スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ボランティア精神を考える
2005 / 07 / 30 ( Sat )
先日こんなことがあった。

私が自転車で家の車庫を出ようとしたとき、二十代ぐらいの二人の女性に呼び止められた。

身体障害者の施設の方が袋詰めをしたフキンをセットにしたものを買って頂きたい。
その資金を障害者福祉に役立てたい…と。

ボランティア精神、大いに結構なこと。
だけど、ちょっと待って!!
私は私の考えを話した。

続きを読む
スポンサーサイト
17 : 14 : 32 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
美しい友
2005 / 07 / 28 ( Thu )
「むぅ~ん!」
外出先で私を呼び捨てにするのは、誰?

今も同じ市内に住む高校時代のクラスメイトが
こちらに向かって小走りで近寄ってきた。
モデルさんのような顔立ちとスタイルの
私のあこがれの容姿を持つ彼女。

自分が美人であることを
少しもハナにかけていない
素直で明るい気さくな人だ。

彼女と一緒に居る時の私は、
実はいつも引け目を感じてしまってるんだ…。

でもオドオドした自分を想像すると
それはかなりカッコ悪い

彼女の友達として
釣り合いがとれるように
彼女に少しでも近づけるように
キレイになる努力を惜しんではいけないなと
彼女に会うたびに
普段のだらけた生活を
見直そうと
その日ばかりは思うんだ…。

彼女が私の杖を見て
「どうしたの?」と心配してくれた。
前にばったり会った時は
(そう、彼女に会うのはいつもバッタリ。)
持ってなかったものだから…

事情を説明したけど
杖のことをカッコ悪いと思う自分がそこにいたなら
もっと惨めな気持ちだったんだと思う。

でも杖は今や私の体の一部。
だから
杖ごとの私が
もっとスッキリと
スマートに

杖を持つ姿が
カッコ良く見えるように
背筋は伸ばして
気持ちも伸ばして
歩いていたい、と思うんだ。
21 : 19 : 55 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
三泊四日
2005 / 07 / 28 ( Thu )
次女が夫の実家へお泊りに行った。
有給休暇を取っていた夫が送って行った。
実家までは片道車で2時間ほど。

実家へ行くのはお正月以来。
お正月に遊びに行って、自宅に帰った翌日に私の母が倒れ
その後、葬儀だの法要だの、長女の部活だの様々な試験だの、
なんだかんだ…ですっかりご無沙汰した。

待ちくたびれて夏休み前から「いつ来る?」の催促しきり。(笑)

あ゛~。次女よ、お婆ちゃんを困らせないでおくれ…
近頃のあなたのダダのこねようは、
なかなかどうして、なだめるのにはテクニックを要する。

三泊四日で日曜日に帰宅予定。
行ってしまえばもっとせいせいするかと思っていた…。
手がかかる子どもはカワイイってのは、本当なんだな、と実感。
なんだかちょっと、物足りない気分。

明日、仕事のある夫は次女を置いてとんぼ返りの予定。
長女と二人きりになるのは久しぶり。
いつも次女とベッタリなので、今夜は長女と。 (ё_ё)うふっ。
さて、とりあえずご飯食べに行っちゃおう!
19 : 06 : 27 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
カッコ悪い
2005 / 07 / 26 ( Tue )
激しい雨が降ると思い出す。。。
高校時代、自転車通学をしていた時のこと。

見た目を気にするお年頃、友達はみんな雨合羽を着ることが“カッコ悪い”
と片手運転で傘さして、ビショビショになって
「気持ち悪~い」と言いながら、伸びてしまったスカートの
プリーツを整えていたりした。

私は濡れたままのスカートをはいていなくてはならないほうが
余程気持ちの悪いことなので、合羽を着て、雨靴を履いて
履き替えの靴下と、更に帰りに晴れた場合を想定して靴も持って出かけた。

雨合羽がカッコ悪い?
まあね。わからないでもないけどさ…。
でも頭まですっぽりフードを被って顔が見えるわけでもないじゃない?
ちょっと暑いけど脱いだ後はどこも濡れていない。
ちょっと荷物になるけれど、自転車だもん、合羽の一着、靴の一足ぐらい重くない。

「いやぁ~、もぅ、びしょびしょ~」

ブリッコ全盛期の当時、セイコちゃんカットのクラスメイトを
サラサラの制服のままの私は心の中で嘲笑っていたな…。

それは価値観の違い。
どちらがカッコ悪いか…。

杖や車椅子だって同じ事。
痛いのをガマンして杖がカッコ悪いだなんて、ナンセンス。
だから、杖をつくこと、車椅子に乗ることも
少しもカッコ悪いとは思わない。

むしろ、カッコ良い。潔いと思うんだ。

17 : 58 : 05 | 思い | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
ホワイトバンド
2005 / 07 / 22 ( Fri )
そういえば。。。

今日、病院で先生が腕にホワイトバンドをしているのが目に付いた。
朝のテレビの情報番組でオグラさんがPRしていたっけ。
その時はよく聞いていなかったので、それの意味することは知らなかった。
ネットで調べてみた。。。
  ↓↓↓
 ほっとけない 世界のまずしさ 

世界では今、3秒に一人の子どもが死んでいるのだと…
続きを読む
00 : 56 : 44 | 思い | コメント(5) | page top↑
本日、診察日 〓7月〓
2005 / 07 / 21 ( Thu )
病院へ行ってきた。

病院の待合室(いや、診察室前の廊下)で診察を待つ時、
私はなるべく診察室のドアの正面に座るようにしている。

それは何故か…

診察室のドアを開けるとカーテンがかかっていて、
呼ばれると看護師さんがそのカーテンをめくる。
すると廊下から先生の座る席が見える。
もちろん逆に先生からもドアの正面の席に座る数名だけが見える。
もしそのポジションに座らないでいると、先生に私が立ち上がる姿を
見てもらうことができないから。

いつも先生は患者が診察室に入るところから見ていてくれる。
よくいるでしょ? 患者の顔も見ないお医者さん。。。
特に整形外科なら、患部が足なら、歩き方を見るのも診察のうちなんだと思うんだけど。

私は座っている時間が長いほど立ち上がるのに時間がかかる。
だから病院で待たされていると呼び出されてもすぐには立ち上がれなくなる。
今日も先生はしっかり見ていてくれた。
「う~ん、立ち上がりに時間がかかるようになったね…」って。
続きを読む
14 : 43 : 30 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
盆踊り
2005 / 07 / 21 ( Thu )
我が家のパソコンコーナーがある2階のリビングの窓から
外を見下ろすと、すぐそこには児童公園が見える。

その公園に今日、盆踊り大会のためのやぐらが組まれた。

私の家の前の道が自治会の境界線なので
盆踊りもラジオ体操も、すぐ目の前なのにその公園での行事には参加していない。(笑)

今年は小学校の役員なので、私は少し先の別の公園で開かれる盆踊り大会で、
ゲームに参加した子どもたちへの景品を配る係になっている。
続きを読む
00 : 00 : 50 | 思い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
孝行娘
2005 / 07 / 16 ( Sat )
夕べ夫は飲み会だったので、たまには娘二人と外食しようと
夕方から女三人ででかけてみた。

目的地は外資系大型ショッピングセンター。
そろそろオシャレにも目覚め始めた娘たちとのおでかけには
ずいぶんと脚力が必要になる。
ましてそこは店員の男の子がスケートを履いてまわるほど広い店。

とても私には歩いてまわりきれないので、食事を済ませてからの後半戦には
受付に行って車椅子を借りてきた。

フレームがキラキラなブルーに塗られたきれいな車椅子。
娘たちは「私が押す~!」と頼まなくても私の後ろについてくれるのだが、
そこは近所のスーパーとは違い、珍しいものもたくさんおいてあるので娘たちの目は
あちこちに奪われ、私の介助にはならない(笑)。
気持ちはとっても嬉しいけれど、何度私が手でホイールを掴みブレーキをかけたか…(笑)

自分で動かしたほうが融通がきくので仕舞いには自力で動かすことになった。

でもママは嬉しかったよ。
車椅子を自ら進んで押してくれたこと。
当たり前のように、荷物を持ってくれること。

楽しかったね、また三人ででかけようね。
13 : 56 : 07 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ルルに見習え
2005 / 07 / 14 ( Thu )
『家族の中で自分の存在意義が薄れてきたら手術を受ける時期です』
といわれ、私は手術を受ける時期だなあと思いました。

…と yukiさん もブログで書かれていましたが。
近頃の私も同じように感じています。

ただ…
私の存在価値は、私が判断するものではないのかもしれない、
とは思います。

家族がこんな私でも、私がここにいる意味を感じてくれていれば
それでいいのかもしれない…と。
もちろん、自分自身は満たされないことばかりなのですが…。

  * * *

ruru

ルル・・・我が家のペットのおばあちゃん猫。御年17才。

毎日ただひたすら寝ています(笑)。
芸はしません。
愛想悪いです(人見知りで誰か来るとすぐ隠れます)
ご飯の好き嫌いが非常に激しいです。

そんなルルの存在価値。。。なんて、そう言えば考えたこともありません。
ルルは何のためにいるのか…それは家族だから。

それだけ。

私がどんなに役に立たなくても
家族みんなにルルのように愛されていれば、それでいいんじゃないかな…って
近頃そう思うようにしています。

私も大した芸はないけれど、
ルル同様、お昼寝大好きだけど、
好き嫌いはしないし
愛想は良いし、
ルルばあちゃんのように愛されてるなら、それもまた良し、としますか。(笑)

 でも、つぶらなオメメはルルに負けてるかも(笑)。
13 : 23 : 01 | 思い | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
お~っと、アブナイ!
2005 / 07 / 13 ( Wed )
「ご飯食べ終わったらお風呂に行っちゃってよ!」

次女にそう言ったもののシャンプーを切らしていたことに気が付いた。
家からほんの150mほどのところにドラッグストアがあるので、
夕食を食べさせている間に私が買い物にでかけた。

近いけどついついそこへ行くといろいろ買いたくなるし
帰りは足が辛くなるのでいつも行く時は自転車だ。
今日もスポーツドリンクや牛乳、救急絆創膏、ゴミ袋などなど
自転車のカゴがいっぱいになるくらいの買い物をした。

自転車には乗ってしまえば問題がないが、乗り降りする時に痛みが出る。
ドラッグストアに向かう時、家を出て5m程で角を曲がり
曲がるとそこは短く急な下り坂なので、
こがなくても前進できているうちに股関節を曲げ、惰性で進んでいるうちに体勢を整えられる。
が、帰りはそうもいかない。
行きよりも短い時間で体勢を整えないと自転車が倒れてしまうから。

近頃関節を曲げることに時間がかかるようになってきているので
周りを見ながら人や車に気をつけるようにはしているが、
とうとう、今日はカゴの重みにハンドルを取られ右に傾いてしまい、
悪いほうの右足ではささえきれず、倒れてしまった。

私自身は転ぶことはなかったのは良かった。
でも恐かったぁ。。。。
体が自転車の下にならないように右に飛びのいて(気持ちだけは…ね)
自転車だけを倒した。

カゴの中身をぶちまけてしまったが
体は無事だった。

でもなぁ…
ちょっと自転車も恐くなっちゃった。。。
150mの為に車を出すのもなぁ。。。
乗らないと乗れなくなりそうだしなぁ。。。 ぶつぶつぶつ。。。。



とりあえず、サドルの高さを下げて様子をみよう。
こぐのを楽にしようとして、ギリギリまでサドルを高くしているから
止まった時に不安定なんだよね。。。うん。 
21 : 51 : 53 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
不愉快
2005 / 07 / 13 ( Wed )
最近、いわゆるエログサイトの人が
コメント欄にURL付きでアクセスしてくることが多くなり
大変不愉快な思いでおります。

一応IP拒否などをかけてはみるものの
一日に何度かコメントが入り、
新しいコメントをもらえたと思って喜んで開くと…

   ∑(゚ロ゚*)!

イタチごっこ状態です。

fc2はテンプレートも多いし、容量も多いし
使いやすいので気に入ってたのですが、
あからさまにアダルトOKとうたっているので
その手の輩も多いのかもしれません…。

新しいお仲間かと思ってコメントを開いてみて
不愉快な思いをさせてしまうこともあるかもしれませんが
気付いたら即刻削除しております。

大人な皆様のこと、どうぞスルーしてやって下さいまし…m(__)m
02 : 40 : 11 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
うわぁお!
2005 / 07 / 12 ( Tue )
久々にプールに行って来た。
今日火曜は高齢者&身障者の日。
おじいちゃん、おばあちゃんがいっぱい。

そこで、久しぶりに見たぞ! 古式泳法!!

横を向いて片手を伸ばして反対の手でかいて泳ぐあれ…

私が子どもの頃はよく見たけど、
もの凄く懐かしいものを見せてもらった感じ。(笑)
今の子どもたちは見たことないんだろうなぁ…。
17 : 42 : 47 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
かわいそう
2005 / 07 / 11 ( Mon )
叔父夫婦が家に来た。
母の弟夫婦。

私が幼い頃、彼らの家族と私の家族は、一つ屋根の下の1階と2階とで
同居していたし、今も車で20分ほどの所に住んでいるので
私たちのことをとても気にかけてくれて、家にもよく来てくれる。

同居していたのは私が2歳の頃から10歳になるまで、
いわゆる私が“一番かわいい時”を見ていたので
叔父は今でも自分の娘のように可愛がってくれる。

ただ・・・・
叔父は私の足を不憫に思ってか、話の中で私に対し「かわいそう」という言葉をよく使う。

カワイソウ。。。。。。

これを言われると、正直、ヘコむ。

「おじちゃん、私はかわいそうなんかじゃないよ、
杖持って歩いてるとお店の店員さんなんか、とっても優しくしてくれるし、
車も乗れるし自転車も乗れる。都合が悪いと足のせいにしちゃったりしてサ…」

明るく応えると、尚更それが不憫に思われるらしい…。
かわいそう、ってなんなんだろうか…。
何を基準にかわいそうと言うんだろうか…。

私にとってこの痛い足は普通のこと。
かわいそう、と言われると、とたんに自分がかわいそうな人に思えてくる。
それは私が普段、無理をしている証拠なんだろうか?

カワイソウなんて言わないで。
私は、人よりちょっと足が痛いだけ。
00 : 32 : 05 | 思い | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
強い味方
2005 / 07 / 09 ( Sat )
あぶ先生、すごく、すごくあなたの思いが嬉しいです…

私のブログをこっそりと読みながら
病院へ行こうかどうしようか迷っている人がいるならば
是非読んでいただきたいと思い、

 「しんぞぉのおんな」 外来心得

に、患者側の気持ちをトラックバックさせていただきます。

----------------

続きを読む
03 : 37 : 52 | 思い | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
デビュー♪
2005 / 07 / 06 ( Wed )
車椅子デビューしてきた v(∩_∩)

昨日の夕方、SATYにちょっと目をつけておいたものがあり、
ついでに食材の買い物もあったので、でかけてきた。
大型スーパーを2フロア巡るのはつらいので、
3階の生活雑貨売り場の方は車椅子で廻ってみることにした。

車椅子が古いせいか、とても進むのに力が要った。
  (私が重いのか…?)
二の腕が疲れた。
  (二の腕のシェイプアップには良い…?)

そして今日は大型ホームセンターの手芸用品売り場へ行った。
ここは去年の秋にできたばかりなので、車椅子も新しく昨日よりずいぶん楽に廻れた。
  (やっぱり車椅子のせいだわ…(爆))

思ったより世間は優しい。
エレベーターではドアが閉まってしまわないように
一緒に乗った方がボタンを押していてくれたり、
みんな車椅子をよけてくれるし
店員さんは視線を下げて話してくれる。

ちっとも“お気の毒”的な視線は感じなかったし
少しも恥ずかしさなんてない。
むしろ、自動車型のカートに乗せてもらったおチビちゃんと
同じ気分かもしれないなぁ。

でも…
食品売り場はカートに寄りかかって歩いて廻った。
やっぱり痛みさえなければ車椅子より自分の足で歩けるほうが
ずっといいな、って改めて感じた。

車椅子は、たまに乗るから、ホントは歩けるから、だから楽しいと思えるのかもしれないね…。

そうそう、昨日SATYで買い物を終え、車に乗り込んだ時、目の前を
とてもスタイルの良い若い女性が颯爽と歩いていて、
『あ~、カッコイイなぁ…私もあんなふうに歩きたい!』と思って目で追ったら、
身障者用の駐車スペースおいてあった車に乗り込んだ…。
あ~、残念!! 心も美しくなっておくれ~
16 : 51 : 12 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
しりもち (^m^ )クスッ
2005 / 07 / 04 ( Mon )
埼玉のおみやげに「四里餅(しりもち)」というお餅をもらった。

その昔、名栗川の四里の急流を、木材を載せたイカダを竿一本で操る筏師たちが、
川のそばの茶店の餅を食べると、尻餅をつかずに乗り越えられると評判になったという
いわれのあるお餅だそうだ。

あんこが入った、ごくシンプルなお餅だけど、しつこくなくてとても美味しかった。(∩_∩)

わたしも転ばないように…と願いながら食べました。
みなさんも、転んでシリモチをつきませんように…。
画像だけでスミマセン…(笑)。

20050704165755.jpg

16 : 59 : 13 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
車椅子デビュー…?
2005 / 07 / 04 ( Mon )
納戸にしまってあった父の車椅子をひっぱり出した。

いつも食事の後はダイニングテーブルの椅子で、
しばらく洗濯機が止まるのを待っていたり、くつろいだりしている私。
その椅子をやめて、代わりに車椅子を使ったら、冷蔵庫からの忘れ物を取る時や、
電話に出るときなど立ち上がらなくて済むので楽ではないか、と思った。

去年の夏、関節鏡手術を受けた時は、尿管が取れた後は自力で松葉杖を使って立てたので、
車椅子のお世話にはならなかったし、父の座る車椅子を押したことはあっても、
自分で乗ったことは無かったのだ。

最初は思っていたより自分で“運転”するのは難しいと思ったがすぐに慣れた。
この家を建てる時に、メーターモジュールにしなかったのはちょっと悔やまれるが(笑)、
なんとか狭いが廊下も通れる。

この頃、足が痛いと嘆いてばかりでのんびり買い物にも行けていなかったが、
クヨクヨしていても仕方が無い!
手始めに大型スーパーの貸し車椅子を借りて、 車椅子デビュー、してみるかな!

でも…
自転車でお店に乗り付けて、車椅子に乗り換える…なんてことをしたら
人にはなかなか理解されないだろうなぁ…(笑)。
16 : 14 : 26 | 今日の体調 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。