スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
礼。
2006 / 02 / 03 ( Fri )
先月は7回プールに行ったぞ!
手術まであと半年。
お正月太りを解消しなくちゃだし
少しでも足に筋力をつけたいし
よ~し、今月も頑張るぞぉ~。

。。。

ところで。。。
高齢者&障害者の日に来ると、帰り際にプールの方に向き直って
一礼をしていくお年寄りを何人か見かける。

私も高校時代、弓道部に所属していた時は、
先輩に教えられたように、道場に入る時、出る時は必ず入り口で一礼をしたもんだったけど
なんだか彼らの礼はとても堂に入っていて、
とても若者には真似のできないカッコ良さが感じられるんだなぁ。

あの人たちは何か武道を志していた方たちなのか、
それとも武道とは限らず、昔の人たちには皆そういった習慣があったのか。
そんなことは聞かなきゃわからないけど
とにかく見ていてとても素敵だって思ったんだ。

なんというか、物や場所や、自分に恵みをもたらしてくれるものに対して
感謝の気持ちを持つ。。。
大和魂っていうのかな?
そんなものを感じるんだ。。。

もちろんすべての人じゃなくて、ごく数人の人たちしかやってないんだけど
私が高齢者になった頃にはこの光景は見られなくなってしまうんじゃないかと
ふと思ったんだ。。。

それってさびしいな、って。。。

だからね、今日はちょっぴり照れくさかったけど私も帰りにやってみたよ。
誰かに向かっての挨拶じゃなくて、誰も見ていなくても
自分がその場を使わせていただいたという感謝の気持ちを込めて
プールに向き直って心の中で『ありがとうございました』ってつぶやいて。

なんだか弓道をしていた頃に感じた
スッとした、というか
けじめがついた、というか
気持ちが引き締まったような気がしたよ。

水の力にありがとう。
この場で働く人にありがとう。
この場に来れる私の境遇にありがとう。
今日もよい運動をさせてもらってありがとう。

たったお辞儀ひとつでそんな気持ちになれた気がしたんだ。
スポンサーサイト
15 : 41 : 27 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<眠り。。。 | ホーム | ルールだとか、マナーだとか、マニュアルだとか。。。>>
コメント
----

★ぴあのんさんへ
そう言えば私のピアノの先生もきびしかったなぁ。
まずお宅に上がるときの挨拶からはじまり、靴をそろえる事、などという基本的な礼儀もピアノの先生に教わったのかもしれません。
まだそういう先生がココにいらしたのですね(笑)
安心しました(*^_^*)♪
by: to ぴあのんさん * 2006/02/10 01:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

★おぱーるさんへ
言葉づかいも人間関係もルーズになっている今だからこそ
しっかり意識して日本人の良いところを再認識するべきかもしれません。
足が悪くて立居振舞いがきれいにできないので
せめて堂に入ったお辞儀ができる年寄りになりたいもんです(笑)。
by: to おぱーるさん * 2006/02/10 01:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

礼に始まって礼に終わる・・武道の精神だよね。
私も、ピアノのレッスンのときはこの事をきちんと教えます。それをしないとレッスンが始まらない。そして、受験生の生徒に面接の受け方の立ち方、礼の仕方、座り方の練習をさせました。
学校じゃ教えて貰えないものね~
礼はその人の人格も表すんだって!
by: ぴあのん * 2006/02/04 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

うんうん、すがすがしいね~
時々とっても素敵な年配の方っているね。
素敵と思ったら真似しなくちゃね。
私も 教室、職員室、色んなところで
礼をしてたのを思い出したよ。
今は受験の面接の時しか教えないのかな?
昔は 道徳や立ち居振る舞いについて
結構 うるさい先生がいて教えてくれたよね~
若い時は ふ~~ん て感じでよくわかんなかったけど。
by: おぱーる * 2006/02/04 07:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/126-e189c1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。