スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
素敵なお仕事
2005 / 09 / 27 ( Tue )
映画を見に行った。
今、見てみたい作品はいろいろあるけど、
夫とはきっと行かないだろうと思って、“四○の雪”を見てきた。

見に来ている人たちは思ったとおり、ご婦人方のグループが多かったようだ。
そう、“二人で”とかじゃなくて、4~5人のグループで入ってくる人が多かったなぁ(笑)。
。。。何故だ(-_-;)

映画の中のセリフ。。。
ヨ○さまが相手の女性との会話で職業をたずねる場面があったんだ。。。

ヨ○さまは照明のディレクター。
相手の女性は専業主婦。。。

   「主婦です。家事をしています。」
   「素敵なお仕事ですね」
   「そう言っていただくとうれしいです」    (注:正確ではありません。。。)

専業主婦の皆さん、
今まで主婦の仕事が素敵だなんて言われたことありますか?

(こんなセリフがあったりするから、主婦の皆さんはもうヨ○さまにメロメロなんでしょうね(爆)。)

私は一度もないな。
確かに、専業主婦で足の悪い私が世の中に役立つかなんてことはおろか、
家庭の中でさえお荷物と思われても仕方が無いかもしれない。
肩身の狭い思いは何度も感じたことはあっても褒められるなんてことはまずない。

例えば子どもの予防接種を受けに行った時、“保護者名”を書けと言われたので
子どもをそこへ連れて行った私の名前を書いたら、
「あなたじゃなくて、ご主人の名前を書くんですよ、世帯主の。」と言われた、とかね。
母親は保護者じゃないのかい? と言ってやりたかったけど、
そんなことで噛み付くのもアホらしいのでやめておいた。

「今時仕事もしないで三食昼寝付きで良いご身分だ」なんて言われたことも何度もあるよ。

評価してくれるのはだいたい同じ主婦仲間。
部屋がいつも片付いてるね、とか、お庭の花がきれいねとか所詮その程度のほめ言葉だけど。
専業主婦の社会的地位はもの凄く低い。
だからみんな仕事をしたがるのかもしれないね。
頑張ったことを評価して欲しいのかもしれないね。

私は専業主婦に憧れていたんだ。子どもの頃から。
私はずっとカギっ子だったから。
「ただいま」を言う相手もいなかった。。。
もちろん親が家にいなくても何とも思わない子もいるだろう、
でも、「おかえり」と言われるあったかささえ知らない子もいるんだろう。

ここに引っ越してくる前は、パソコンの在宅入力オペレータをしたりしてたけど、
自分が自由に使えるお小遣いを自分で稼ぎたいという気持ちはもちろんあったけど、
それ以外に、仕事をしていないことが後ろめたいような、世の中から遅れてしまっているような、なんだか専業主婦でいることが罪であるかのようにも感じていたんだ。。。

でもね。。。

専業主婦の社会的地位が低いなんて考えは、自分自身の中だけの問題なんじゃないだろうか、とも思うんだ。

どうして私が専業主婦をしているのか?
大きな理由の一つ、それは。。。
子どもに「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」が言いたいから。

子どもが急に熱を出したって、すぐ病院に連れていけるし、そばにいてあげられる。
こんなフレキシブルな身分、専業主婦ならではでしょ。

うちの夫は妻には家にいて欲しい人なので、私が仕事をしようがしまいが、
どちらでもいいようだ。
むしろ、自分は家事をしたくないので、私が仕事をはじめて家事分担を求められたら
困った顔をするだろうな。(笑)

そう、私は仕方なく主婦をしているのではなくて、
主婦をしたくてしてるんだ。
だったら自分を卑下することはないだろう。

最近話題のカリスマ主婦。
すごいよね、暮らしぶりや自分の料理や手芸を本にしたり。。。
見習いたいとは思うけど、そこまでの才能がある人なんてごくごく少数。

誰かに認められたくて中途半端に仕事と家事を両立しようとするよりも
主婦であることを夫が、子どもが、認めてくれていれば本当はそれだけで十分じゃないのかな?
それを他人がとやかく言うことがおかしな話なんじゃない?
何をもってやり甲斐のある仕事かなんてことは世間一般の杓子定規で測るものではないのではないか。

素敵な仕事かそうじゃない仕事かなんてことは
誰かが決めることじゃなく、自分自身が決めることなのかもしれないね。

ヨ○さまはうちにいなくても、
夫が私の作った料理を美味しそうに食べてくれて、笑顔で仕事にでかけてくれたら、
私は自分の仕事ぶりを自分で認めてあげればいい。
自分が満足のいく働きができれば、それで十分“素敵なお仕事”なんじゃないのかな。

今は大したことできないけどさ。
私が働かなくても食べていけている夫の収入に感謝して、
わたしはもっと堂々と専業主婦をやっていてもいいんだろうな。
スポンサーサイト
22 : 34 : 47 | 思い | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
結び目
2005 / 09 / 24 ( Sat )
今日、新潟から伯父夫婦がやってきた。
両親の眠るお墓に一緒に行ってお参りをしてきた。
伯父は父の兄
伯父たちの目的はお墓参りともう一つ、伊豆への旅行だ。

その旅行へ招待したのは、都内に住む私の母の兄夫婦だ。
私の両親を介して知り合った私の親戚同士で旅行に行くのだ。
直接彼らに血のつながりはない。

でもそこに私が入ることによって
二組の夫婦の関係がつながる。。。
彼らには私という共通の姪っ子がいる。

結婚して子どもができて、そこでできる系図の網。
赤の他人同士をつなぐ網の、私は結び目。

お墓参りの後、父の兄夫婦を母の兄夫婦の家に連れて行った。
二人の伯父は年頃も近いので話も弾んでいる。
そんな二人の伯父の顔を交互にながめた。。。

父はいなくとも、
母はいなくとも、
こうして広がる網の目に
私はとても
とても
守られている。

なんだかそんな風に感じた。

そう思うと
胸の中がとても
とても
あったかくなった。。。

おじさん、おばさん。。。
お父さんの分も、お母さんの分も
どうぞ
長生きしてください。

気をつけて、旅行、楽しんできてね。
21 : 28 : 10 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
頑張らない作戦 その1
2005 / 09 / 24 ( Sat )
お惣菜くらい、平気で買えないとね。

「忙しい」を言い訳に、夕食はいつもお惣菜を並べていた母。
文句を言えば食事にありつけなくなるので、母に反抗もできず、
しかし心の中では『私がお母さんになったらこんな食卓にはしないぞ』、と
お惣菜を買うことに少なからず後ろめたさを感じていた。
まして私は専業主婦。。。

けれど、どんな手抜きをしたって一通りご飯を作れば最低でも30分は下らない。
この足で作れる料理には限界がある。(作るのは手だけど…( ̄m ̄*))

これからはお世話になります。。。
意識を変えます。
お金はかかってしまうけど、時間と労力を買わせていただきます。。。

00 : 25 : 00 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
本日、診察日 〓9月〓
2005 / 09 / 22 ( Thu )
「そろそろ痛みが強くなってくる季節だけど。どう?具合は。」

聞かれても、よい返事はできなくなってきた。
着実に少しずつ悪くなっている。

ますます自転車が乗りにくくなっていて、
手を使って足をペダルに乗せてからでないとこぎ出せないこと、
椅子にすわっているだけでもつらいこと、
それでもまだ座薬は辛うじて効いている感じがあること。
夜寝返りが辛いこと。
寝る時足がなかなか伸びないこと。
常に右ひざが内側に入っていること。。。。。

「まだ頑張れる?」
「頑張るしかないです。」

ここ数ヶ月お決まりになってしまった問答。
そう、私は頑張るしかない。

ボルタレン座薬が効くならば、必要なら使っていこう、と
ここ一年なるべく使わずにいたが、もう残りが無いので処方してもらい、
痛みが広い範囲に感じる時のために、塗り薬(ボルタレンゲル)も出してもらった。

ここまできたら、使えるものは使って乗り越えよう、と
気持ちも切り替えることにする。

今飲んでいる薬も、始めの頃はとても効いている気がしたが、
今はあまり効き目を感じない。
でも飲み忘れると痛みが増すのはわかる。

じっとしていられない性分を少し休ませて
“頑張らない”ということに取り組むことを頑張ろう。



ところで。。。
先生、やっぱり、おひげ、あったほうが良いと思うよ。(笑)
21 : 33 : 03 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ノッてます!!
2005 / 09 / 21 ( Wed )
はぁ。。。(^。^;)
どうしていつもこうなんでしょ。。。
やりはじめると、とことん。
今日は夫が休みだったというのに、どうも夫と買い物に行くより
一人で行ったほうが、こういうことは片付くんだなぁ。

昨日大雨で買えなかった寄せ植え用の草花を
買いに行かずにはいられなかった(笑)。
そして一気に植え替え。

買ってきたらすぐにでもやらないと気がすまない。
買いに行っただけで疲れて足がパンパンなのに。。。

重いんだから、指図してやらせればいいのに、
自分でやらないと気がすまないんだな、これが。

だいたい年に3回のこの作業。
お正月前、家庭訪問前、夏休み後。(笑)

これにて秋の植え替え、終了~!



16 : 58 : 30 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
不得手
2005 / 09 / 20 ( Tue )
私にはどうも花を育てるセンスがないようだ。

花は好き。
でもすぐ枯らしてしまう。
一番もらいたくないプレゼントは鉢植えかな(爆)。

部屋に鉢植えがあると、『枯らしてはいけない』という強迫観念にせまられてしまい、
水をやりすぎたり、やりなさすぎたり…と、タイミングがさっぱりわからないのだ。

前の家に引っ越した時に、義父にとてもきれいな胡蝶蘭の鉢植えをもらったが、
危機一髪のところで義父に返し救われた。
今も義父のところで花を咲かせている。
(義父は盆栽や家庭菜園が趣味)
結婚した当初、母から“縁起物だから”と「万年青(おもと)」をもらったが、もちろん。。。。。。

サボテンなら、と思ってなんどか買ったがそれもダメ。
前の家の時は庭にバラを植えて、始めのうちはよかったが、どんどん大きくなると、
トゲは痛いし、枝は太いし、すごい状態で次の住人に任せてきた。
そこの庭には芝もあった。
だが子どもも小さかったので薬品を使って雑草がはえるのを阻止することに
抵抗があったため(言い訳です、ハイ)、それに長時間しゃがむことが苦手だったので、
必然的に草ぼうぼう。

だから、もっぱらプランターに季節の一年草を植えてたのしむだけになってきた。
この家には駐車場はあるが土の庭は設けなかった。

でも、花をかざることは嫌いではない。
一応OL時代、いけばなは古流を少々、
その後フラワーアレンジメントも2年ほどならったこともある。
切花なら絶対に枯れるし、それは私のせいではないので気は楽だ。
ただ、続けて飾るにはお金はかかる。

だから、フラワーアレンジメントは枯れる心配のない(最初から枯れている?)
ドライフラワーを習った(笑)。
ここに引っ越してくる前には作品がいくつもあったのだが、
よく見るとホコリと猫の毛だらけだし、ところどころ虫に喰われていたりしたので
思い切ってすべて捨ててしまったのだ。
『引っ越したら、また新しいのを作ろう!』と。

しかし引越し後は花をかざろうなどという気持ちのゆとりはなかった。
母はボケたことを言うし、足はいたいし。。。。

ところが、その母もなくなり、母の趣味を考慮する必要もなくなったし、
足は相変わらずいたいけど、気持ちの上では少し余裕がでてきたのかな。

それにお盆だ、お彼岸だ、と人が来ることも多いので
母がいなくなったら家が汚くなったとは言われたくはない。

またこの週末、父方の親戚が来る。
せめて玄関と仏壇ぐらいは花を飾らないとね。

と、いうことで、ドライフラワーのリースでも、と思って花屋さんに行ったが、
ドライだと、また猫の毛だらけで作り直さなくてはならなくなるし、
細かい花は猫が食べてしまうし、今回はシルクフラワーにしてみた。

“造花”とあなどれないね、今の造花は。
花の種類も豊富で、一昔前みたいに、バラだの蘭だの、
ゴージャスな花ばかりではなく、とてもナチュラルな造作の細かいものもたくさんある。

今回はパッと目についたアネモネを中心に(あとは知らない)選んでみた。
お店のセンスのよさそうなお姉さんに私の選択を見てもらったら
「優しい感じで、いい組み合わせだと思いますよ(∩_∩)」と言ってもらえたので、
秋だというのに春の花を選んじゃうところが私っぽくて良いかな、と決めてきた。

あとは玄関前の植木鉢ふた鉢分の寄せ植え用の花を選ぼうと思っていたら、
外はバケツをひっくり返したような雨。
花物は室内に運ばれ、葉物は雨の中、外の売り場にあり、
外と中を傘をさして行き来するのは大変なので、
またこの次にすることにした。

とりあえず、一ヶ所飾れたので今日のところはひとまず満足。


20050920153449.jpg

20050920153528.jpg

15 : 50 : 25 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
満月の夜に
2005 / 09 / 19 ( Mon )
遠く遠くこの星が生まれたはるか昔から
当たり前のように
月は満ち欠けを繰り返し
この星を見ている

ここに立つ私
それは月にとって
砂漠の砂の一粒にも満たないほどの
小さな小さな存在

月はめぐり、
あれから一年が過ぎた

思い知らされた「当たり前」の難しさ
前に進むことの苦しみ
振り返ることのむなしさ

小さな小さな砂粒が秘めた
それはさらに小さな嘆き

知ってか知らずか
ただひたすらこの星はまわり続ける

季節をまた一巡りする頃
私は“自然”に逆らい
この星の上で
ぐるぐると回りながら培われ栄えた人の英知に
救われているのだろう

月が満ち
陽は傾き
やがて木々は葉を落とし始める

夏にあおく茂らせたその葉を落とすのは
枯れていくのではなく
春を待ち、花を咲かせ、実を結ぶための仕度

あせらずに
たゆまずに
その時を待っている

自然に見習い
私もまたその一部になればよい
01 : 32 : 38 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
悲しいくらいに
2005 / 09 / 14 ( Wed )
どんなに足が痛くとも
どんなに辛いことがあったとしても
食欲が無くなるなんてことはまずないし
眠れなくなるなんてこともない。

正しく言えば
食べたくない時もあるけれど、
そんな時には
『痩せるチャンス!』と、嬉しくなるし
眠れぬ夜も
『自分一人の時間が増えた』
と、わくわくしながら朝日を迎える。

悲しいくらいにプラス思考。
わたしは、そういう風にできている。
心が丈夫に出来ている。
悲しいくらい。。。丈夫にね。

時に悲劇のヒロインになって
やつれる自分を空想しても
お腹がぐぅと鳴ったとたんに
舞台の幕は閉じられて
まぶたの腫れた不細工な顔が
自分じゃないと思いたくなり
泣く事だってやめられる。

やまない雨がないように
明けない夜がないように
ブルーな私は三日ともたない。

明日の私は笑顔で私を待っている。
だから私は大丈夫。
私はきっと大丈夫。


--------------------
※特に何事かがあったわけでも、今日はとりたてて痛いわけでもありません。
いつも自分が辛いときに心の中で自分に言い聞かせていることを文字にしてみました。
16 : 45 : 34 | 思い | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
うらない
2005 / 09 / 12 ( Mon )
「今日の占い、カウントダウ~ン!」
毎朝見ている朝の情報番組の、今日の運勢は最下位だった(笑)。
ラッキーアイテムは“チンゲンサイの炒め物”。
よし、そのメニューは今晩のおかずに採用しましょ!
夜になってから食べたってもう一日が終わっちゃって何の効果もないだろうけど。
晩ご飯の献立考えずに済んじゃった(笑)。

占いは都合の良い部分だけ信じることにしている。
悪いことが当たった時は運勢のせいにしちゃうんだ(笑)。
私にとって占いはそんな程度のもの。
占いでこうすると良いと言ったことをそのまま実行するなんてことはまずないなぁ…。
(…って、しようとしてるじゃん?今晩。。。(o_ _)ノ彡☆)

いろんな占いがあるけど、納得できることは信用したりもするけどね。

たとえば季節はずれのものを部屋に出しっぱなしにすると運気が下がる、
なんて風水の教えは納得できるよ。
だらけて片付け物をしないでホコリを積もらせてたんじゃ
健康にもいいわけないし、人様に見られたら恥ずかしいし…。
精神衛生上よくないことをして良いことが起こるとは思えないからね。

だけど、Dr.○パさんの言うことをそのまま実行していたら、
家中とんでもない趣味になっちゃうよ、ねぇ(爆)。

でもね。。。

心にスキができている時に占いがあたっていると、
すがりたくなっちゃう気持ちもわからないではないかなぁ。

占いに頼る人って、きっと何かのせいにしたいんだろうな。
名前が悪い、方角が悪い、あれのせい、これのせい・・・。

私の母は今の家にくる前の家に引っ越したとき
「最高の日に最高の方角に引っ越した!」と言ってたのに、父は寝たきりになって長い闘病をするし、結局はこちらに戻ってきたし。
占いなんてまったくあてにならないってことを証明してくれちゃった。

去年ここに引っ越してきたのは夫の本厄の年だったなんて後から気付いたお気楽な私たち。(笑)
まぁ確かに去年は大変なことがいろいろ起こったけど。
それは厄年じゃなくても起こったことなんだよね、多分。
シアワセか、不幸せか、なんてことはいつでも心の持ちようなんだと思っているし、
占いは、やり場の無い気持ちをぶつける相手になってくれてるんだと思ってる。

ところで、私と次女の占いの分類が、同じことが多いの。
生まれ年こそ違うけど…

 O型、おとめ座、動物占いは“ぞう”、占いモンキーでは“ブラウンモンキー”、
おまけにハム太郎占いでは“こうし君”(爆)

やっぱり似たもの親子なのかなぁ(笑)。

---
ブログに“占いモンキー”付けました。
冷やかし程度に遊んでください (∩_∩)b~♪

ちなみに、私はブラウンモンキー。
“あれこれ考えたりつべこべ言うよりもまず実行に移す不言実行タイプ。人からゴチャゴチャ言われるのは大の苦手ですが、それ以前に人の話をあまり聞いてません。”
 ↑
このへんは大当たりです。ププッ ( ̄m ̄*)
11 : 50 : 32 | 思い | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
オヒトリサマ
2005 / 09 / 09 ( Fri )
今日はスーパー銭湯へ行ってきた。
ここへもたまにコメントをくれる“いっくん”と行こうと、
一昨日チャットでそんな話になってたのだが、
いっくんちの次女ちゃんの急なお熱で一緒に行かれなくなった。
だから一人で行っちゃった。

スーパー銭湯へ一人で行く女って。。。どう?(爆)

実は私もいっくんも、“おひとりさま”でも大丈夫なんだ。
もちろん二人で行けばおしゃべりも楽しいけれど、
一人は一人でまた楽しいんだな、これが。

お互いそんな性格なので、『私のためにいけなくてごめんね』…なんてのはないんだな。

私もいっくんも派遣OLをしていた時代があったから、
派遣先にもよるけれど、一人でいろんな会社に飛び込んでは仕事をし、
お昼は一人とか、初対面の人とランチなんてことは当たり前。
ラーメン屋さんだって、定食屋さんだって、一人で入ったよ。
でも唯一、牛丼屋さんは苦手かな。
あと、お酒が飲めないから飲み屋系は無理だけどね。

一人旅とかもしてみたいなぁ。。。
一人旅なんて寂しそう、ってイメージを持っている人もいるでしょうけど、
案外そうでもないんだよね、きっと。

最近はケータイのお陰で一人でも間が持つんだよね、十分。
メールの整理をしてみたり、ブログを更新してみたり、ゲームをしてみたり、
ますます“お一人様”がしやすくなってきたかな。
最近は出歩いてもすぐに足が疲れちゃうから、よく一人でコーヒーブレイクするけれど、
そんな時は、お一人様慣れしていて良かったってつくずく思うんだな。
21 : 07 : 03 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ゆうやけ
2005 / 09 / 08 ( Thu )
夕方近所のドラッグストアに買い物に行ったんだ。
店を出たとき、空は実に見事な夕焼け空だった。

西の空は赤く染まり、その赤の少し左側には
三日月が出番を待っているかのように
うっすらと、ぽっかりと、肩に一番星を乗せて浮かんでたんだ。

なんだかあんまりきれいな色だから
思わず携帯を取り出してカメラを向けたけど
撮れた写真は実物とは程遠かったから
がっくりしてすぐに消しちゃった。

きれいな空に出会ったとき、
誰かと一緒に見たくなって
電話なんかしたとしても
きっとこの色、この空は
電話してる間に消えちゃうだろうから
それは止めにしておいた。

周りは家路を急ぐ人ばかり。
空の美しさに気付かないのか、何も思わないのか
誰も空なんか見てなくて
一人住宅街で空を見上げる四十女なんて
端から見たら滑稽に思われるかも知れないけれど。

なんだか周りの誰よりも、
私は徳をしているような、
優越感に似た嬉しさが湧き出して
止まらなかったんだ。

甚大な被害をもたらした台風14号。
災害に遭われた方もこの夕焼けを
愕然とながめているかもしれないね。
この美しい夕焼け空は自然からの、
被災者へのお詫びのつもりなのかしら。

青い空と赤い空とが深い紺色になるまで
振り返り振り返り
西の空を
足の痛みも忘れて
眺めてたんだ…。
01 : 47 : 32 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
童心に帰ろう
2005 / 09 / 04 ( Sun )
カタカタカタカタ・・・
しっぽを振って懸命に泳ぐぜんまいのお風呂のおもちゃ。
何年ぶりだろう、我が家のおふろにおもちゃの魚が浮くのは。。。

長女の友達が遊びに来るというので、長女と二人でお菓子を買いに行ったドラッグストアで
手にとってみたら思わず欲しくなってしまった食玩。
食品売り場で売っているのに、ガムとオモチャのどっちがオマケだかわからない商品。

娘たちが小さいときにはいろいろ買ったなぁ。
アクセサリー入りの、アニメのキャラクターグッズ入りのもの、
ハンバーガーのお子様セット・・・などなど。
子どものため、なんてかこつけて結構自分も楽しんでいたりした。

さすがに下の子が高学年になった今、去年引越しのために処分をしたりしたので
我が家にあるおもちゃといえば、携帯ゲーム機と、ジェ○ガ、トランプ、
次女の部屋に飾られたシルバ○アのおうち、ぐらい。
もうおもちゃで遊ぶなんてことはほとんどない。
娘たちの興味の矛先は、すっかり大人の世界に向いてきている。

続きを読む
11 : 01 : 57 | 思い | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
よそ様の台所
2005 / 09 / 02 ( Fri )
おともだちの・。さんから「調味料バトン」が回ってきました。

みんなのおうちではどんな調味料をかけているんでしょう、
よそ様の日常が覗けておもしろいので、
さっそく調味料バトンむぅん家編、お届けします♪

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません 
   “薬味は含みません”っていうけど、書いちゃおぅっと。(笑)

目玉焼き
   基本はしょう油。気分でソース。たま~に塩&コショウ
納 豆
   近頃納豆はみんなタレがついてるでしょ。そのままタレ。ない時は醤油+からし。
   薬味はねぎ。かつおぶし、マヨネーズも入れたりするけど…変?
冷 奴
   基本は醤油! たまにノンオイル青じそドレッシング
   醤油は九州地方のお醤油屋さんから甘口のものをネットで取り寄せています。
   豆腐や厚揚げに合うんです。
   ねぎ、おろししょうが、かつおぶしを乗せます。
餃 子
   定番の“醤油+酢+ラー油” もしくはラー油の代わりに豆板醤。。。
カレーライス
   ・。さん同様、何もかけません。みなさんかけるの?
   辛味が足りないときガラムマサラ、かな。
   福神漬けは欠かせませんね。
   半熟の目玉焼きを乗せたりはします。
ナポリタン
   粉チーズ。たまにタバスコ。
ピ ザ
   タバスコ。 アンチョビソース。 
生キャベツ
   トンカツのキャベツならソース、その他付け合わせならお醤油+マヨ、
   サラダならcoopの野菜たっぷりドレッシング。
トマト
   熟したトマトなら冷やして何もかけない。
   たまに塩またはマヨネーズ。イタリアンドレッシング。
サラダ
   気分次第で色んなドレッシング。
   作りすぎたポテトサラダを翌日食べる時は醤油系ドレッシングをプラス。
カキフライ
   ソースまたはタルタルソース。
メンチカツ・コロッケ
   揚げたては何も付けない。醤油またはソース。
天ぷら
   天つゆ、抹茶塩
とんかつ
   ソース&からし
ご飯
   お赤飯にごま塩はわかるけど、白いご飯には基本的にかけない。
   先日ついファミレスのレジ前にあった“うめゴマ”を買ってしまったのでたまに。       
        
【Q2】周囲に意外だと驚かれる好きな組み合わせはありますか? 
   上にも書いたけど、納豆にマヨネーズ。
   調味料じゃないけど、キムチとチーズ。
   あんことマーガリン。
   プレーンヨーグルトに黒豆。
   いちごジャムとピーナツバター両方塗ったサンドイッチ。
       
【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
   基本的に好き嫌いはないので、一般的なものに苦手はないです。

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?

   こちらにリンクを貼らせていただいている
    yukiさん、おぱーるさん、appleciderさん、SORAさん、ぴあのんさん

 もしよかったらネタにしてみてくださ~い! (∩_∩)♪
         
11 : 02 : 49 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。