スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ただ生きる。
2006 / 04 / 18 ( Tue )
辛いことが度重なり
どうしたら楽になれるかなどと考える。

ふと痛み止めの薬を入れた缶を見つめ
毎月もらう分のうち、残りのこの3週間分を一気に飲んだら
足の痛みも、心の痛みもきれいさっぱりなくなるのだろうか、
などと馬鹿げたことを想像してみる。。。

だけど急な変化が起こるようなこともなく整形外科に通い続けている私に
先生が“何か変わったことがあったら来て下さい”なんて
数か月分の薬をまとめて出してはくれないのは
きっと28日分くらいの痛み止めでは
決して致死量には至らないということなのだろう、
。。。なんて冷静に考えられる自分がいる。

***

先日、18年飼いつづけた猫の“るる”が死んだ。

彼女が私たちに飼われたことは
果たして幸せなことだったのだろうか。。。

物言わぬ猫の気持ちは
彼女の食欲と、気持ちよさ気な寝顔と
時々擦り寄ってはのどを鳴らす音でしか
量り知ることはできなかった。

るるが最期にかかった獣医さんが言っていたっけ。。。

  動物はどんなに具合が悪かろうと、
  自分の境遇を悲しんだり、卑下したりはしないのです。
  ただ生きようとするんですよ。
  だから、たとえ目が見えなくなったり
  足腰が立たなくなったりしても
  自分で餌をとらなくても良い状況にいられて
  心配してくれる家族がいることは
  それは幸せなことだと思います。


***

そんなことを思いながらソファでうとうとしてしまったら、
気が付くと空が白み始めていた。
歯も磨かず、お風呂にも入らないままだった。

『いけない。。。歯ぐらい磨かなきゃ。。。』




私の中にも“ただ生きようとする”自分がいたことに気付いたら
なんだか可笑しいやら悲しいやらで、また涙が出た。
スポンサーサイト
06 : 47 : 42 | 思い | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。