スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
偏見。
2007 / 01 / 30 ( Tue )
なんだかなぁ。。。
これが“世間”なんだろなぁ。。。

さっきお昼を少しまわった頃、
昔住んでた家に出入りしていた植木屋さんのおばさんが訪ねてきたんだ。
「お母さん、元気にしてる?」って。
あの。。。一昨年のお正月に亡くなったんですが。。。

そのおばさん(87才ですと!)、それは驚かれてひとしきり母との思い出話をしたあとに
今度は自分の話をし始めた。
そりゃ、昔はうちも世話になったかもしれない方だけど、
それはもう16年も前に住んでいた家のことで
娘だった私としては話に聞くだけの知らない人なわけだし、
でも無碍に追い返すのも悪いと思って話を聞いてたんだけど
突然訪ねてきたかと思ったら自分の不幸話はじめたわけでしょ。。。
私、不幸自慢大会好きじゃないんだよね。。。

「あなたは丈夫そうねぇ。」とか言いながら自分の具合の悪さばかり話すから
寒いし、お腹すいたし、いい加減に話終わりにしたいから、
それじゃあトドメ刺したろか!とばかりに。。。

「そうでしたか。。。大変でしたねぇ。。。
 私、丈夫そうに見えますけどココに人工関節が入ってるんですよぉ。」

なんて話したら目を丸くして
「へぇ、見た目じゃわからないわねぇ。でもちょっと金具が入ってるぐらいでしょ?」
なんて何にも知らないおばさんの“大したことないじゃない?”みたいな口ぶりにカチンときたから
「(手で関節の大きさを示して)これくらいの金属がガッツリ入ってますよ~!
 子どもの頃からアグラかけないし、今は膝も悪くて椅子にしか座れないし 。。。(以下省略(笑))」
って、軽く、あくまでも明るく不幸自慢返ししてやったら。。。

終わった。  ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!
お年寄り相手に不幸自慢するのもなんだけどね。。。
だけどさ、おばさん、帰り際に言ったことばがまたカチンときたんだよね。。。

「脚の悪いこと、近所の人とかに知られてないんでしょ?
 見た目じゃわかんないんだから、あんまり人には言わないほうがいいわよぉ。」

  (ー_ー#)ムカ! 何それ? 思わずマジ切れ寸前!

「は? 何でですか? そりゃわざわざ“私は脚が悪いですよ”なんて言いながら歩きませんけどね。
 ちょっと前までは杖も突いてたし、杖ついてるのを見てりゃわかるでしょうねぇ。」

そしたらおばさん何て言ったと思う?

「そうねぇ、杖ついてたことを人に何か言われたら“スキーか何かやってて怪我した”って言えばいいのよぉ。」

だって。。。。。。呆れた。何それ?
スキーで怪我するのは恥ずかしくなくて、生まれつき脚が悪いのは隠すべきことなんですかぃ? え゛?
。。。なんて突っ込んでやろうと思ったけど、

「え? 何でスキーだんて言わなきゃいけないんですか?」

って言ったら、おばさん、返す言葉が見つからなかったようだったよ。
まぁ、んなことムキになって話しても、この人にはわからんだろうと思ったから
それくらいでやめといたけどね。
そうそう、いくらアタマにきてもこういうことはムキになって怒っちゃダメ。
もちろん笑顔で言ったほうが相手に刺さるみたいなんだな、これが。(笑)

おばさんに
「今日はたまたま近くに用があって寄ってみたけど、今度はお線香上げさせてくださいね。」
なんて言われたけど、悪いけど、この人とはもう話したくない。

そうなんだろうなぁ。。。
まだまだいるんだろうなぁ、こういう身障者を“カタワ”扱いする人。
障害を恥ずかしいものだと思っている人。。。

いっそのこと、こういう人には「私は身体障害者です」なんて言ったら
気味悪がって近づいて来ないかも知れないから、言ってやろうか!って思ったぐらいだわよ。


まだまだだねぇ。。。。日本人の意識改革。。。ヽ(ー_ー )ノ
スポンサーサイト
14 : 09 : 53 | 思い | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。