スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
あと一つの何か。
2006 / 03 / 30 ( Thu )
今日はね、友だちと子連れで映画を見に行ったんだ。
コギツネのおはなしのあれ。

内容はお子さま向けなんだろう。。。
でもまぁ、大沢タカオさんは好きなので、それだけでもよし、と思って見に行った。
あまり期待はしていなかったけど、これがなかなか泣かせてくれちゃってね。(笑)

これから見ようと思っている方は、
この先を読むとちょっと映画がつまらなくなるので読まないでね d(∩.∩)

***

目も見えず、耳も聞こえず、においも味もわからない状態のコギツネが
最後には死んじゃうんだけど、
そのコギツネは辛いことばかりだったと言う少年に、
彼の母親の恋人である大沢サン演じる獣医さんがこんなふうに言うの。。。

「“つらい”ってどう書くか知ってるか?
 『辛』に『一』を足すと『幸』という字になるんだ
 どんなに辛くても何か一つのことで幸せに変われる。。。」

***

近頃、朝起きることが一番辛い。
『あ~、また辛い一日が始まる』と思うと起きるのがイヤになる。

まず布団から起き上がるにも痛い、歩いても痛い、座るのも立つのも痛い、
着替えも痛い、片付けや掃除も痛みで辛い、ずっと座っているのも痛い、
トイレで座るのも痛い、お風呂の湯船をまたぐのも、湯船に浸かるのも、
ご飯を作るのも、買い物に行くのも。。。。

何をするにも痛みが伴う。
辛い、辛い、辛い。。。。朝はこんな風に思ってしまうんだ。

だけど一日中辛いかっていうとそうじゃないわけで、
美味しいものを食べている時、家族と笑いあう時、友だちと話している時。。。
辛い一日の中にも何か良いことがあれば、その時は痛みを忘れているし
楽しいとも感じることはできているはずなんだ。

朝になると辛いことしか考えられなくなっていたんだ。。。
そう、毎日辛いことだけじゃないじゃないか!

映画の中の一言に、励まされて帰ってきた。
明日の朝もまた辛いと思ってしまうかもしれないけど
でも辛いことだけじゃないことも思い出すようにしよう、と思う。

スポンサーサイト
23 : 49 : 24 | 思い | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
だからお友だち。
2006 / 03 / 24 ( Fri )
“学力到達度試験”とやらで昨日は高校へ登校したkiki。
朝はどよーーんとした暗い顔をしていたけど
帰ってきたときにはすっかり冴えた顔をしていた。

その憂鬱の原因は試験ではなく
同じ中学から一緒に進学する友達もなく
知らない人ばかりの中に飛び込むことが
少々引っ込み思案のkikiにはストレスとなっていたのだ。

「高校ってところはみんな選んでそこへ行ってるんだから
 学力も自分に近い人ばかりだし
 いやおうなしに集められた公立中学校とはちがって
 同じようなタイプの人が集まってて楽しいよ!」

。。。なんて励ましたところでkikiにはピンとこなかったようだ。

ところが、そのkikiが帰ってきたら5人と友達になったって
ニコニコ顔で帰宅した。
すでにお互いの呼び名も決まったと(笑)。

***

3歳の頃に公園でkikiが私に言った言葉。。。。
私は目から鱗が落ちたっけ。。。

「ねぇママ、kikiねぇ、あの子とお友だちになったよ。
 だってkikiが笑ったら、あの子も笑ったもん! だからお友だちだよ!」


友だちってそういうものなんだよね。
3歳のkikiにハッとさせられたよ。

だからそれから幼児教室に通っても、学校の役員になっても
その言葉を思い出してはママも人の輪に飛び込む勇気が出せたんだ。

3歳のころのkikiの中には
そんなパワーがあったんだ。
大丈夫、あなたは本来そんな子なのだから。


よかったね、kiki。(∩.∩)♪
これで入学式が楽しみになったね。
08 : 53 : 55 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
筋力アップ。
2006 / 03 / 20 ( Mon )
何だか今朝から腹筋が痛い。
腹筋というか、お腹まわり全体が。
何でだ?

そうか! あれか!

昨日プールでいろんな歩き方をしてみたんだ。。。
一人で歩いている時はもちろん走ってみたり跳んでみたり
誰にペースを合わせることもないので
なるべくカラダが温まるような動き方をしてみるんだけど
プール歴が長くなればそれなりに顔見知りも増えてきて
おば様方と話しながら歩くこともあるわけだ。。。

そんな時ただのんびりと歩いていると
せっかく温まったカラダが冷めちゃうでしょ。。。
でもそれはそれでおしゃべりも楽しかったりするわけで
だったらゆっくり歩きながら鍛えられればいいだろうと思って
歩き方を工夫してみたの。。。

以前アクアビクスをしていた時に、水中歩行のしかたもいろいろ習ったから
腕で水をかいてみたり、水を蹴ってみたり普段もいろいろしてたけど
昨日はね。。。

腕を体の後ろで組んで手を使わずに、しかも足はすり足で前に進むの。
そうするとけっこう体を真っ直ぐにしておくのが難しくて
でもなんとかそれに耐えるのが面白くて
昨日は結構長い時間その歩き方を続けたの。。。

来てますよ~! 腹筋に!!
プールに通う皆様、おためしあれ!

足の方はなかなか痛みもあるので無理はできないけど
最近は少しずつクロールの練習をしている。
軽くバタ足をするくらいなら股関節も伸ばしたまま足の筋力も鍛えられそう。

中学生ぐらいの時はなんとか25メートル泳げたけど
高校はプールがなかったから15才以降はまじめに泳ごうなんてことはなく
そんな昔に25メートル泳げたことがある、ってのは泳げるうちに入らないし
福祉センターのプールの“25メートル完泳コース”には行けないよね。。。

すいている時に試したら、なんとか12.5メートルは泳げてる。
でも息継ぎが下手なので、いつも会うAさんにコツを教えてもらったら
3回に1回はうまくいくようになったので、
なんとか上手になって完泳コースにデビューしたいと思っている(笑)。



おや~? お尻のすぐ下の腿の後ろの筋肉も痛いぞ。。。これはバタ足の効果か?
09 : 46 : 02 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
春に。。。
2006 / 03 / 17 ( Fri )
春を待ちわびながら
縮こめていたつぼみを
一斉に広げ始めた鉢植えの花々が
春の強い風に
カラダをくねらせながら
花びらをなびかせながら
その細い根で
ぐっと土をつかみ
倒れまいぞと耐えている。

でもその姿は
暖かくなった風を
全身で受け止め
互いに春の訪れを
喜び合っているかのようにも見える。

顔を上げて少しでも多くの陽光を浴びようと
精一杯花開く姿が美しい。



雨で潤った土は
広がるその葉の足元で
根を支え
花開くための糧を与えている。


***


kikiと二人で街を歩いた。
ビル風に押されて足がもつれないように
kikiの華奢な腕につかまって歩いた。

もうすぐ高校生なのに
私より背のちいさなkikiの腕は細いけど
いざ風がふけば
それでもその腕はぐっと私を引き寄せて
支えとなろうとしてくれる。

(歩きさえしなければ
 もちろん私の重みでkikiも飛ばされやしないけど。。。)

いつの間にかkikiも頼もしくなった。

kiki。。。
新しい春が来たね。

あなたがこれから美しい花を咲かすためにも
私という地面が乾いてしまっては
根を張ることは難しいことなのでしょう。

母として肥沃な大地となるように
あなたを潤してあげられるよう
心ゆたかにおだやかに
私もまた
養分となる何かを
求め続けて行かなければいけないね。
23 : 40 : 07 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ありがとう、給食。
2006 / 03 / 13 ( Mon )
私は、“かきたま汁”と“揚げパン”が好きだったかな。。。

小学5年で今住む市内に引っ越す前まで通っていた都内の小学校では
給食は自校式で、スープの冷めぬ距離どころか
フーフーしないと飲めないくらいスープは温かいまま運ばれてきていた。

私たちはどんな風に給食が作られるのかも見ることができたし
食べる児童と作るおばちゃんが直接コミュニケーションを取れたことも
今思えばとてもステキなことだったと思う。

そんな作りたての給食を“まずい”とぬかす言う舌の肥えた(?)お坊ちゃまもいたけれど、
私は給食がまずいと思ったことはない。

(普段から高級なものを食べなれていないし、給食や病院食をまずいと言う人が
 どれだけ料理上手なのかお相伴に預かりたいものだ。(笑))

いや、一時期だけあったかな。
転校先の学校の給食はセンター式だったので、ぬるい給食に慣れるまでの期間は
どうしても前校の給食が懐かしく思えてしまったのだ。

それでも慣れてしまえば何てことはなく、友達と同じものを仲良くワイワイ食べることは
とても楽しかったので、給食がぬるいなんてことはすぐに私にとって小さな問題となった。

今時の給食がどんなだか、小中学生のお子さんをお持ちの方ならご存知だろうが
ご存知ない方は恐らく、かなり昔とは様変わりしていることに感動されることだろう。
メニューも豊かになり、食器も強化磁器製のきれいな物になっていたりする。

昔みたいな先割れスプーンなんてものを使っている学校は多分ない(笑)。
(あの先割れスプーンの影響で親の世代になっても
 箸がまともに使えない人が増えたんじゃないでしょうかねぇ。。。
 箸遣いにはうるさいむぅんちゃんなのです。。。)

ちょうど私が小学校高学年になる頃から米飯給食が始まり、
学校給食の過渡期を迎えた頃だったのだと思う。

今やコンビニで売っているような包装のおにぎりが出たり、
カレーにはナンが組み合わされていたり、献立は実に多種多様化している。

それに、牛乳を飲めるまで居残りをさせられるなんて拷問のような指導も今はない。
(もちろん、私にはそんな苦い思い出はない。。。
 給食大好きな私はいつもおかわりをしていた方の部類の子どもだったから(^_^;))

***

今日、kikiは最後の学校給食を食べてくる。
これから先、学校給食というものは日常のものではなく、
kikiにとっても私同様、思い出の中だけのものになるわけだ。

どんな思いで食べるのだろう。
今日の献立は何だったかな。。。

kikiの9年間の義務教育期間がまもなく終わる。
その学校生活を支えてくれた給食。。。

長い休みになるたびに、お昼ご飯の支度の手間が増え
親の私にも給食のありがたみが感じられたものだった。

15年のkikiの人生のうちの9年の義務教育期間のお昼ごはん。。。
いったい何回食べたのだろう。。。
そう考えると、親に代わって調理をしていてくれた方々に
直接お会いすることはないけれど、今までありがとうございましたと
感謝したい気持ちでいっぱいになる。

春からは高校生。。。

mimiが幼稚園の時以来、6年ぶりにまたお弁当作りの日々が始まる。。。
幼稚園の時とは違うので、もちろんkikiにも手伝わせるつもりではあるけれど。

足のためにもと言い訳をして、冷凍食品のお世話になってばかりになるとは思うけど
これから先のkikiのお昼ご飯に栄養士さんはついていないのだし
栄養のことももう少し考えないといけないな。。。と、新たに買ったお弁当の本を眺めている。

12 : 43 : 15 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
そりを合わす。
2006 / 03 / 08 ( Wed )
うまく言葉にできないけどね。。。

人の性格に形というものがあるならば
それは人それぞれで
みんな違う形をしてるんだと思うんだ。。。

四角四面でガチガチのかたい人
まるくて人当たりの柔らかな人
つかみどころのない、へにゃへにゃな人。。。

それぞれいろんな形をしてて
お互い自分の形の反りを
人とさぐりあいを繰り返しながら
反りの合うところ、収まりの良い居心地の良い場所を探しながら
みんな生きてるんだと思うんだ。

だけど自分の環境に
どうも反りのあう人がみつからないと
居心地が悪くなっちゃって
そんな心地がすることは
相手の形がいけないんだと否定したくなったりするんだな。。。

ただ反りが合わないだけのことなのに
反りの合う面を探そうとも
自分の形を変えようともせず。。。

反りの合わない面を無理やりはめようとするから
ひずんだり、ヒビがはいったり
傷つけあったりするんだと思うんだ。。。

だけどね。。。

自分と合わない反りをもつその人には
自分にはない魅力があるんだとは思えない?

それは
自分にはない美しい曲線だったり
自分にはない鋭い直線だったり
自分にはない緻密で複雑に入り組んだ面だったり
自分にはないやわらかさだったり
自分にはないあんなとこ。。。
自分にはないこんなとこ。。。。。。

その人と自分とは反りが合わないというだけで
“嫌い”ってこととは違うんだと思うんだ。

反りの合う部分を探す努力、
合わない反りを認めるゆとり、
“嫌い”と思うその前に
“アイツが悪いと”言う前に
もういちど考えてみてはいかがかな?

少しぐらいのズレがあっても
相手の形を認める優しさがパッキンになって
うまく反りを合わせられる決め手になるんじゃないのかな?





***

 いつも周りが敵に見えるあなたへ。。。
01 : 27 : 04 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
素朴な疑問。
2006 / 03 / 01 ( Wed )
夫に今の自分の足の状態を話したら聞き返された。。。

「ねぇ、大腿骨と屋根の骨の隙間がなくなってるんだろ?
 ってことはさ、単純に言ったら左足の方が隙間が広いのに
 何で右足の方が長いの?」

。。。。。(・_・;)あれっ?

痛いのをかばって痛くない左に体重かけるからカラダが傾いてるの?
ホント?

明日、病院行ってきます。(笑)
21 : 25 : 33 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。