スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
一年検診。
2007 / 07 / 02 ( Mon )
私が人工股関節の手術を受けた大学病院は
市内のはずれの田園風景の中にそびえ立っている。
病院を囲む田んぼの中では、まだ台風の強い風にも夏の日照にも遭っていない若い稲が
まっすぐ空へ空へと向かって伸びている。

梅雨の湿った空気も曇った空も、一年前の今頃と何も変わっていないかのようだ。
私はこんなにも変わったというのに。。。

***

今日の予約時間が2時からだったか1時半からだったか、
予約票をなくしてしまい定かでなかったので
少し早めに家を出て、1時を回った頃病院に入った。
結局予約は2時からで、診察前にずいぶんと時間に余裕があった。
診察前にレントゲンを撮っておくのだが、いつもなら20分くらいで済むはずだから
この分ならレントゲンが済んだら、1時半から開くリハビリ室を覗きに行って
お世話になったPTのN先生を訪ねられると思っていたけど
予想外に待たされて撮影が終わりフィルムを受け取った時は2時15分前になってしまった。

午後のリハビリが始まってしまったので、N先生の受け持ちの患者さんにも失礼だし
訪ねるのを止めてそのまま診察室に向かった。
午後の診療は予約制なのだが、同じ時間の枠内では受付順に診察されるので
早く受付を済ませた私は2時台の1番最初、予約通りの2時には診察室に入れた。

まず、総合病院で5月に膝の手術を受けたことを話したが
総合病院の膝のM先生は、ここの大学病院の先生でもあるので
私がわかる範囲で説明し、「あとの詳しいことはM先生がご存知です(∩_∩)b」と
その話を締めくくった。

何がどのくらいできて何ができないかをチェックして得点で表し回復度をはかるのだが、
膝のおかげで今のところ歩ける時間も短かったりするので、
前回より数値は上がっていないが、
股関節のことだけを見たらずいぶん良くなっているということだ。

人工の骨と自分の骨の間には隙間がなくなり、
こうなればもうズレたりすることは考えられないとのことだ。
万が一の話をするなら、大腿骨と骨盤の間の球の部分がセラミックなので
強い衝撃があれば割れないことはない。
でも、そのセラミックの球が割れたという報告はないということだ。
それなら人工骨でなくてもいくらでも骨折するような可能性はあるわけで、
心配するようなことでもないようだ。

次回の診察は一年後の7月7日。七夕だ。
星いっぱいの天の川ならぬ、車いっぱいの国道○○号を渡って、
また来年、先生に会いに来ます!(笑)

***

診察後、病棟看護師Sさんを訪ねて6階へ上がった。
ナースステーションの窓の向こうには、私が編んだあみねこがちょこんと座っていた。
通りがかった看護師さんにSさんを呼んでもらうと、
Sさんはちょっと驚いてから元気に手を振りながら出てきてくれた。
当時は無造作にしばっていた髪を短くしたSさんは、
少し女性らしく大人っぽい落ち着きが出たように見えた。
あみねこは今も毎日のように誰かにいじられ、よくポーズを変えられていると聞き嬉しかった。

その後リハビリ室を覗きに行って、入り口近くのベッドのところで
患者さんに向かっているN先生の後姿を確認することはできたけど
忙しそうだったので声をかけずにそのまま帰ることにした。
リハビリ室のあみねこアオは見えなかったけど、包帯で吊った腕はどうしてるかな(笑)。
もしかして誰かにもらわれて行ったかな? いじられてくたびれてもういないかもなぁ。。。(^_^;)
まぁ、いずれにしてもアオが一瞬でも患者さんの笑顔を作ってあげられていたなら私は嬉しいけど。

***

一年の間に二度も手術を受けるなんて、ホントはすごく大変なことなんだろうな。
でも確かに痛いし歩けない時期は辛かったけど、
(年齢と共に少しずつ体も衰えはするけれど、)
手術後のカラダってのは、少しずつ勝手に治ろうとするものなんだと実感した。
頼まなくても傷の色は薄くなるし、筋力も生活するうちに努力はしなくてもある程度は戻ってくる。
カラダは生きよう治ろうという力を、心とは別のところに持っているものなんだ。
ヒトもまた自然の一部ってことなんだろうな。

杖無しで歩けるようになった私を見た人も、ここ3年の間の私を見ていなければ
きっと何事もなかったように見えるんだろう。
私が病院のまわりの田んぼが去年と同じに見えるように。

ホントは変わらないものなんてないのかもしれない。
何も変わらないように見えるものにこそ、たいへんな努力が隠れているのかもしれない。
スポンサーサイト
18 : 20 : 47 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
本日、診察日(術後142日)。
2006 / 12 / 01 ( Fri )
以前から膝の具合も良くなくて、
特に左の膝が曲がらないために、私は正座もできない。
膝の裏、ふくらはぎの上の方がつっぱる感じでずっと痛かったのに
右股関節の痛みに比べたら大したことはなかったので
あまり気にしないでいた。

でも手術後の筋力のない右足を助けるために、
更に左脚に負担がかかったと見え
右脚が楽になったと感じれば感じるほど、
今度は左の膝裏の痛みの方が辛く感じるようになってきたのだ。

ずっと曲げたままにしておくと伸ばすときが、
伸ばしっぱなしにしておくと曲げるときが、
こわばってしまって痛くて動かせない。。。

。。。で、昨日は木曜日だったので、総合病院で主治医に相談した。

レントゲンを撮ってみると、膝の上下の骨のヘリに変形がみられる!!
本来丸くなっているはずの骨のヘリに小さいささくれのような突起がある。
うっ。。。今度は変形性“膝”関節症か!?
でも、まだ膝の軟骨の厚さには問題はなく
その少し変形した骨が何か悪さをしているのかもしれないとのことだ。

ここはとりあえず膝の動きをよくするために、
ヒアルロン酸の注射で様子をみてみようということになった。
それで効果があればしばらく続け
効果が上がらないようならば。。。。(あまり考えたくないけど。。。)
関節鏡を使ってそのささくれ状の部分を削ろう、とのこと。
   ヾ( ̄o ̄;) ちょっと先生、そりゃ股関節に比べたら簡単な手術でしょうけど軽く言わないでぇ。。。

病院を出てから、少し先のショッピングモールに行ったのだが
注射がそんなに早く効果を見せるのか、
はたまた私が暗示にかかりやすいのか、いきなり膝の動きが軽く感じられて
ウィンドウショッピングをを1時間ほど楽しんできてしまった。
(じっとしてろ! ってか?(笑))

夕べはお風呂上りに、処方された湿布薬を貼って寝たら、
今朝は膝裏のつっぱり感が弱くなっていた。
これまでも何度も湿布を貼ってみたが効果を感じたことがなかったので
これはやっぱり注射の効果なんだろう。。。

また来週の木曜日に診察を受けに行き
その後も定期的に膝の注射を続けることになりそうだ。

こうなると、主治医の先生を追いかけて(?)総合病院で診察を受けるようにしてよかったと思える。
大学病院の先生も悪くはないが、なにせ予約無しでは行きにくい。

からだは全部つながっているのだから、一人の先生に診てもらっていれば、
その痛みに至る経緯も知ってもらっているわけで
やっぱり安心感がぜんぜん違う。

リハビリの先生にしてもそうだ。。。
大学病院では手術直後から3ヶ月間、
ずっと同じN先生に経過を見てもらっていたので不安はなかったけど
総合病院に移ってからは毎回違うPTさんで
それぞれやりかたが少し違うので、
行くたびに今日はどなたに当たるのかドキドキしてしまう。

筋力をつけさせようとするタイプの体格のがっちりしたPT、
(この方が一番大学病院のN先生とやり方が近い、かな。。。)
とにかく関節を柔軟にさせようとするのでちょっと痛いPT、
ソフトなタッチで気持ちよくて寝てしまいそうになるPT、
他のPTさんの中間をいくPT。。。。(笑)

リハビリが受けられるのもあと一週間。
まだまだ可動域が広がりそうな感じはするけど、
あとは自分でやらなくてはいけないかと思うと不安が無いとは言えない。
      股関節ブロガーさんイチオシの“銀サロ”にでも通ってみるかなぁ。。。
11 : 55 : 03 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
本日、診察日。(術後113日)
2006 / 11 / 03 ( Fri )
今朝から何だか脚が浮腫んだ感じがして気持ちが悪かった。
こんな時はプールに限る!
今月最初の木曜日なので、今日は総合病院へリハビリに行こうと思っていたし
またプール&リハビリ。。。なんてことをして一日中動いちゃうのも
どんなもんだろ。。なんて思ったのはほんの一瞬。(笑)

動き出したら止まらない悪いクセがまた出てしまい、
今日もとってもハードな一日を過ごしてしまった。

   ***

洗濯物干しなど軽く家事を済ませてからプールへ向かい、
1時間半、今日は股関節シスターズSさん
(同時期に入院していた一つ年下の右人工股関節の彼女)と
久しぶりに会い、おしゃべりがはずんだ。

   ***

プールの帰りに靴屋さんに寄った。
一昨年からずっと欲しかった念願のジョッキーブーツを買った。
いつも新聞の折込広告などで、お買い得をチェックしたりなんて
主婦らしいことはまったくしないこの私が、珍しく出かける前に靴屋さんの広告に目が止まり、
『あ、これちょっと実物を見てみたい!』なんて思ったんだよね(笑)。

ブーツ選びは難しい。。。
デザインが気に入っても履きづらくてはダメ。。。
かかとが低くてすべりにくそうで、履きやすく、ぬぎやすく、サイズも合わなきゃもちろんダメだし。。。

広告に載っていたものは、とても履きづらくてダメだった。。。
2番目に履いてみたものは脱ぎづらくてダメ。。。
3番目に履いてみたものに決定した!

   ***

その後、市役所に行って障害者手帳の等級変更の申請書をもらい一度帰宅。
家でkikiのついでに作っておいた自分の分のお弁当を食べてから
総合病院へ向かった。

今日は待っている人数が少ないわりに、待ち時間が長かったなぁ。。。
先生はたっぷり診察に時間をかける方なので、
今日はすいていると見たら、尚更時間を取っていたのかもしれないな。
待ったと言っても大学病院の待ち時間の比じゃないけどね(笑)。

さて。。。診察内容。
先生はカルテでリハビリの状況、筋力の回復度合い、歩き方、可動域の確認すると

「うん。順調順調 (∩_∩)!」 とニコニコ顔。

そこで先生に事後報告。。。
「先生、わたし、自転車乗っちゃいました!」

“無茶しちゃダメだよ”とか“まだ早いよ”とか言われちゃうかと思いきや。。。

「ん。いいよぉ~(∩_∩)。 問題な~い!」。。。_(・_.)/ ズルッ!

ちょっと拍子抜け(笑)。
こんなにあっさり言われたら、ひょっとしたら何してもいいんじゃないか、なんて思えちゃうよね。
さすがにスケートやスキーやヨガやボーリングはやりたいとは思わないけど。(笑)

   ***

次はリハビリ。夕方になってプールの疲れが出てきた筋力を
ほぐしてくれるようで気持ちよく受けられた。
市役所でもらってきた書類に先生に書き込んでもらうために
PTさんに可動域の測定をしてもらった。

痛みがなくなって可動域が広くなった術後の方が、手帳の等級が高いなんて
なんだか申し訳ないような、ちょっと変な気分になった(笑)。

病院を出た時はもうあたりはすっかり暗かった。
あ~、今日もリハビリの時以外、横にならなかったなぁ。。。
体力もずいぶんついてきたものだ。
02 : 26 : 40 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本日、診察日 (術後79日)
2006 / 09 / 28 ( Thu )
(だいぶ更新が遅れました。。。)

私の主治医の先生は、私の手術の執刀を最後に8月から市外の関連病院へ転勤になった。
でも木曜日に出向されている市内の総合病院へは、変わらずに勤務されるとのことなので、
私の術後の診察は、先生を追って(笑)もともとずっと通っていた総合病院の方で
受けることにした。

大学病院を退院する際、術後の治療報告などが書かれた紹介状をもらっていたので持参した。
(先生が変わらないのに病院が変わると、一応そういうものが必要になるらしい…)

約4ヶ月ぶりの総合病院は、廊下が待合室を兼ねているので
待っている人の数は大学病院よりずっと少ないはずなのに、ちょっと騒々しい。
でも、約2ヶ月ぶりに先生とお会いできることもあり、
なんとなく『帰って来た』という懐かしい感じがした。

診察前にレントゲンの撮影。

診察室に入ると、先生はにこにこ顔で迎えてくれた。
先生の笑顔はまるで、楽しみにしていた誕生日プレゼントの箱を開けようとしている
少年のような笑顔だった(笑)。

「どう、調子は?」

私はその場で足踏みをして見せて

「お陰様でこの通り、絶好調です!」
「お~。。。(^_^)いいねぇ。」 

レントゲンで状態をチェック、脚の可動域と、歩き方を診てもらい
リハビリの進行状況を聞かれた。

頑張れば跛行も抑えられるので、杖を指して「それ、要るの?」なんて言われたが、
意識をしないとまだ体が左右に揺れてしまうので、
揺れてしまううちは杖を使ったほうが良いとのこと。
ボチボチ、杖無しで歩ける距離を伸ばし、無理せずにはずして行こうということだ。

そして。。。
「回復のためのリハビリはしっかりできてるね。
 それじゃ、これからは新しい関節を有効に使うためのリハビリをこちらでしていきましょう。
 今までは関節が固まっていて可動域も狭かったから、
 このままだと周りの筋肉等が前と同じ範囲でしか使われないまま癖になるから
 どんどんほぐしてもっと動けるようになるためのリハビリをしましょう。
 大学病院のリハビリの先生に、こちらのリハビリ科への紹介状を書いてもらって
 来月(10月)からこちらに来てください。
 週2回ぐらい、来られるといいんだけどね。。。」


その後、先生が転勤された後の病室での話題や、
9月4日の大学病院での検診の時の話、
先生の大学病院の患者さんを引き継いで頑張っているK先生の話、
同時期に入院していた股関節シスターズのその後の話、
相変わらず大学病院では先生が戻ってくるという噂話があるということ、
それから、先生の転勤先の病院の話。。。など少し雑談をしたが
先生は終始にこやかで懐かしそうな笑顔だった。。。

そりゃそうだよね。。。。先生も大変だ。。。
ご自分が手術をした患者さんをみんな大学病院に置いてきたんだからご心配もあるでしょうし
新しい勤務先ではすべての患者さんが先生にとっては新患になるわけだから。
私のように先生に付いて病院を移るなんてのは稀な例でしょうからね。

※注 最近こちらを読み始めたかたへ。
 私は近所のクリニックの紹介で大学病院を受診しましたが
  大学病院があまりにも混雑しているので、
  大学病院での主治医の先生が木曜日だけ勤務されている総合病院の方で
  手術2ヶ月前まで診察を受けていました。
  (私の家からは大学病院でも総合病院でもかかる通院時間に差は無いので。)
  けれど、手術は設備の整った大学病院の方でしよう、と、5月から大学病院に通い7月に入院。
  そして手術後はまた総合病院に戻った、ということです。




大学病院でのリハビリは予約制で、術後まったく動かせない状態から杖無しで歩けるまでを
ずっと同じ理学療法士(PT)のN先生にみていただいていたけれど、
総合病院での通院リハビリは、予約なしに都合がよい時に行ける代わりに毎回先生が違うので
ちょっと不安だけど、まぁPTさんの数も少ないし、これだけ歩けるわけだし
10回も行けばきっと全PTさんにあたって慣れるでしょう。

12日(木)に総合病院でのリハビリを始めようと思っている。
リハビリを受けるには月初めに医師の診察が必要とのことなので、
スタートは木曜日に行かなくてはいけない。

まだまだ私のリハビリ通院生活は続く!
合間にプールにも行って、きれいに歩けるようになるまで頑張るぞ!!
20 : 52 : 17 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本日、診察日。=退院後初回=(リハビリ付き)
2006 / 09 / 04 ( Mon )
      (久しぶりの更新でございます。。。m(__)m)

今日は退院後初めての診察日だった。
診察の前に、まず入院中お世話になった病棟に行ってきた。

入院中、私が編んだ“あみねこ”を一匹、“
退院の時にナースステーションに置いて行くね”と言ったのに
それを担当看護師さんに個人的に差し上げてしまったので
“もう一匹編んで検診の時に持ってくるからね”と数名の看護師さんたちとの約束をしてたから。

でも、今日は“あみねこ”を待っていてくれてたSさんも、Tさんも
担当看護師のSさんもいなかったので、
新人看護師Kさんをつかまえて“みなさんにヨロシク。可愛がってね”と渡してきた。
お世話になった看護師さんたちとの感動的な再会を想像して病棟に向かったのに
ちょっと反応がうすくて残念。。。(´∩`。)

ナースステーションはなんとなく慌しくて、退院してしまった患者に関わっているほど
暇そうでもなかったので、早々に病棟を引き上げた。

ちょっとテンション下がったけど。。。
お次はリハビリ。

久しぶりの午後のリハビリ室は、なんだかいつもより人が多かったような気がする。
こちらは順調順調。
今日も座ったままできるステップ運動を、400回やりましょうと言われて500回やってしまった。
 (PTのN先生はきっと初めから500やらせる気だったに違いない(笑)。)
お陰様で、本日も既に筋肉痛!
いや、それよりも、仰向けに寝て膝を立てて、先生に左右から押さえられた両膝を
開こうとする運動が効いてるのかも。
両腿の外側が痛い!

リハビリ終了後に診察室前へ。

いやぁ、今日は楽しかったぁ~。
入院中同室だった方々にお会いできて、まるで同窓会。
股関節シスターHさん、肩を痛めてたTさん、膝関節を人工にしたTさん、
それにプールでご一緒しているIさんもいらしてた。
(あ、そうそうリハビリ室ではまだ入院されているKさんにもお会いした。)

で、診察。

レントゲンで骨の状況を確認、可動域チェック。。。特に問題はナシ。

自分の骨にはめ込まれた新しい関節の写真を、初めてまじまじと見た。
手術を受けた記憶もあるし、傷も残っているし、確かにそれは私の画像なはずなんだけど
本当にあんな大きなパーツが私の中にあるなんて、未だ信じられない。。。

ギシギシ軋む錆びたドアの蝶番を新しい物に取り替えた時のよう、と言ったら
わかってもらえるかな?
それくらい、股関節の動きが軽くなって、そこに異物があるようにはとても思えないんだ。

違和感があるのは、その周りの筋肉と残った傷と、外向きになった足先。
人工関節が完全に私のものと思えるようになるのも
そう先のことでもなさそうだ。
22 : 08 : 08 | 本日、診察日 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。