スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
本日、診察日【平成18年 4月】Ⅱ
2006 / 04 / 27 ( Thu )
薬の都合で4週間ごとに通院しているのだが、
5月の初めは休日になってしまうので、一週間早めに病院へ行ってきた。

***

診察室に入ると、いつもだったらこちらを見て歩く姿を見てくれるのに
今日の先生はまじまじとカルテを覗き込んでいた。そして。。。

 Dr:「むぅんさ~ん。。。こないだ6月20日、って日にちまで決めてたんだっけ?」

 む:「。。。そ、そうですけど。。。
    先生が8月は術後の経過を見られないって仰るから6月にしよう、って。。。」

 Dr:「ゴメンゴメン! すっかり忘れてた!
    もうずっと前から“夏休み”って言ってたでしょ?
    ついこの前、6~7月の手術の日程についての話し合いがあったんだけど、
    むぅんさん、以前7月の中ごろってことで一度予約したよね?
     。。。そのままだ!」

 む:「。。。。。。( ̄o ̄;)。」

 Dr:「で、どうしようねぇ?」


      。。。って。。。
               (;」゚ロ゚)」 せんせ~~~~~~~~!! 


***
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:変形性股関節症 - ジャンル:心と身体

21 : 02 : 40 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
余計なお世話。
2006 / 04 / 21 ( Fri )
私のことは私が決める。
余計なお世話は大嫌いだ。
世話を焼いてくれるなら、私を納得させる根拠をもってしっかり説明しておくれ!

***

昨日のプールでのできごと。
人工股関節の手術を受けて間もない人が
私が人工にすることに対して批判をしてきた。

彼女の主治医は私の主治医の同僚。
言ってしまえば担当が違うだけで、同じ病院で手術をした人なんだけど。。。

彼女は他の病院でセカンドオピニオンを受けたことで
主治医への信頼度が上がり、手術に踏み切ったと。

私に向かって、セカンドオピニオンは受けなきゃいけない、だとか
その若さで人工にするなんておかしいだとか
先に骨切りをやるべきだとか。。。。

まぁ心配して言ってくれてるんでしょうし、
今後プールに来づらくなるのもイヤだから、愛想笑いでかわしてたけど。
ホントはちょっとキレそうになった私。
「アンタは医者か?」って心の中で叫んでた。

私のレントゲンを見たわけでも、
ここに至るまでの経緯を知っているわけでもないのに
何故そんなことを言えるんだか。
あんまり耳障りになったので言ってやった。

「私は臼蓋形成不全でもないし股関節脱臼をしたこともなし
 変形性股関節症の患者の中では少ない症例らしいですから、
 他の方と同じようにはいかないようですよ」ってね。


人工股関節置換の手術自体が他の人と同じにはいかないってことではなく、
人工に至るまでの経緯は人それぞれだろうから、
その辺のことをおば様がどれだけ詳しく説明してくださるのか、
ちょっとカマをかけてみたわけだ。

それで言い返してこられなかったら
私を納得させるほどの知識をお持ちでない、ってことじゃない?

そしたらおば様目を丸くしてこういった。

「え? 臼蓋形成不全じゃないのに変形性股関節症になるなんてことあるの?」


。。。ほら。 その程度の知識。

私だっていろんなサイトで情報ををあさりまくり
私なりに主治医を質問攻めにし、2年かけて納得ずくで出した答えなんだ。

外野、うるさい。






続きを読む

テーマ:変形性股関節症 - ジャンル:心と身体

13 : 05 : 15 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
混ぜる、混ぜない。
2006 / 04 / 20 ( Thu )
専業主婦むぅんの一番のお楽しみ。。。それは“奥様ランチ”。

普段のお昼ご飯の定番といえば残り物の片付けやありあわせがほとんど。
たまには外で自分の好きなものを
気の置けない友だちと食べるくらいの贅沢は許されてもいいよね(笑)。

。。。なんて、先週行ったばかりなのにまた昨日も行ってしまい、
実はまた昨日、別の友だちから5月連休明けに会おうと誘いが来ているし、
ぜんぜん“たまには”ではなくなってるんだけどね(笑)。

ランチの機会が増えるのは、“子ども達の給食が始まってから”って時期と
“長い休みに入る前に”って時期。
こうやって主婦同士、鋭気を養っているのです。( ̄▽ ̄)ノ彡☆

続きを読む
09 : 18 : 40 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ただ生きる。
2006 / 04 / 18 ( Tue )
辛いことが度重なり
どうしたら楽になれるかなどと考える。

ふと痛み止めの薬を入れた缶を見つめ
毎月もらう分のうち、残りのこの3週間分を一気に飲んだら
足の痛みも、心の痛みもきれいさっぱりなくなるのだろうか、
などと馬鹿げたことを想像してみる。。。

だけど急な変化が起こるようなこともなく整形外科に通い続けている私に
先生が“何か変わったことがあったら来て下さい”なんて
数か月分の薬をまとめて出してはくれないのは
きっと28日分くらいの痛み止めでは
決して致死量には至らないということなのだろう、
。。。なんて冷静に考えられる自分がいる。

***

先日、18年飼いつづけた猫の“るる”が死んだ。

彼女が私たちに飼われたことは
果たして幸せなことだったのだろうか。。。

物言わぬ猫の気持ちは
彼女の食欲と、気持ちよさ気な寝顔と
時々擦り寄ってはのどを鳴らす音でしか
量り知ることはできなかった。

るるが最期にかかった獣医さんが言っていたっけ。。。

  動物はどんなに具合が悪かろうと、
  自分の境遇を悲しんだり、卑下したりはしないのです。
  ただ生きようとするんですよ。
  だから、たとえ目が見えなくなったり
  足腰が立たなくなったりしても
  自分で餌をとらなくても良い状況にいられて
  心配してくれる家族がいることは
  それは幸せなことだと思います。


***

そんなことを思いながらソファでうとうとしてしまったら、
気が付くと空が白み始めていた。
歯も磨かず、お風呂にも入らないままだった。

『いけない。。。歯ぐらい磨かなきゃ。。。』




私の中にも“ただ生きようとする”自分がいたことに気付いたら
なんだか可笑しいやら悲しいやらで、また涙が出た。
06 : 47 : 42 | 思い | page top↑
2006 / 04 / 13 ( Thu )
娘二人が新しい環境での生活が始まり
毎日娘たち二人分の緊張をほぐすことで精一杯です。。。

パソコンの前にいても
文字を読むこと自体が少々苦痛です。

しばらく皆さまのページに伺えませんが
なんとか頑張っています。

“ひとりごと”のみ携帯から更新します。
今日も急にランチの誘いがあり
そんなことをする元気はありますのでご心配なく。。。
21 : 40 : 57 | 今日の体調 | page top↑
本日、診察日【平成18年 4月】
2006 / 04 / 06 ( Thu )
手術は6月になりそうだ。。。

「どう、調子は。。。?」

と、先生のいつものセリフ。
右足の痛みはいつものことで、痛いのが当たり前になってるけど
左足が痛むと気になってしかたがない、と話した。

車のフットブレーキを踏む時、物を拾う時等々、
近頃左足にピキッと痛みが走ることが増えてきた。
じっとしていても痛みがあることもあるし、開き具合も悪くなっている。

すると、やはり今日も先月と同じお言葉。
「手術、早めにしようか?」

ところが、今日のその先生の一言には先月とは違う意味があったのだ。

「実はね。。。僕は8月に転勤になることになって。。。 7月のはじめならまだしも、
 終わりだと術後の経過を見ることができなくなっちゃうんだ。。。」


      (≧◇≦)ェェエエ工工!

転勤はまだ内示段階らしいが、ほぼ確定とのこと。
転勤先は駅で言うと同じ路線を小一時間下った町にある
大学の系列の病院だそうだ。

 ※注 先生は私が通っている総合病院での木曜日の勤務以外は
     大学病院でお仕事をされている。
     私の手術はその大学病院で受けることになっている。
     木曜の総合病院には引き続き定期的に勤務されるとのことなので
     術後の定期検診に心配はない。。。ホッ(*^_^*)


しばし唖然。。。


少し考えた。。。選択肢は三つ。

 1.予定を早めて6月に入院する。
 2.予定通り7月に入院して、術後は他の先生に見てもらう。
 3.少し遅くして先生の転勤先で手術を受ける。

そもそも前々からできるだけ早く手術したほうが良いと言われている状態だし、
転勤先の病院の様子は私にはわからないけど
設備は大学病院の方が良いだろうから当然三つ目の選択肢は消える。
二つ目の選択肢もイヤだ。
だったら6月しかないだろう。。。

(ーー;) あ゛~。

7月を6月にすることの問題点は?
子ども達が夏休みでないこと。。。それだけだ。
ま、なんとかなるだろう。。。何とかなってもらわないと困るけどね。
今まで家族の都合に合わせてずっと待ってきた。。。
もう、いいだろう。。。自分本位になっても。
そう思って先生に返事をした。

「じゃ、6月20日でお願いします!」

と、いうわけでひと月予定が繰り上がった。
診察室を出ると、なんだか遠い先のことだと思っていた入院のことが
急に現実味をおびてきて落ち着かない。
あと2ヶ月半か。。。

あ~、パジャマどうしよう。。。
う~ん、術後の下着はどんなのがいいかな。。。
ヒマつぶしに何を持っていこう。。。

人工関節の先輩ブロガーのみなさま、
またみなさんの入院日記を読み返しに伺います d(∩.∩)。 

テーマ:変形性股関節症 - ジャンル:心と身体

20 : 02 : 07 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。