スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
無邪気。
2008 / 03 / 04 ( Tue )
実は再びネコを飼うことに私は反対をしていたんだ。。。

先代ネコのルルは、結婚してまだ間もない頃、夫が拾ってきたんだ。
ペットを飼ったことがなかった私に戸惑いはあったものの
つぶらな瞳でこちらをみつめ、ミーミーとか細い声で泣く仔猫を
夜の冷え込みも厳しくなってきた11月の寒空の下にまた
置き去りにして来いとはとても言えなくて
ルルとはその日を境に約18年、生活を共にすることになったわけだ。

ネコを飼っていれば世話をするのは当たり前のことだけど、
毛は抜けるし、トイレの砂は散らかすし、毛玉は吐くし…
それなりの手間がかかる。

でもそれは自分の家庭を持ったばかりの若かった私にとっては
すぐに当たり前の日常になっていき
とりたてて大変だとか、面倒だとか思うこともなかったんだ。

だけど、一昨年の4月、突然ルルは天に召された。

その頃の私は股関節の手術の直前で、まさに痛みのピークだったわけだけど
ルルがいなくなってみたら初めて
ネコのいない暮らしは私の脚にとって、ものすごく楽なことだということが
よくわかってしまった。。。

もちろん、ルルがいない方がいいなんて思ったことはなかったよ。
でも掃除機やモップを2~3日かけないでいると
廊下の隅や階段にたっぷり綿ぼこりが積もったんだ。。。
ルルの毛は長くてからみやすい毛だったからね。

ところがルルがいなくなったら、1週間掃除をさぼったぐらいじゃ
あんな綿ぼこりにはならないじゃないか。
綿ぼこりの正体はもちろんネコの毛ばかりじゃなかったかも知れない。
子供たちも成長して家の中を飛び跳ねる者がいなくなったということもあったかもしれない。

ルルが突然(と言っても18年も生きて老衰だったわけだけど)死んでしまったのは、
もしかしたらルルが私に負担をかけまいとしてくれたのかな、などとも思えたんだ。

ルルがいなくなったことで私が楽になった。。。

それはさんざん私たちを癒してくれたルルに対してとても申し訳ない気持ちでもあり、
だからまた再びネコを飼うことになったら、
今度は逆にネコのいる暮らしが苦痛と感じてしまうかもしれない。。。
そんな風に思いながらネコを可愛がれる自信なんて私にはなかったんだ。


ところがなんと言う縁だろうか。。。

夫の友人の家の近くの動物病院で、ラグドールの仔猫の里親を募集しているというじゃないか。
ほんの数日前にペットショップで見て、私たちは初めてラグドールという猫種を知り
可愛いねなんて話したばかりだったんだ。

ラグドールがもらえる。。。
しかも友だちのつてで。。。
このタイミングで。。。

夫はもう欲しくて欲しくてたまらない様子だし、ハムスターの最後の1匹の“わいん”が死んで
子供たちにとっては初めて家にペットがいない状態だったし
新しいペットを迎えるには絶好のタイミングだと思えたんだ。

そして再びネコとの暮らしが始まった。

確かに私が掃除機を手にする頻度は上がった。
「そうじはオレがするからぁ~」と猫なで声でおねだりした夫も
仕事でいつも家にいないのだから、掃除などする訳もない(笑)。

でも、ルルが死ぬ直前とは違う。
痛かった私の右脚に痛みはなくなり、
昭和生まれのルルの妹だった平成生まれの娘たちは、新参ネコ・ココアの姉になった。

不安と共にスタートしたココアとの暮らしもひと月が過ぎ
すっかり自分の名前も覚えたココアは、そんな私の気持ちなどわかるはずもなく
お腹がすけば私の足元に擦り寄ってはゴロリと床に寝転び白い腹を見せる。

娘たちも思春期を迎え、さまざまな悩みを抱えるようになった今、
ココアの“無邪気”がたまらなく愛しい。
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

21 : 40 : 04 | 思い | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。