スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ルールだとか、マナーだとか、マニュアルだとか。。。
2006 / 02 / 01 ( Wed )
私は基本的にルールを守るのが好き。
いや、正しく言えば
ルールに反することをして非難を浴びることが嫌い、
というか自分のしたことにケチを付けられることが嫌い。面倒くさい。

例えば。。。私の高校時代。

「不良」と呼ばれる子たちのスカート丈は、地面をひきずるくらい長かった…そんな時代。
彼女たちは年がら年中先生に目を付けられ叱られる…
   『あ~、またつかまってやんの』
私が当時オシャレに興味がなかったこともあるけれど
何より先生にお目玉をくらっている彼女たちの時間は、私にはとてもバカらしく無駄に思えた。

だから私は校則を破らなかった。
校則を守ることで自分も守られていることを感じていた。
私は一見して良い子だったが
でも校則を破って先生につかまる子より
本当はずっと私のほうが計算高くずるい子だったのかもしれない。
***

「お年寄りに席をゆずりましょう」
「電車の中では携帯電話の使用はご遠慮ください」
「ポイ捨て禁止」。。。

などなど、街中には“あたりまえ”のことを喚起する貼り紙等があふれる。
私にしてみたらそれもバカらしい。
それだけ“あたりまえ”を守れない人が多いからなのだろうけど。

人にイヤな思いをさせない。

そんなこと皆、幼稚園の頃にはわかっているのに
どうしてそれができなくなるのだろうか。。。

先日テレビで正しいマナーについての番組をやっていたので見てみたが
途中でつまらなくなってチャンネルを変えてしまった。

公園で自分の子どもがお局ママの息子にいじわるされた時の対処法だとか
夫の実家に泊まりに行った時の姑との関わり方だとか
こんな時はどんな風に対応するのが正しいか、ってクイズ形式の番組。

ゲスト回答者は皆「なるほど~」なんてうなずいてたけど
人もそれぞれ、場面もそれぞれの関係の中で
セオリー通りにうまくいくなんてことばかりじゃないだろう。。。

大事なのは思いやりと臨機応変の適応力、自分のしっかりした意思表示
そして自分の過ちは素直に認める潔さ。
違うかな?

マナー。。。
古くから伝わる作法だとかそういうものはさておいて
最低限のルールを守ることと相手を思いやる気持ち
それがイコール、マナーなんじゃないのかな。

相手を敬いあう気持ちがあれば
敵対心など起こるはずもないだろう。

「こんな時はこうしましょう」なんてマニュアル通りにしか動けない。。。
だからマニュアルに無い事態が起こると適応できないんだろうね。


***

そう、なんでこんなにブツクサ語りたくなったか、なんだけどね。。。
kikiのバッグを買った店での今日の出来事。

「展示してあったものと同じバックの未開封の在庫があるので
そちらをお持ちしますのでお待ちください。」

って店員さんが言うから、レジに向かって右側の壁に背中を、
レジカウンターに右ひじを預けて寄りかかって待ってたんだ。。。

その時レジのところで会計をしていた人が一人いたんだけど
おそらくその店のマニュアルではレジに複数のお客が来たら
レジの左側に一列に並ばせるようになっていたんでしょうね。。。

「こちら側にお並びください。」
って、そのレジにいた人の左に並ぶように言われたの。
だけどその時既に一つ二つの買い物を済ませ
左手にはロフスト杖、右手には荷物。。。
その駅ビルには休憩できるような椅子がなかったから、それまで休み休み歩いていたけど
もう足が限界に来ていて、『ここでカバンを買ったらミスドに行って座ろう』なんて
思って、壁に寄りかかって足の痛みに耐えてたんだ。。。

まぁね、足が痛いのにそこに至るまでに予定外の買い物をしてきた
私の我儘もあるのかもしれないけど。。。

だからどうせ店の中の客は私の前に一人いるだけだし
その客の会計が済めばわざわざ私がその人の左に回らなくてはならない理由はないだろ?
と、思って店員の言葉を無視してたんだ。。。

前の客はプレゼントする品があったようで、会計だけでなく梱包にも時間がかかったので
そうしているうちにまた「こちらへどうぞ!」って呼ばれたんだ。。。

そこで私もニコニコと「足が痛いんでごめんなさいね」ぐらい言えたら良かったのかもしれないけど(後になって考えたら私も大人げなかったとも反省の余地はあるけど…)
なんだか痛さのあまりそんな余裕もなくて思わずムッとしてしまったんだ。。。

“ダテ”で杖なんか持っている人はいないだろ? チャップ○ンでもあるまいし。

店員のマニュアル通りの融通のきかない対応がとても腹立たしかったんだ。。。

(その後に行ったドーナツ屋さんはトレイを席まで運んでくれたから嬉しかったよ。。。って、それもマニュアル通りなのかもしれないけどね(笑) )

***

電気製品や携帯電話。。。などなど。。。
近頃のマニュアルはやたらと分厚くてやたらと事細かで
あんなものすみからすみまで読んでるひとはいないだろうけど
その他本屋さんに行ってもマニュアル本が溢れかえっている。

マニュアルに頼り過ぎていたら自分で考えることができなくなりはしないか?
マニュアル通りに行動して実現できなければそのマニュアルのせいにできるもんね。

若い子たちの間に蔓延する“半疑問形ことば”しかり、
自分の言葉や行動に無責任な人が増えているのは確かなようだ。


思いやりの気持ちを持ち、ルールを守り、自分で責任をもって行動する。

それが出来れば接客マニュアルなんてものは要らないだろうに。


----------

追記。。。

ん~、なんだか頭に血がのぼって一気に書いてしまったので
何が言いたいんだ!
って感じでまとまっていなくてスミマセン。

スポンサーサイト
23 : 31 : 34 | 思い | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<礼。 | ホーム | よかったね。>>
コメント
----

★yukiさんへ
相手の立場にはそもそもなれるものではないけれど
やっぱり大切なのは「想像力」なんだと思うんです。
相手が今どうして欲しいと思っているだろうか
何か不自由な思いをしてはいないか、自分はその人のために何ができるか、
どうしたらその場の空気がうまく流れるか…。
おっしゃるとおり、感じない心には何を言っても何を読ませても無駄ですよね。
感じる心を社会全体で育てるにはどうしたら良いのでしょうね。
まずはやっぱり親が子に愛情を注ぐことなのかもしれませんね。
あ、マックじゃなくてミスドです…あはっ(^_^;)。
by: to yukiさん * 2006/02/04 01:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

★おぱーるさんへ
想像力が足りないからマニュアルがないとどうしたらよいか
わからない人が多いのか、マニュアルがあるから人は想像をしなくなるのか…
どちらなんでしょうね(笑)。
おぱーるさんも見てました? あれ、見ているうちに呆れちゃいましたよね(爆)。
“公園デビュー”なんて言葉ができてからずいぶんたちますが
馬鹿げた話です。そもそも公園は公共の場、皆が思いやって平等に使う場所だという
認識がありさえすれば、どうして母親間のいざこざなんかが起こるのか
私には理解不能ですし、実際にそんな陰険な場面に遭遇したこともありませんよ。
マスコミに踊らされて、さも公園ってところが恐いところだと思っているような
若いお母さんがいるとしたら気の毒な話ですね。
by: to おぱーるさん * 2006/02/04 01:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

★いっくんへ
昔は一つの家族の中でさえ、人数が多かったから
親しい間柄でもコミュニケーションを学ぶ場も今より多かっただろうし
今や個性を大事にする教育、だなんてそりゃ良い部分もあるだろうけど、
反面ともするとそれだけ我儘も認められるし、
物があふれて便利になった分、ますます人間はガマンをしたり
工夫をしたり、想像をしたりすることができなくなってきている気がする。

やっぱり私も小さい頃からの親との関わり方も大切だと思うよ。
私なんかは放任されて育ったから、人一倍愛情に飢えていたし
一人ぼっちでやたらと想像力だけは逞しくなってしまったようで
娘たちへの気持ちも、自分が受けた愛情を伝えているんじゃなくて
あくまでも想像、私はこうされたかった、っていう風にしか
接することができないから、果たしてそれが成功するかはわからないけどね(笑)。

いっくんともよく話すけどやっぱり
「優しさ」には大いに「想像力」が必要だよね。
人はそれぞれ違うんだから、もちろん相手と同じ立場に立つなんてことは
始めっからできないわけで、でも相手の気持ちをちょっとだけ想像できれば、
それでいろんなことがうまく回ってくるんだろうと思うんだよね。

…って、いつもいっくんには顔色はおろか文面を見てもらっただけで
私が何を考えているか恐ろしいくらい想像されちゃって、
『なんでわかるの?』ってびっくりさせられるけどね(爆)。
by: to いっくん * 2006/02/04 01:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

いっくんさんの言うとおり「相手の気持ちになる」事ができるかどうかだと思う。
だけど健康な人が体調の悪い人の立場になるのはかなり難しいと思います。
マニュアルの一番最初に、「何事もお客様の気持ちを最優先して、臨機応変に」と入れれば少しはいいのかなあ
感じない心ならダメだけどね
さすがマク○ナルドだね

なんだか分からなくなってきました
by: yuki * 2006/02/02 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

マニュアル・・・無いと個人によって 差が出過ぎてお店はやりにくいのかな~
でも、あんまりマニュアルが完璧だと
店員さんの心がないというか 機転を利かせたり考えたりする能力がなくなるんだろうね~
ちょっとした想像力を人のために使えば
もっとやさしく慣れると思うけど。
 そうそうそのTV私も見て 何か変な感じがしました・・・あの番組変だよね?冠婚葬祭のことなら偉い先生がこうしなさいと言ってもうなずけるけど あの公園のママ同士のヤツとかは笑っちゃいました。みんな各自でがんばろうよ!!って感じです。
by: おぱーる * 2006/02/02 18:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

最近買物や外食する時、そのお店の店員さんに、
度々『嫌な思い』をさせられることが多いのは確か。
「接客マニュアル」覚えさせられて入るのだろうけれど、
きっとそれを読んでも、素通りなんだろうね、彼女達の頭ン中では。

「相手の気持ちを読み取る」とか「相手の立場になって考えてみる」とか
それが出来ない人が多過ぎる。
ま、それ自体、しようともしてないのかもしれないね、きっと。

廻りの人に迷惑かけない、してはいけないことはしない。
当ったり前のことなのに。
皆がそれをいつも心掛けていれば、ルールとかマナーなんて
わざわざ掲げる必要だってないのにね。

きっとさ、親が子供に教えなくちゃいけないことって
そこなんじゃないかなって思う。
勉強とか、そんなことじゃなく、他人が教えてはくれないこと。
あ、他人と係わる中で学ぶ部分もいっぱいあるけどね(笑)

相手の気持ちになって物事考えられる人は、
自然と「優しくなれる」もん。
それ出来ない人は、もう大人になってからじゃ無理。
言われてするもんでもなく、言われたって出来ないし(笑)
まー、この辺は色々深い意味もありますが(爆)
(むぅんちゃんにはわかるよね?(笑))

せめて我が子には
「相手の気持ちを読み取れる、読み取ろうとする気持ちを持てる人」
になって欲しいので、ビッシビッシ厳しく育てま~す(笑)

って、私のコメントもかなり横道それちゃったね(;^_^A
by: いっくん * 2006/02/02 15:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mrsmoon.blog7.fc2.com/tb.php/125-6d22e27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。