スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
母が私に残したもの
2005 / 11 / 27 ( Sun )
新しい食器棚が届いた。
引越しから約1年と9ヶ月、前の家から持ってきた食器棚をそのまま使っていたのだが
だいぶガタが来ていたし、電子レンジを真ん中に置けるタイプのが欲しかったので
買い換える事にした。

それに今年の1月に亡くなった母の食器が、片付けられないまま段ボール箱にして6箱分、そのまま残っていたので、いい加減それらも片付けなくてはならなかったから。。。
今日はその6箱を全部開き、使えそうな物だけを新しい食器棚へ移した。

私の家にあった食器で十分用は足りていたので、母が持ってきた食器は使われないまま部屋の隅に、母が亡くなってからもずっとそのままにしてあったのだ。

母と私は昔からまったく趣味が合わなかった。
洋服も、食器も、見るテレビ番組も。
だから、母の荷物を開いても、懐かしさは感じても、私が欲しくなるような食器は殆どなかった。
これと言って高級なものがあるわけでもないし、
もったいないからとすべてを食器棚に入れることもできない、
いっそ箱を開かずにそのまま捨てようかとも思ったが、それはあまりにも薄情な気がしたので
せっかく母と二人で一枚一枚紙で包んでしまっておいた食器たちに
別れを告げるためにも梱包を解いてみた。

今日は食器に取り組んだが、一周忌までは、と処分することをためらっていて
押入れの中にはまだまだ母の荷物が眠っている。。。

母が私に残した物。。。私とはまるでサイズの合わない服、趣味の合わない幾つかの宝石、
足の悪い私には着るのも不自由な着物。。。
私にとって“お宝”になるようなものなどは何も無い。

じゃあ私が死んだら娘に何が残せるか。。。やはり何も無い。

でもね。。。。でも、思ったの。
親が子どもに残すべきものって、「物」じゃないんだろうなって。

生きていた時に使っていた物は、本人にとって大切な物でも、残された者にとって必ずしも有り難いものじゃないわけで、お墓にもあの世にも持って行くことのできない物に執着することって意味がないように感じたんだ。。。

それよりも、母が言ってたこと、働く母の背中を見て感じたこと、私の嫌いな母の一面。。。
そんなふうに母から学んで身についた私の中にいる母の血が、私の宝物になっているんだな、って。

それに、容赦なく、ポンポンと母の大事な食器たちを捨てようとする、冷酷ともとれる潔さ、
これは父の血だ(笑)。

ごめんね、お母さん。
捨てるよ、お皿。
だって、あっても使わないから。
お父さんとお母さんの思いは、物にではなく、ちゃんと私の中に生きているんだから。
スポンサーサイト
22 : 33 : 31 | 思い | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
以心伝心。。。
2005 / 11 / 27 ( Sun )
「何かやることがあったら言ってね」
って言うけど。。。

私がして欲しいのは
私にそれを言わせないで欲しいってことなのさ。。。





***

ここのところ投稿記事が長かったので
今日は思い切り短く(笑)。

01 : 23 : 42 | 思い | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
意識改革。
2005 / 11 / 23 ( Wed )
店先に出揃った来年のカレンダーのヨ○様と目が合った(笑)。
すっかり彼は眼鏡のイメージだよね。

眼鏡がイヤでコンタクトレンズにする人が多い中、
ヨ○様を見ると、眼鏡もカッコ良いじゃん?なんて思わされる。
日本の俳優さんで眼鏡のイメージの人って。。。う~ん、お笑い系の人しか思い浮かばない。
サングラスの人なら思い浮かぶけど。。。

コンタクトを使っている夫はダテ眼鏡をしている芸人さんを見ると
腹を立てて、こう言ったりするの。。。

「目が良いくせに、ダテで眼鏡かけるなんて、目の悪い者への冒涜だ!」って。

私は眼鏡と縁のない生活をしているので、そう思ったことはないけど
そう言われてみれば夫の意見も分からないではない。

だけど、ダテで眼鏡が利用されるってことは
眼鏡のファッションとしての価値が広く認められているってことじゃない?

私は自分自身で“日本一眼鏡が似合わない”と思っているので
いくらオシャレな眼鏡でもかけたいとは思わないし、サングラスさえかけたこともない。
眼鏡やサングラスが似合うお顔が、ちょっと羨ましい。(笑)


じゃあね、杖はどうなんだ? って考えたの。
近頃やっぱり高齢化のせいなんだろうか、杖を持って歩いているおじいちゃん・おばあちゃんは多いよね。
まぁ、杖をつきながらだから、腰の曲がっている方も多いけど、
例えばこれが、背の高い白髪のナイスミドルがステッキをつきながら颯爽と歩いていたら
杖をつくことがカッコ良く見えると思わないかな?

目の悪い人のものだった眼鏡がファッションアイテムになったように
杖をつくことがオシャレだと認められて、足の悪くない人が杖をついて歩くようになって
ダテで杖をついている人がいても、それは杖をつく身としては大歓迎だと思うんだけどなぁ。

昨日ね、高校の個別進学相談会へ行ってきたので、普段着に斜めがけバッグではなくて
お気に入りのロングスカートをはいて、少しヒールのあるパンプスをはいて、
ちょっと小奇麗にして出かけたんだけけど
杖は一本しかないからいつものだけど、なんとなくシャキッとした気持ちになったんだ。。。
そして、障害をかかえてしまったことを卑屈に思っていたら、絶対に杖をつく姿がきれいに見えるはずはない、どうせ杖をつくならば堂々としなくっちゃってあらためて思ったんだ。
杖を持って下を向いて歩いているから、かわいそうとか、大変ね、とか思われちゃうんだよね。
(まぁ、確かに大変は大変だけどね。。。)

見ている人が拍子抜けしてしまうくらい、アッケラカンと堂々と杖を使う人が増えたなら
みんなの杖への意識が変わるんじゃないかな? って思うんだけどな。

みんなで意識改革をしようよ!
杖がいつかオシャレに見えるようになる日が来るように。
眼鏡をかけている人を、誰も“かわいそう”なんて言わないのと同じように
杖をついていても誰もジロジロ見たりしない時代が来るように。
18 : 35 : 29 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
優しい視線
2005 / 11 / 10 ( Thu )
一日予定が繰り上がって、kikiの中学の三者面談が今日になった。
中学校までは普通の足で徒歩160歩。1分もあれば着く距離。
だけど私は3分くらいかかるかな。。。

今度中学校のPTA主催のバザーが開かれることになり
家庭内の余剰品があれば、面談の時にお持ちくださいとの連絡もあり
母の押入れに山と積まれた押し入れ用の湿気取り剤と
タンスの引き出しいっぱいにあった新品の靴下を持てるだけ持って行った。

(我が家は高気密住宅なので24時間換気をしているためか結露がない。
 ゆえに湿気取りは必要ない。
 母はお買い得品を見つけると必要以上に物を買い込むクセがあり、
 いろんなもののストックがあったが消耗品はだいぶ使い切った。
 しかし…靴下、私が履くにも、ちとババくさい。。。( ̄m ̄*))

紙袋一つだが、それがあるだけで私の歩みは余計にヨチヨチになる。

kikiの中学の生徒は実に挨拶上手。
保護者を校内で見かけると、皆「こんにちは~」と挨拶をくれる。
もちろん私にも。そして私も挨拶を返す。。。

中でも、昇降口のところに座っていた2年生の女の子が心配そうに私に近づいてきて、

「大丈夫ですか? 荷物をお持ちしましょうか?」

と、話しかけてきた。
気持ちは嬉しいけど、大丈夫だし、一度は断ったものの
スリッパに履き替えるにも、靴を拾い上げるのにも時間がかかる私をみて
彼女の心配はやまない。。。
靴をしまい、いざ教室に向かおうと、再び荷物を手にしようとしたら、

「やっぱりお運びします。何階の教室ですか?」

と、実にさりげなく、にこやかに荷物を持ってくれたので、
ここは彼女の優しい気持ちを、ありがたく頂戴することにした。

ちょっと何だか自分が歩道橋を渡ろうとしているおばあさんになった気分だったけど(笑)。

「ゆとり教育」による学力低下が問題視されているけど、
その成果なのだろうか、私は近頃の子どもたちは実に優しい子が多いと思う。
いろんな人がいることを当たり前に受け止められる包容力は
私たちの競争させられていた時代の昔の子どもの何倍もあると思う。

杖を持って学校に行けば、それなりの視線を受ける。
でも子どもたちの視線は、

  “あんなふうになりたくない”

と、いう侮蔑の視線ではなく

  “あの人は何か困ってはいないか、私はあの人の役に立てないか?”

と、自分が役立つチャンスをうかがう視線のように感じられるのは、
決して私の錯覚ではないと思う。

オバチャンは嬉しかったよ、Sさん。
ありがとう。
これからもどんどんいろんな人に声を掛けてあげてね。
断られたりしてイヤ思いをすることもあるかもしれないけど、めげないで、
その可愛らしい笑顔をいっぱい見せてあげてね(笑)。
17 : 20 : 10 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
アピール
2005 / 11 / 05 ( Sat )
娘たちの合唱祭を見に行った。
午前はmimiの小学校の、午後はkikiの中学校の。

近頃の子どもたちは“人前で歌う”ということにあまり抵抗がないようだ。
私の時代の子どもたちは、歌ったり踊ったりすることは恥ずかしいことと感じていた子が
多かったと思うけど。

今の子は合唱の時、とても良い声を出し、歌の世界に入り込む。
指揮者をちゃんと見て、大きく口を開き、体全体で表現ができる。
とてもアピール上手だ。

そう、アピールと言えば…

mimiの小学校へは自転車で行った。
普通は自転車に乗っている人が歩けない、なんて想像はしないでしょうね、
自転車を降りてとめようとしたら、“ここはこれから来賓の方の車が入りますから、
校舎の向こう側へ止めてきてください”と言われた。
ちょっと悲しかった。。。

だって、この後kikiの合唱祭に行くのに少しでも体力温存しておきたいから、
是非とも会場への入り口近くに自転車を置きたかった。
小学校の体育館は校舎の3階に作られているので、上がるだけでも一苦労なんだから。。。

“校舎の向こう側”に行くにはまたそこで、普通なら自転車に乗っちゃえばいいんでしょうけど、
私は乗り降りする時に痛みが走るので、短い距離なら自転車を押して歩いたほうがマシ。

「はい。。。わかりました。。。」

と、自分でも意識して悲しそうな笑顔を作り、少しいつもより大げさに足をひきずってみせた。(笑)
さすがに先生は気付いてくれて、

「あ、すみません、足がご不自由だとわからなかったもので。。。」

と、他にとめられそうなところに案内してくれた。
ヘヘヘ(~_~;) ちょっとずるいけど、小さくガッツポーズを出したい気分だった。


その後、kikiの方の合唱祭には車で行き、終わったあと買い物に行った。

土曜のショッピングモールはとても混んでいる。
駐車場の入り口にいた警備員さんはクローバーマークを知っていたのか、
車椅子スペースの方を指し誘導してくれたが、
肝心の車椅子スペース近くにいた警備員さんはきっとマークを知らなかったのか
私がそこへ入ろうとしたら、ダメという合図を送ってきた。
とっさに私は窓越しに杖を見せアピールしたら停めさせてくれた。
ホッ(~_~;)

もちろん障害があることにあぐらをかいて、(ハハハ、実際のあぐらはかけないけど)
権利を主張してばかりの、図々しい人にはなりたくはないが、
時には自分からアピールしないと気付いてもらえないし、
辛い思いを重ねて不平ばかり言うハメにも陥りたくはない。

必要なときはアピールし、そして人の優しさや思いやりに感謝し、
上手に障害と付き合っていかなくては、と思った一日だった。
23 : 37 : 07 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ちぃずに教わる
2005 / 11 / 04 ( Fri )
ハムスターの“ちぃず”に寝床用の綿を与えた。
するとちぃずはそれを巣箱に運び入れフカフカのベッドを作り始めた。
小さな巣箱を綿いっぱいにしてしまうと出られなくなると察したちぃずは
今度はケージの隅を寝床にしようとさらに綿を寄せ集め、今はその中に潜っている。

掃除をしようとその綿をどけると、下には与えた餌がいくつも隠してあった。
誰にも教わりもしないのに、ちぃずは自分の本能に従って冬支度を始めた。

人間はもし誰にも何も教わらなかったとしたら、
いったいどこまで自分のことを自分でできるのだろう、とふと考える。

何ひとつ自分でまかなうことのできない都会人。
人は野生の本能を失っていくばかり。
だからこそ、人は助け合い思いあうことが大切になるのだろうに。。。
どんどんワガママになる私たち。。。

ちぃずの姿を見ながら、
人間一人の無力さを感じてしまう今日この頃だ。
11 : 31 : 31 | 思い | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
いいお顔
2005 / 11 / 02 ( Wed )
昨日、ヨー○ドーのキャッシュコーナーでお金をおろそうと思ったの。
そこには誰も並んでなくて、チャンス!と思って一生懸命杖をついて歩いていたら
あと7~8メートル、というところで、30代半ばくらいの女性に追い抜かれたの。

『あ、やられた! ま、しょうがない…いつものことだ。』

なんて思ったいたら、
彼女は私が自分と同じ場所へ向かっていたことに気付いたらしく、私を振り返って

「あ、ごめんなさい! どうぞ、お先に使ってください(^_^;)」

って、先を譲ろうとしてくれたんだ。
多分私が彼女でも、同じようにしたか、あるいは様子をうかがって
足の悪い人を目的地間際で追い抜くことはしなかったと思うんだ。
彼女の気まずそうな笑顔はとても可愛らしかったし
こっちも急いでいたわけじゃないから

「いえいえ、いいんですよ、急いでませんから。(∩_∩)」

って先を譲ったの。

「すみません、じゃ、私、記帳だけなんでお言葉に甘えて…」

って、彼女が先に使ったの。
彼女、記帳する項目が多くて、通帳のページがめくられる時も振り返って

「ごめんなさい、ちょっと長くなっちゃって…」

記帳が済んでからも

「どうもありがとうございました (^_^;)」

そんなに恐縮しなくてもいいのに、ってくらい気を遣ってくれてた。
彼女の笑顔はとてもステキだった。

私も笑顔のステキな人になりたいな。

いじわるな人がいじわるな顔になるように
優しい人が優しい顔になるように
足が不自由な私の顔が痛みでゆがんでしまわないように

杖をつこうが
車椅子に乗ろうが
いじけずに
胸を張っていよう。

良い笑顔になるか否かは、自分のこころがけ次第だもんね。
14 : 48 : 17 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。