スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
初診。
2008 / 07 / 25 ( Fri )
股関節の先生の転勤先の病院に行ってきた。

4月に腰を痛めて以来、ちょっと頑張るとすぐに腰から腿の外側の上の方にかけて
引きつれる感じの痛みが出る。

無理しなければ痛くはならないし、
痛くなっても1~2日湿布を貼っておけば治るので
湿布が切れたらもらいに行ってたんだ。

先生がいなくなった病院でも私のカルテがあるわけだから
そちらに湿布をもらいに行くこともできるけどさ。
でも今後何かあったらすぐに先生のところに行けるように、
今日は調子が良いので(笑)
初診、行っておくことにしたよ。

どれくらい混んでるかもわからない病院に
調子が悪くなってから初診で湿布をもらいに行くのは辛いもんね。

先生とは3ヶ月ぶり。
なんだかいつもと先生の感じかが違って見えたのはどうしてだろう。
とてもお疲れのように見えたけど。。。

病院は混んでるし、診察開始時刻も早いし、窓のない診察室に一日いたら先生も疲れるだろうなぁ。
先生にとって新しい患者さんばかりでいちいち症状を把握するのも大変だろうなぁ。
あ、そうだ、私、今までいつも先生を左から見てたのに
ここでは右から見てるから雰囲気違うのかな?(笑)
などと、診察を受けながらこんなことを考えてた。。。(笑)。

今度の病院は駅から近いので
車に乗れないお年寄りもたくさん来られる。
今日は2時間待ちだったよ。
診察の受け付けが午前中だけだから、
余計に混むのかも知れない。

先生に「前の病院に問い合わせたら
 ‘先生はお辞めになりました’って言われちゃいましたよ
 辞めたってのとは違うのにねぇ。」。。。なんて話したら
「‘飛ばされました’だよ。」と
笑っていたけど、ホントにそう思われる程
先生にとって厳しい転勤だったりしたのかなぁ。。。

まだ転勤されてひと月足らず、
病院のシステムも違って何かと大変なことでしょうね。

今度の病院は市の中心駅から一番近くて
市内ではおそらくもっとも市民に知名度の高い総合病院なわけで
そう思うとむしろ‘飛ばされた’のではなく
栄転だと思ってもらってもいいように私は思いますけど(笑)。

私は正直、前の病院の方が好きですけどね。
だって今度の病院は駅前を通るから道が混むし
駐車場には高さ制限があって入れないし
午後の診察はないし、混むし。。。
先生がいるということ以外、
前より良いところが見えてこないんだもん。

先生がここにいる間は、入院沙汰にならないように
私も気をつけることにしますよ。
診察と投薬だけなら先生がどこにいても同じだからね。

先生もたくさんの患者さんがいるのに
ちゃんと私が受けた手術のこと覚えててくれたよ。
「むぅんさんは、右だっけ、人工? その前に関節鏡したよね?
 膝やったのは去年だったっけ?何月だったっけ?」

初診ですからね、まっさらなカルテに
今までの手術歴等、いろいろ書き込んでもらわないと(笑)。
詳しい年月日はともかく
受けた3つの手術のことを覚えて貰えてただけで
私は十分にシアワセな患者ですよ(笑)。

近頃調子がいいと私でさえ左右どっちか悪かったかたまに忘れるもん(笑)。

何かあったらまた行きます。
なるべく元気な状態をキープできるように頑張りますよ。
先生も慣れるまで頑張ってくださ~い(^-^)ノ~~
スポンサーサイト
00 : 42 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2年目検診
2008 / 07 / 07 ( Mon )
術後2年目の検診に行ってきた。

ホントにこの一年、あっと言う間だった。
一年ぶりの大学病院だというのに、
病院の様子は去年の診察の日と何も変わらないように思え、
去年の検診は本当に昨日のことのようで
道の途中にできたコンビニなど
まるで一夜のうちに現れたお菓子の家のようなものに見えたくらいだ。

 * * *

2時の予約のところ、1時半くらいに病院へ着いたけど、
レントゲン室が混んでいたので、診察室に向かえたのは2時半くらいになっていた。

埋め込まれた人工股関節には何の問題もないだろうことは、
レントゲンを撮らなくたってわかると思えるくらい右脚のは調子はいい。

でも定期的に症状が悪くなっていないかを確認することは大切だよね。

手術した右よりもむしろ私の爆弾は左。
少しずつだけど、可動域が狭くなっているのは感じるし
左脚は膝も悪いので股関節周りのストレッチがしづらく、
右脚よりも進行が早いのではないかと気になっている。

術後、お天気がくずれる前に痛み出すのは左脚になったことだしね。

でもね、まだまだ左は隙間がしっかりあるから大丈夫だよ、って。
右もこれならズレたり抜けたりする心配はない、って。
まぁ、一応めでたしめでたしってこと。

 * * *

人工股関節の様子も左股関節の具合も気になるところだけど
同じくらい気になることを聞いてきた。

それはね。。。

私の股関節の手術をして下さった先生は関連病院に転勤され、
膝の手術をして下さった先生はご実家を継がれた。。。
これでまた今日診断して下さっているK先生も突然どこかへ行かれてしまったら
私のことを術前から知っていて下さる方がいなくなる。。。
それはそれは心細いから、診察とは直接関係ないけど思い切って聞いてみた。。。

「あのぉ。。。先生も跡継ぎさんなんですか?」

答えはYES。。。そうでしたか。
でもまだお父様が現役なので、まだしばらくは予定はないけどとのこと。

でもね、一つ朗報。。。
手術をしてくださった先生が大学病院の外来に帰ってこられるとのこと!
ただし、私が何かあれば通っていた総合病院(去年膝の手術をした病院)のシフトは外れて
駅の近くの総合病院のシフトに入るとのこと。

私、そうなったらもちろん病院かえます!(笑) 
しかも執刀して下さった先生は跡継ぎさんではないとのこと(∩_∩)b
K先生曰く、開業でもされない限りずっと大学にいるよ、って。

ひと安心。
プールのお仲間にも教えてあげなくちゃね(笑)。

 * * *

診察の後に、病棟に上がって看護師Sさんに会ってきた。

お年頃の女性のこと、お嫁に行ってもういません、なんてことになってたら
嬉しいけど淋しいな、などと思いながらね。
でも相変わらず、元気そうでなにより。

私が訪ねて行ったことを凄く喜んでくれて私も嬉しかった。
「せっかく手術したんだから、いろいろ楽しんでくださいね!」と言われた。
うん。もちろん!

PTのN先生は、大学病院の関連病院に転勤されたとのこと。
いつだったか、たまたま子どもの用事で関連病院に行った時、
そこでバッタリお会いしたことがあって、その時は曜日限定の勤務だったそうだけど
今は完全に異動になったそうだ。
たまにそちらにも行くことがあるので、またお会いできるかな。

 * * *

来年は7月6日。

きっと来年もあっと言う間にやってくる。
20年はもつと言われた人工股関節だけど
大事にしすぎて筋力が弱くなっちゃったら、逆に股関節に負担をかけてしまうだろう。
せっかく取り替えたんだからせいぜい使って、筋力鍛えて、
Sさんに言われたように大いに人工股関節ライフを楽しまなくちゃね。(∩_∩)b

 * * *


そうそう。。。レントゲン写真、写メしてきたよ。。。見る?

   ↓ ↓ ↓
続きを読む
17 : 24 : 31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。