スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ただいま。
2006 / 08 / 17 ( Thu )
1ヶ月余りも入院するなんていう病気って、考えてみれば大変なことだったんだろうけど、
入院生活を振り返ってみれば、本当に大変だったのなんて
ほんの1~2日だけ、入院生活の間のごくごくわずかな時間であって
残りのほとんどは傷を癒すためにおとなしくしているためにあったわけで
それに、私には手術に対する恐怖心がまるでなかったから
まぁ入院中の細かいことを言ってしまうといろいろあったけど
「入院生活はどうだった?」と問われたら「楽しかった」と言う他は思いつかないんだよね。

だから私の日記は、これから入院&手術を控えている方が
“変形性股関節症”とか“人工股関節”とか“闘病記”とかの検索ワードで
ここにたどり着いたのだとしたら、本当に申し訳ないけど、
何のお役にも立てないかもしれないね。(笑)


だったら、そういう方が、どうしたら私みたいに入院生活を楽しめるかの方法を
教えて差し上げればいいのかしら。。。? (笑)

そうねぇ。。。こればかりは持って生まれた性格や運でもあるのかもしれないけど

・相性の良い整形外科医に出会うこと。
・病院までのアクセスが苦にならないこと。
・病状についてとことん主治医を質問攻めにすること。
・納得できるまで説明を聞くこと。
・自分の体におきている事実から逃げずに受け止めること。
・悲観しても病状は良くなりはしないのだから、今より悪くならないことを考えること。
・自分の境遇を楽しんでしまうこと。
・入院したらスタッフに上手に甘え、頑張る姿を見てもらうこと。
・ヒマな時間をつぶす方法を考えておくこと。
・同室の人に愚痴をこぼさないこと(嫌われます(笑))
  。
  。
  。


う~ん。。。言うは易し、でますます参考にならないかな(笑)。

やっと右脚の付け根の痛みがとれました。
でも、それで終わったヨカッタね、ではなく、これからがスタートなんだよね。

病院にはいろんな方がいて、本当に申し訳ないくらい自分の症状は軽いものだと感じたんだ。。。
原因がよくわからずに入院が長引いている人、事故で脚を無くした人。。。
今回の入院中に同じ病棟で亡くなった方もいた。。。
私なんかが悲観的になっては本当に申し訳ないと思ったんだ。

この気持ち、ずっと忘れずにいたい、今はそんな心境です。
スポンサーサイト
22 : 49 : 13 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。