スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
本日、診察日【平成18年 5月】入院前検診
2006 / 05 / 31 ( Wed )
手術は7月11日に決定いたしました~!!

***

今日は入院前検診ということで大学病院の方へ行ってきた。
と、いうことでいつもの主治医の先生の診察はナシ。

予約していた時間は午前9時。
いつも私が出歩く時間とは違い交通量も多く、
すいていれば15~20分で行ける距離に30分かかってしまい
どうにか9時ぴったりに自動受付機に診察券を通せた。

心電図をとり、血液検査、尿検査、胸部レントゲン、
次回の診察とCT検査の予約、
そして自己血輸血の担当の医師の説明があり、採血日を決めてきた。


***


入院前検診ということで、今日の担当の先生には初めてお目にかかる。
どんな先生かちょっと楽しみ。

主治医の先生は4月の検診時に入検担当の先生のことを

“あの先生はせっかちだから、そろそろ電話があると思うよ”

なんて言ってたけど、今日お会いしたその入検の先生は主治医の先生のことを

“手術が近いのに、まだ次の予約入れてないの?
 CTまだ撮ってないんでしょ? もう。。。ボクが予約入れとくからね!”

なんてボヤいていた(爆)。
お二人はまるで逆のタイプで、傍から見たらおかしくて思わずふきだしそうになった。
案外良いコンビなのかも(笑)。

検査が一通り済み、最後に輸血部に行って自己血輸血についての説明を受けてきた。
自分の血液を貯めることのメリットとデメリット、
採血する日のための注意事項などを受けてきたが、
こちらの先生はまたじれったくなるほど説明が丁寧で、
かえって私の頭の中を説明が素通りしてしまった(笑)。
(話していた内容は、渡された何枚かの紙の中に書かれていたようだったから
 問題はないだろう。。。)


次回検診は6月12日。
CTスキャンと診察、入院に際する具体的な説明をしてくださるとのこと。

そして1回目の貯血は6月21日。


***


さて、ひとつ問題。。。輸血部の先生に
「採血の日は自分で運転してこないでください」
なんて言われたんだけど。。。

病院はちょっと交通の便が悪い。バスは通っているけれど、
うちからバスを乗り継いで行ったとすると
最低1時間はかかる。

以前どこかに書いたと思うけど、私は血が濃い。
貧血だと言われたことは一度もないし、鉄分が不足しやすくなるという妊娠時でさえ
鉄剤などまったく必要なかった。
血が薄くて献血を断られたこともないし、献血後にフラフラしたこともない。
自分でも妙に血の濃さには自信がある。(どんな自信だ(爆)!)

ある医師には
「あなたは男性並みに血が濃い。
 あなたみたいな人は是非献血をしていただきたい。
 下手をするとドロドロ血になるから気をつけるように。」
とまで言われたこともあるのだ。

今日の血液検査の結果を輸血部の先生も見ているのだろうが、
その時ほどは濃くなかったのかなぁ。。。
(あ。。。生理が終わったばかりだからか?(笑))

「女性は貧血になりがちですので、鉄剤を出しておきますから
 14日から飲み始めて下さいね」

なんて、もの凄く久しぶりに女性扱いをされてなんだか妙な気分。
(普段家ではオヤジ扱いなので。。。(-_-;))


う~ん、どうしよう。。。
車で行っちゃおうかなぁ。。。

暑い最中、バス停まで歩いたりバスを待ったりする方が
よほどクラクラしちゃいそうな気もするけど。(笑)


***


今日病院でやることは全部終わったのに
足のことで病院に来て主治医に会わないってのはなんとなく心細いなぁ、
などと思いながら、会計も済んだところで12時半を回っていたので、
病院のカフェテリアで昼食を済まそうと思い行ってみた。

“カフェテリア”なんて言うとちょっと洒落た感じがするけど、ようは食堂(笑)。

そこにはかつて一度だけ行ったことがあったっけ。。。
母が救急車で運ばれた日の昼すぎ、親戚のおばちゃんたちに引っ張って連れて行かれたのだ。

“これから何日間大変な日が続くかわからないんだよ。きちんと食べておきなさい”と。

そう、この病院は母が息を引き取った病院でもあるのだ。
そのカフェテリアに行くと、どうもあの日のことが思い起こされ胸が詰まる。
あの時、私は何を食べたんだろうか?
いや、何も喉を通らなかったんだったか。。。覚えていない。

でもこれからこの病院は、私の足が蘇る病院になるのだから
暗いイメージを自ら払拭しなくちゃ、とも思ったから。

そこは病院の職員の方々も利用されていて、昼時とあって
一般の患者や見舞い客らしき人たちも混ざって、以前行った時に比べ
はるかに賑やかだった。

カフェテリアの奥の方には白衣を着た方々がいっぱい。
今日ここに来るまで私は、職員の食堂は別にあるものだと思っていたのでそれは意外な光景だった。

その中に見覚えのある後姿を発見!
主治医の先生だ!

他の先生方もいらしたので、話しかけることはしなかったけど
先生のお顔も見られたし、今日はちゃんと“冷やしつけ麺”を完食できたし
やっと今日の用事が済んだような、喪が明けたような、そんな気持ちで病院を出た。
スポンサーサイト
16 : 56 : 58 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
後日談。
2006 / 05 / 27 ( Sat )
自立支援医療費の件についての後日談。。。

   『あ~あ、支給対象外って言ったってうちみたいなボーダーライン家庭を
    超高収入の人と一緒にしないでほしいよなぁ。。。』

などと思いながら、今日何気なく再び説明書きを読んでみた。。。すると
“平成17年度の課税額に基づいて…”とある。

   『おや? なんの疑いもなく最新の課税証明を取ってしまったけど…
    あ。。。私が取ったのは18年度のだ!
    ちと待て。。。うちは16年に家を買い替えて引っ越して
    16年度の確定申告をしているから、
    17年度は通常の年とは課税額が違うかも。。。』

と、思って17年度の課税証明を取り直した。
そしたらびっくり!
税金のことはよくわからないが、おそらくこんなこと。。。

前の家を売るのに、家の価値が買った時よりうんとさがっていたので
家の売値より住宅ローンの残高の方が高くなってしまったために
我が家は家の買い替えのために年収を越えるほどの多大な損失があったのだ。
住宅取得の控除だとかそういった家の買い替えに関わる税金のからみなんだろう、
なんと、我が家の平成17年度の市民税は非課税だったのだ!!

。。。17年度の市民税が非課税ってことは、
私は自立支援医療費の支給対象者になれるのか?
しかも、私自身には収入がないから、自己負担上限額月2500円ってやつ? 

と、ワクワクしながら市役所を尋ねてみた。
(自動車税の減免手続きに必要な同一生計証明とやらをもらう用もあったので。)


と、こ、ろ、が。。。。。そう甘くはなかった。


私がもらった自立支援医療費の説明書は平成18年の上半期向けのもので、
手術を6月までにする人向けの文書だったのだ。
つまり、入院を6月までするならば平成17年度の課税額
7月以降なら平成18年度の課税額から決定されるのだと。。。


何を~~~! やっぱりダメなのね~~~(>_<)。。。


。。。一時は6月に手術する決意をしてたけど、
先生が忘れちゃったから7月になったのに~!
先生~、うらんでやるぅ~~~!

(なんてのは冗談(笑)。
 7月にやるのがそもそもベストだったので先生のせいにするつもりはないけどね。)

うちが去年非課税だったなんてこと、今ごろ知った私も私。
(給与明細に書いてあることで私の興味のあることは
 いろいろ引かれた後の“差し引き支給総額”だけですから(^_^;)。)

でも、それらのことをもし知っていたとしても、
今の状況で6月以前に入院できたかといったらそれはなかっただろう。

どの道、自立支援医療費は受けられなかったってことだぁね。
グダグダ言ってないで、こうなったら残る手段をフルに使うことを考えることにしましょ。

自動車税の減免手続きもしたし、
そうそう、高額医療費!月をまたがないように!ってやつね!
( ..)φうんうん。。。
生命保険も少しだけど入ってるからそっちも請求して。。。
よ~し、来年3月には確定申告もするか?
今年は夫婦揃って入院だから医療費がやたらとかかっているからね。。。

(出産のときも産婦人科の領収書全部集めておいて確定申告してみたんだけど
 大して戻らなくてがっかりしたけどね(笑)。)

よ~し、取り返せることはみ~んなやるぞぉ!
00 : 19 : 54 | 入院準備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんてこったぃ。。。
2006 / 05 / 23 ( Tue )
この春から、これでもかこれでもか、といった具合にバンバンお金が飛んでいく。

2月に夫が入院、
そしてこの春mimiは公立中学へ、kikiは私立高校へ入学
制服、体育着、高校の入学金、学費、等々出費がかさむ。
kikiの研修旅行費用、mimiは勉強が遅れているので補習の塾に通い始め。。。

とにかくこの春一気に100万円以上フッ飛んだ。。。

何に使ったかをいちいち書き出したらきりが無いけど、とにかく近頃お金が無い!


な。。。の。。。に。。。

うちは自立支援医療費(旧更正医療費)の支給対象外らしい。。。
今日、課税証明をとってきてガックリ* ・・(o_ _)o

どうやらウチのダンナはあれでいて結構稼ぎは悪くないらしい。
市民税を年額20万円以上払っていた。。。
いっぱい税金払えていることを喜ぶべきなのか。。。。ビミョー。
なんだかとっても損した気分。

税金いっぱい払ってるんだから、医療費おまけしてよ~ん!



でもホントは一番悪いのはきっと私。
お金がないのは、私のどんぶり勘定のせい。

。。。少し反省。

夜更かしは慎みます。
なるべく買い物の回数を減らします。
“退院後無理しちゃいそうだから長めに入院する”なんて宣言、撤回します!
出られるものならとっとと退院しようと思います。(笑)


あとで高額医療費の返金があるのでしょうけど
人工股関節置換の医療費の3割、仮に払わなくちゃいけないわけでしょ?
いくらだ?
払えるのか~? うちは~。。。
16 : 11 : 37 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
薬を二日間だけやめてみた。。。
2006 / 05 / 15 ( Mon )
近頃飲み薬の効果をあまり感じなくなっていたし
金曜の晩に、今まで感じたことの無い腹痛に襲われたこともあり
金・土の二晩、痛み止めを飲むのを止めてみた。

腹痛はみぞおちから右の脇腹にかけて、つっぱるような
ヒリヒリするような痛みで、カラダの向きを変えようとしたりすると激しく痛んだ。

じんましんは出始めるし、もしかして肝臓にでも何かトラブルがあるのかな。。。

痛みはしばらくしたら治まったので、
ひとまず内臓に負担をかけることはいけないだろうし
足の痛みが強くなったとしても土日なので、
家族を動かしてじっとしていれば良いと思ったから。

その後、同じような腹痛がでることは無かったが、薬を中断してわかったことが一つ。



  悪いほうの右足の痛みにはもう薬は殆ど効き目がなくなっていたようだが
  良いほうの左足の痛みが、痛み止めで止められていたということ。



毎日薬を飲んでいたので、一日ぐらい飲まなくてもさほど影響はなくても
さすがに二日目になると、体内での薬の成分の濃度が低くなるだろう。。。

右足の痛みが強くなるかと覚悟していたが、痛くなったのは左足だった。
しかもいつになくひどく肩がこり、寝ていても不快感がある。
家事どころか、ただ座っていることも辛かった。

昨日(日曜)の晩、また薬を飲んだら、今日、左足には大きな問題はないし
肩も楽になった。

右足の手術が済めば、左足への負担が軽くなって
左足の進行がいくらか止まるだろうか。。。
左が進まないようにやはり右足の手術は急いだほうが良いのかも知れない。
19 : 08 : 20 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。