スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
人工股関節で行くタイの旅
2011 / 07 / 12 ( Tue )
このブログが放置しっぱなしになるのも、手術から5年が経ち、
すっかり人工股関節が自分の体の一部として馴染んだという証拠かもしれません。

膝も悪いし脚力も少ないし、脚が弱いことは常に実感していることだけど
人工股関節だということを意識することはあまりなくなりました。

今年は結婚25周年ということもあり、今年は年頭に「思い立ったら実行!」と
心に決めていたので、勢いでタイに旅行をすることが決まりました。


なぜタイか、といえば、夫が仕事で訪れることが多く、過去10回以上行っているし
もしかしたら夫の前世はタイ人だったんじゃないかというくらい
タイの気候も食べ物も人々の気質もしっくりくるらしく、
(顔までタイ人に近いようで、タイ人に間違われることもあったくらいです(笑)。)
タイ語まで勉強してそこそこの日常会話に不自由しなくなっているので
そんな夫の大好きなタイというのはどんなところなのか
私も見に行きたかったからです。

アジアの国ではバリアフリー化が進んでいないのではないかという心配はありましたが
頑張れば和式トイレにも入れるようになっていたし、
浅草に行って16000歩も歩けたんだし、
ツアーガイドは夫なので、他人に迷惑をかけることもないだろうし。。。
でもむしろ一般のツアーで行くよりも多分たくさん歩いて
とってもディープなタイを味わってこられたと思っています(笑)。


そういえば。。。
帰国したのは7月11日。
5年前のこの日私は人工股関節の手術を受けていたんですよね。。。






続きを読む
スポンサーサイト
17 : 04 : 27 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんてこったぃ。。。
2006 / 05 / 23 ( Tue )
この春から、これでもかこれでもか、といった具合にバンバンお金が飛んでいく。

2月に夫が入院、
そしてこの春mimiは公立中学へ、kikiは私立高校へ入学
制服、体育着、高校の入学金、学費、等々出費がかさむ。
kikiの研修旅行費用、mimiは勉強が遅れているので補習の塾に通い始め。。。

とにかくこの春一気に100万円以上フッ飛んだ。。。

何に使ったかをいちいち書き出したらきりが無いけど、とにかく近頃お金が無い!


な。。。の。。。に。。。

うちは自立支援医療費(旧更正医療費)の支給対象外らしい。。。
今日、課税証明をとってきてガックリ* ・・(o_ _)o

どうやらウチのダンナはあれでいて結構稼ぎは悪くないらしい。
市民税を年額20万円以上払っていた。。。
いっぱい税金払えていることを喜ぶべきなのか。。。。ビミョー。
なんだかとっても損した気分。

税金いっぱい払ってるんだから、医療費おまけしてよ~ん!



でもホントは一番悪いのはきっと私。
お金がないのは、私のどんぶり勘定のせい。

。。。少し反省。

夜更かしは慎みます。
なるべく買い物の回数を減らします。
“退院後無理しちゃいそうだから長めに入院する”なんて宣言、撤回します!
出られるものならとっとと退院しようと思います。(笑)


あとで高額医療費の返金があるのでしょうけど
人工股関節置換の医療費の3割、仮に払わなくちゃいけないわけでしょ?
いくらだ?
払えるのか~? うちは~。。。
16 : 11 : 37 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
混ぜる、混ぜない。
2006 / 04 / 20 ( Thu )
専業主婦むぅんの一番のお楽しみ。。。それは“奥様ランチ”。

普段のお昼ご飯の定番といえば残り物の片付けやありあわせがほとんど。
たまには外で自分の好きなものを
気の置けない友だちと食べるくらいの贅沢は許されてもいいよね(笑)。

。。。なんて、先週行ったばかりなのにまた昨日も行ってしまい、
実はまた昨日、別の友だちから5月連休明けに会おうと誘いが来ているし、
ぜんぜん“たまには”ではなくなってるんだけどね(笑)。

ランチの機会が増えるのは、“子ども達の給食が始まってから”って時期と
“長い休みに入る前に”って時期。
こうやって主婦同士、鋭気を養っているのです。( ̄▽ ̄)ノ彡☆

続きを読む
09 : 18 : 40 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
だからお友だち。
2006 / 03 / 24 ( Fri )
“学力到達度試験”とやらで昨日は高校へ登校したkiki。
朝はどよーーんとした暗い顔をしていたけど
帰ってきたときにはすっかり冴えた顔をしていた。

その憂鬱の原因は試験ではなく
同じ中学から一緒に進学する友達もなく
知らない人ばかりの中に飛び込むことが
少々引っ込み思案のkikiにはストレスとなっていたのだ。

「高校ってところはみんな選んでそこへ行ってるんだから
 学力も自分に近い人ばかりだし
 いやおうなしに集められた公立中学校とはちがって
 同じようなタイプの人が集まってて楽しいよ!」

。。。なんて励ましたところでkikiにはピンとこなかったようだ。

ところが、そのkikiが帰ってきたら5人と友達になったって
ニコニコ顔で帰宅した。
すでにお互いの呼び名も決まったと(笑)。

***

3歳の頃に公園でkikiが私に言った言葉。。。。
私は目から鱗が落ちたっけ。。。

「ねぇママ、kikiねぇ、あの子とお友だちになったよ。
 だってkikiが笑ったら、あの子も笑ったもん! だからお友だちだよ!」


友だちってそういうものなんだよね。
3歳のkikiにハッとさせられたよ。

だからそれから幼児教室に通っても、学校の役員になっても
その言葉を思い出してはママも人の輪に飛び込む勇気が出せたんだ。

3歳のころのkikiの中には
そんなパワーがあったんだ。
大丈夫、あなたは本来そんな子なのだから。


よかったね、kiki。(∩.∩)♪
これで入学式が楽しみになったね。
08 : 53 : 55 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ありがとう、給食。
2006 / 03 / 13 ( Mon )
私は、“かきたま汁”と“揚げパン”が好きだったかな。。。

小学5年で今住む市内に引っ越す前まで通っていた都内の小学校では
給食は自校式で、スープの冷めぬ距離どころか
フーフーしないと飲めないくらいスープは温かいまま運ばれてきていた。

私たちはどんな風に給食が作られるのかも見ることができたし
食べる児童と作るおばちゃんが直接コミュニケーションを取れたことも
今思えばとてもステキなことだったと思う。

そんな作りたての給食を“まずい”とぬかす言う舌の肥えた(?)お坊ちゃまもいたけれど、
私は給食がまずいと思ったことはない。

(普段から高級なものを食べなれていないし、給食や病院食をまずいと言う人が
 どれだけ料理上手なのかお相伴に預かりたいものだ。(笑))

いや、一時期だけあったかな。
転校先の学校の給食はセンター式だったので、ぬるい給食に慣れるまでの期間は
どうしても前校の給食が懐かしく思えてしまったのだ。

それでも慣れてしまえば何てことはなく、友達と同じものを仲良くワイワイ食べることは
とても楽しかったので、給食がぬるいなんてことはすぐに私にとって小さな問題となった。

今時の給食がどんなだか、小中学生のお子さんをお持ちの方ならご存知だろうが
ご存知ない方は恐らく、かなり昔とは様変わりしていることに感動されることだろう。
メニューも豊かになり、食器も強化磁器製のきれいな物になっていたりする。

昔みたいな先割れスプーンなんてものを使っている学校は多分ない(笑)。
(あの先割れスプーンの影響で親の世代になっても
 箸がまともに使えない人が増えたんじゃないでしょうかねぇ。。。
 箸遣いにはうるさいむぅんちゃんなのです。。。)

ちょうど私が小学校高学年になる頃から米飯給食が始まり、
学校給食の過渡期を迎えた頃だったのだと思う。

今やコンビニで売っているような包装のおにぎりが出たり、
カレーにはナンが組み合わされていたり、献立は実に多種多様化している。

それに、牛乳を飲めるまで居残りをさせられるなんて拷問のような指導も今はない。
(もちろん、私にはそんな苦い思い出はない。。。
 給食大好きな私はいつもおかわりをしていた方の部類の子どもだったから(^_^;))

***

今日、kikiは最後の学校給食を食べてくる。
これから先、学校給食というものは日常のものではなく、
kikiにとっても私同様、思い出の中だけのものになるわけだ。

どんな思いで食べるのだろう。
今日の献立は何だったかな。。。

kikiの9年間の義務教育期間がまもなく終わる。
その学校生活を支えてくれた給食。。。

長い休みになるたびに、お昼ご飯の支度の手間が増え
親の私にも給食のありがたみが感じられたものだった。

15年のkikiの人生のうちの9年の義務教育期間のお昼ごはん。。。
いったい何回食べたのだろう。。。
そう考えると、親に代わって調理をしていてくれた方々に
直接お会いすることはないけれど、今までありがとうございましたと
感謝したい気持ちでいっぱいになる。

春からは高校生。。。

mimiが幼稚園の時以来、6年ぶりにまたお弁当作りの日々が始まる。。。
幼稚園の時とは違うので、もちろんkikiにも手伝わせるつもりではあるけれど。

足のためにもと言い訳をして、冷凍食品のお世話になってばかりになるとは思うけど
これから先のkikiのお昼ご飯に栄養士さんはついていないのだし
栄養のことももう少し考えないといけないな。。。と、新たに買ったお弁当の本を眺めている。

12 : 43 : 15 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。