことをおば様がどれだけ詳しく説明してくださるのか、
ちょっとカマをかけてみたわけだ。

それで言い返してこられなかったら
私を納得させるほどの知識をお持ちでない、ってことじゃない?

そしたらおば様目を丸くしてこういった。

「え? 臼蓋形成不全じゃないのに変形性股関節症になるなんてことあるの?」


。。。ほら。 その程度の知識。

私だっていろんなサイトで情報ををあさりまくり
私なりに主治医を質問攻めにし、2年かけて納得ずくで出した答えなんだ。

外野、うるさい。






            

ここを読んで『むぅんちゃんったら意外とクール!』なんて
思った方もいらっしゃるでしょうね。。。(笑)

私にとって人工股関節手術の体験談としての皆さんのお話は
とても参考にさせていただいております m(__)m
どなたも術式に関してあれこれ私に批判をされる方でなくてよかったです(笑)。

そして。。。まちがっても私に
「むぅんさん、私、どうしたらいいでしょう?」なんて
たずねてくる人があらわれないのを願っています。(笑)

変形性股関節症だけでなく、病気・病状は十人十色。
体験談は話せても、シロウトが他人様の診断などはできかねますから。
お医者様によく相談して自分で決めてください!
スポンサーサイト

テーマ:変形性股関節症 - ジャンル:心と身体

13 : 05 : 15 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<本日、診察日【平成18年 4月】Ⅱ | ホーム | 混ぜる、混ぜない。>>
コメント
----

★masumiさんへ
ようこそおいで下さいました (∩.∩)♪
masumiさんの入院日記、楽しく拝見しておりました。
masumiさんのお書きになる文章はとても痛快で、強さを感じます。
一日でも早く社会復帰しようとされているmasumiさんの前向きなお姿は
のほほんとした私の毎日にとてもよい刺激をくださいます(笑)。

話は逸れますが、私、中学生時代、毎朝エノモトさんのラジオを聴いていました。
(“おはよ~さ~ん”って。。。)
多感な時期でしたから、私のいろいろな価値観は、かなり“えのさん”の影響を受けていると思いますよ。
だからですかね、masumiさんの文章がすんなり私に響くのは(笑)。

まだ術後間もないのですから、くれぐれも無理をなさらずに。
masumiさんは頑張っているつもりでなくても他人から見たら
すごく頑張っていらっしゃるように見えますから(笑)。
あ、余計なお世話、か。(笑)

私の入院はこれからですが、よろしければまた見にいらしてくださいね。
by: to masumiさん * 2006/04/27 19:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

★ぴあのんさんへ
自分が体験してよかったことを人に強く勧めたくなるのは
おばさんの証拠でしょうかね。
そもそも私はアマノジャクなので
商品ですらセールスとか訪問販売とかされると購買意欲がなくなるんですよね。(笑)
(だからその手の仕事は私にはできません(笑))
好みでないものを勧められても絶対に受け付けない性質なのです。
人は人、私も余計なおせっかいはしないよう気をつけます。ハハハ。
by: to ぴあのんさん * 2006/04/27 19:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

★yukiさんへ
そうそう! こうして“人工にしてよかった”という話ばかり聞いているので
私も他の術式を体験せずに人工にするので、
悩んでいる人に向かって人工を勧めてしまいそうです(笑)。
人それぞれ、ってこと忘れないように、私も気をつけますd(∩.∩)
by: to yukiさん * 2006/04/27 19:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

★おぱーるさんへ
私たちはこうしてお互い情報を交換したり、経験談を話したり
また、ネット上で知ることができることもたくさんありますが、
おば様方の知識は主治医の話と待合室で会う人ととの話と
セカンドオピニオンを受けた先生と
あとはせいぜい、1~2冊の本からの情報(最新の本ならともかく。。。)
ぐらいでしょう。
私の体験談として関節鏡のことや、受けるかもしれなかった表面置換の話をしても
ご存知の方はいませんでしたもの。
経験者ですらそうですから、何もしらない人などは私に向かって
知り合いの人のリウマチ話をしてきたり
“足が悪い”ということでひとくくりにしてくる人もいますからね(笑)。
『あのぉ、全く別物なんですけどぉ。。。。』って言いたくなることもしばしばです(笑)。
by: to おぱーるさん * 2006/04/27 19:07 * URL [ 編集] | page top↑
----

★appleciderさんへ
appleciderさんもでしたか。。。私よりお若いからなおさらかもしれませんね。
特におばさま方はご自分の信じるものが一番!と思っている方が多いですよね。
自分がそうだったから人も同じと思っていたり、自分より新しいものを試す人を
ねたんでいるのか、自分と違うものを否定したり。。。
。。。なんて自分もそうならないように、気をつけないといけませんね(笑)。
プールでいつもいろいろアドバイスをいただく主治医が同じAさんは
とても柔軟な考えができる方なのでホッとします。
私もAさんみたいな年の重ね方をしたいな、と思います。
by: to appleciderさん * 2006/04/27 19:06 * URL [ 編集] | page top↑
--自信を持って~!--

はじめまして、むーんさん。
私のブログにコメントありがとう!
お返事が遅れてしまいました。

術後、1ヶ月と10日経ちました。
新しい人工股関節とはもう異物感や違和感も無くなり、仲良く生きています。

自分の決断に自信を持っていれば
そんな次元の低い人種の言動には動揺しなくなりますョ。笑って聞き流せるほうが体にイイです。シカト!シカト!だよん♪
by: masumi * 2006/04/26 09:28 * URL [ 編集] | page top↑
--ほ~んと!--

若くたって、年配だからって、人工にし様が自骨にし様が、それは自分の考えと医師との話し合いなので貴女からいろいろ言われる筋合いはないわぁ。
なんて言っちゃうと思うぴあのんです。
人は人、自分は自分!
大きな親切大きなお世話・・
とかく、おばさんは、言いたがるからね・・・
おっと、私もおばさんだ、気をつけねば。
by: ぴあのん * 2006/04/24 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうそう40代、30代でだれだって人工にしたくないよね
だけどそれしか選択肢がないんだからしょうがないよね
本人が一番わかってるもんね

私は逆に自骨手術の人に
人工のほうがいいよと勧めてしまいそうです
これも余計なお世話だね
気をつけよう
by: yuki * 2006/04/22 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

はい!私も同感。
同じ病気ということで 相手は善意なんでしょうけど・・・・人それぞれ 環境も経過もそれぞれ。同病の方でさえそうですから 病気のことを知らない人に今の状況を理解してもらうのはもっと難しいですね。
手術しても 手術したら全て元通りと思ってる人や 手術自体が チンプンカンプンの人いろいろだから またきっと切れそうになることあるよ~~ (私がそうだからね~)
そんな時は ネットで吐き出してだんばろうね。
by: おぱーる * 2006/04/22 16:20 * URL [ 編集] | page top↑
--そうだ! そうだ!--

私もそう思います!

私も以前むぅんさんと同じようなことがありました。
やはりプールで初対面の人と股関節の話しになったんです。私が人工の手術をするという話をしたら、「まだ若いんだから、人工なんて早すぎる」と反対されました。
「私の何を知っているの?」って心の中で叫びましたが、どうにか愛想笑いでごまかしました。

まったく困ったひともいるもんですね。(^_^;)
by: applecider * 2006/04/21 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/146-26e16763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。